VERY February 2023

VERY

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

「髪をボブにしてよかった」甘服好きママの“垢抜けオシャレ”のコツ

甘いデザインや可愛らしいアイテムが大好物! でも若作りやトゥーマッチになるのは避けたい……そんな甘派ママたちの中で、巻き髪ロングヘアから、ショートボブへとスイッチする人が増えています。お気に入りのフリルやリボンブラウスが存分に楽しめるようになったというママに話を聞きました♡

桶谷綾乃さん(32歳・長女10カ月)

「昨年娘を出産したあとから抜け毛に悩むようになり、思い切って肩上のショートボブにチャレンジ。髪全体に自然なボリュームが生まれただけでなく、ケアやスタイリングの時間がグッと短縮され、せわしなかった日々に余裕を持てたのもうれしかったです。もともと顔立ちが甘めなぶん、コンサバファッションで大人らしさを意識していましたが、顔周りがすっきりしたことで大好きな甘めコーデを気負わず着られるようになりました」

安心感のある
ミディアムヘア一択でした

20代は鎖骨下あたりのミディアムヘアがほとんど。髪を巻くと甘印象になるため、シンプルなカットソーやブラウスが頼りに。

髪を巻かないぶん
ツヤ感でオシャレに

自然なツヤを出すために「ReFa」のフィンガーアイロンを毛先にかけて滑らせます。ミニサイズかつ充電式で、出先でも簡単に使えるのが魅力です。

ふんわりヘアに
導いてくれる精鋭たち

シャンコンは95%以上が美容成分の「E STANDARD」。スタイリング剤はキープ力よりニュアンシーに仕上がるかどうかを重視して選んでいます。

撮影/木村 敦(人物)、相澤琢磨(静物) 取材・文/岸本真由子 編集/翁長瑠璃子
*VERY2022年10月号「甘盛りママこそショートボブ」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

February 2023

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)