PROMOTION

トレンドは取り入れるけど、あれこれ着飾るのではなく清潔感を第一にするのが母としてのオシャレのルール。
「シンプルなのに、なんだか素敵♡」と輝いているみんなの清潔感オシャレの秘訣を教えてもらいました。


  • 全体のバランスの良さはもちろん、上品にまとめるのがこだわり。洋服はシンプル、アクセはパールや小粒のものでバックやパンプスで華やかさを出すように。そうするとトレンドの肌見せトップスも嫌みなく着られるんです。


  • 顔を明るく見せてくれて、清潔感を感じる白をベースに明るい色を多く取り入れるコーデが定番。パンツコーデでもクールにならず爽やかな印象になるのがポイント。初めての公園でも、他のママが話しかけやすい雰囲気になれます。


  • 仕事柄トレンド感のあるスタイルは欠かせませんが、いろんな年代の方と会うので"きちんと見え"と"清潔感"は大事。品よく見える旬のドットワンピを主役にするなら、ほかはシンプルにするとバランスよく好感が持てるスタイルに


  • 母になってからは自分が着たいだけではなく、第三者目線も考えてコーデしています。ディテールワンピ、生活感が出ない革のスニーカー、かっちりバッグ……、急にママ用事ができても対応できる爽やかファッションが鉄板なんです。

表面的なものじゃなくて、佇まいからも浮き出てくるのが清潔感。理想を体現しているおふたりに魅力のヒントを教えてもらいました。

去年次女を出産してから、またひとつマインドが変わったように思います。年齢を重ねて経験も増えると貫禄や自信がついていくけれど、人の話をきちんと聞けたり、ちゃんと感動できる素直さや柔軟性は失いたくないなって。あと、透明感がある人ってフレッシュだし、魅力的ですよね。そこにいるだけで美しい、くしゃくしゃに笑った顔も魅力的……みたいな。まだまだ発展途上ですが、内側も外側もクリアな人でいたいって思っています。





トップス¥24,000、スカート¥30,000(ともにブルーバード ブルバード)、ブレスレット¥100,000、リング¥126,000(ともにメイ ビジュードエム/Bjyou de M Aoyama)、ピアスは 本人私物、スニーカーはスタイリスト私物

出産後、しばらくは子育てに専念させていただいたので、メンテナンスもいろいろできました。家の中にいるとそこまでオシャレにはしないけれど、夫や家族にとって綺麗な妻、母でいたいから、パーツや素肌にも気を遣うように。出産後こそ体を整えるチャンスだと思って、姿勢やフェイシャルトレーニングを始めたり、ネイルはジェルやポリッシュを塗らずに素の爪を整えてツヤをキープしたり、歯のホワイトニングをしたり。ナチュラルが手抜きに見えないようにするために、ケアをしている感じです。ほかにも夫がニオイに敏感なので、肌や髪などのニオイケアも意識しています。私、とっても汗っかきなので先手が大事だな、と(笑)。

大好きなものを長く大切に使いたいっていう考えはずっと変わりません。愛用している白スニーカーは、汚れたらすぐケアするのが習慣。白いものは白いままで使いたいんですよね。汚れたものをクリーンにするっていう行為自体も浄化作用があって、心までスッキリする気がします。女の子の母になった今だからこそ、娘の目標になれる自分でいたいという気持ちが、ケアを頑張れる原動力になっている気がしています。

左上)大好きな白で小物を統一。ヴァレクストラのバッグやお財布をはじめ、iPhoneケースも白に更新。
右上)内側ケアのために話題の〝陳さんのプーアル茶〞やマリエン薬局のお茶を愛飲しています。
左下)お正月に揃えたのがSHAQUDAのメークブラシ。美容熱も再加熱中です。
右下)ネイルズインクのネイルオイルは見た目も素敵だし、爪がどんどん元気に!

FEATURE

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE