VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【ドライヤーにこだわる人ほど美髪現象】関西ママが注目してる“機能派”3選

ドライヤーは、ただ乾かすだけにあらず! 今回、美髪の秘訣を関西読者に聞いてみると、一番多かったのが「ドライヤーを良いものに更新する」という回答。仕上げの冷風ドライもツヤ髪には欠かせないルーティン。愛用品は必見です!

景山晶子さん(37歳・12歳の女の子と11歳の男の子ママ)
切りっぱなしのボブにしてから、それまで以上に髪のツヤ重視に。ドライヤーは1年に1回買い替えるほどこだわっています。ナノケアは自動で温冷風の切り替えができるのがポイント。

【Panasonic】

地肌や肌にもうるおいを与えるモードが。ツヤ髪に欠かせない仕上げの冷風モードも自動で切り替え。
ヘアドライヤー ナノケア¥36,000※編集部調べ(パナソニック)

【ReFa】

「乾かしたい場所によってモードの切り替えができ、しっとり柔らかな髪に」(谷さん)。
ビューテック ドライヤープロ¥39,600(ReFa/MTG)

谷 璃梨子さん
(38歳・8歳の男の子と4歳の女の子ママ)

【TWINBIRD】

「低温・低風量の風ですがその分髪がツヤツヤに! ボブなら続けられます」(前田さん)。
ケアドライヤー¥19,800公式WEBサイト価格(ツインバード工業)

前田広美さん
(35歳・8歳の男の子と1歳の女の子ママ)

青野未来さん
(33歳・6歳の男の子と2歳の女の子ママ)

撮影/久保嘉範(人物)、前 千菜美(静物) 取材・文/田中幸恵 編集/引田沙羅
*VERY2022年5月号「【VERY Beauty】関西読者が美髪のためにやっていること全部」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE