VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【表紙のメイクなに使ってる?】5月号のコスメ&ネイルを紹介!


撮影/生田昌士<hannah>

4月7日発売のVERY5月号の大特集は「ブラウスはきれいめの日、ワンピはカジュアルの日」。白のレースブラウス×デニムパンツのカジュアルなコーデに、まぶしい笑顔のみっこちゃんが目印です!今月号の素敵な表紙メイクを担当してくれた佐々木貞江さんに、使用したネイル&コスメアイテムとメークのポイントを聞いてきました!

 

#表紙ネイルはTHREE!

深みのあるスモーキーアクアで指先はクールに

春の軽やかなカジュアルスタイルに佐々木さんが合わせてくれたネイルは、“THREE ネイルポリッシュ 112 ROOT CONNECTION”。この深みのあるブルーは、 透明感とニュアンスを纏わせてくれるので、どんな肌色の人にもなじみやすく、ブルーが苦手な人にもおすすめ。シンプルスタイルの中に、ネイルとブルーのデニムをリンクさせることで統一感もでて、洗練された印象に。

THREEの絶妙カラーは、重ねるほどに表情が変わるのが魅力。シーンやファッションに合わせてカラーを重ねることでカラーの深みが増し、印象の異なる指先に。乾きやすく、塗りやすい上に、爪に優しい処方で、時間のない子育て中のママも嬉しいネイルです。

【使用カラー】
THREE ネイルポリッシュ
112 ROOT CONNECTCION ¥1,980(THREE)

 

#表紙メイクの主役はシャネル×THREE!

軽やかなみずみずしい肌×ほのかなカラーで春を感じるメイク

真っ白のレースのブラウスがメインのカジュアルなコーディネートの今回は、春の軽やかさとみずみずしいフレッシュさがテーマです。華やかなつや感とみずみずしいファンデーションと、透明感をプラスしてくれるプレストパウダーで仕上げた肌が主役。目元とリップは、くすんだオレンジではなく、パッと発色のいいオレンジが旬!白×デニムのシンプルなスタイルに、オレンジが華やかさをプラスしてくれます。甘くなりがちなレースブラウスも、オレンジを選ぶことで甘くならずヘルシーな印象に。眉毛は、きっちり描きすぎずにエフォートレスな抜け感のある仕上がりがポイントです。

写真左から時計回り

美容液のような軽やかなテクスチャーが肌に輝くつやを纏わせ、長時間続く、新感覚のファンデーション。軽いつけ心地で、気になる部分をカバーしつつも、素肌のようなシアーな仕上がりに。スキンケア効果もあり、使えば使うほど肌がつやめきます。

サブリマージュ レサンス ドゥ タン<セラム ファンデーション>
[全6色、40ml]¥19,250(シャネル)

クリームとパウダーの異なる2つの質感が一つになったアイパレット。きらめくオレンジのパウダーシャドウをアイホール全体に、きわに濃いブラウンで目元を優しく引き締めます。パウダーシャドウは、繊細なパールで透明感のある印象的な目元に。

RMK ザ ベージュライブラリー アイシャドウデュオ
01 スプリングスパークル¥4,400(RMK)

4つのペールカラーとパールが、肌に春らしいつや、血色、透明感を纏わせます。気になる毛穴を整え、汗や皮脂から長時間肌を守り、一塗りで、ふわっとした柔らかな質感の肌に導いてくれるので、これからの季節に◎。肌状態に合わせてペールカラーを使い分けることもできる優秀プレストパウダー。

THREE ニューセンセーションズ PPP
[限定品、13g]¥6,050(THREE)

フェザーのように軽やかで、なめらかなつけ心地のクリーミーなマットリップ。発色も抜群で、ぼかしても、重ねても自由自在に使え、マットの質感が長時間続きます。

NARS エアーマット リップカラー
00045¥3,850(NARS JAPAN)

 

撮影/出牛久美子 取材・文/髙丘美沙紀

この記事もおすすめ

FEATURE