VERY May 2021
VERY NAVY

VERY

May 2021

2021年4月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

クリニックで「シミ取り」やってみた 3カ月間経過報告日記

12月号で反響が大きかった「マスクの下はシミ取り中」企画。続編第1弾のweb記事では、イークリニック麻布での3回目の治療内容とbefore→afterをお伝えしました。今回の第2弾では、「どうやってシミが取れたかもじっくり見たい!」との声にお応えし、全3回の治療経過をすべてお見せします!

 

3カ月続けた結論「もっと早くやっておけばよかった!」

<今回挑戦したのは>

新宮梨花さん

33歳。12歳・1歳の女の子、4歳の男の子のママ。不動産会社勤務。外回りのため、日中紫外線を浴びることも多いうえ、週末は子どもと公園などでアクティブにすごすことが多い。

「子どもが3人もいると、時間に追われてしまって、どうしても自分のことは後回しになっていたんです。30代になって気になりはじめたのがシミだったのですが、自分ではどうしていいのか正直わからなくって…。自力でやるスキンケアだと効果を感じるまでに時間がかかるうえに、情報が多すぎて何が本当にいいのか見当もつかないほど。だからといってクリニックに行くのは、自分にとってはハードルが高いなあ、と感じていたんです。写真を撮るときはアプリで隠したりして、見て見ぬふり(笑)。でも、今回3回の治療を通して、シミが激減した上に肌色も明るくなったおかげで、メーク時間がグッと短くなり、アプリの力も不要に! なんだか気持ちも前向きになれた気がします」

 

老人性色素斑と雀卵斑、肝斑。3つのシミへのアプローチ

BEFORE
1回目のAFTER
1回目の施術後に処方された自宅用スキンケア

1回目は老人性色素斑と雀卵斑を撃退すべく、全顔をルメッカ(¥35,000)で照射。肝斑は内服薬のトラネキサム酸と自宅でのスキンケアでコントロールしていきます。スキンケアは、ZO SKIN HEALTHデイリーPD、同ミラミン、メラニンの生成抑制と排出を促してくれるビタミンC・E配合のAPP+Eリッチローションを処方してもらいました。これを朝晩使用します。痛みに弱い新宮さんですが、出産の痛みに比べれば我慢できる痛みだったそう。施術後は少しヒリヒリを感じました。

 

マスクがあれば怖くない!かさぶたもスッキリ隠せます

施術翌日
施術3日目
施術8日目
施術10日目
施術12日目
施術14日目

[翌日]メークをしてもはっきり分かるくらいのかさぶた。でも今はマスクをするのが当たり前なので、これでほぼ隠せて、日常生活には困りません。楽しみに思いつつも、本当にキレイになるのか少し不安でした。[3日後]かさぶたになった以外は、かゆみもなくいつもの肌状態。できるだけ刺激を与えないように、おうちでのスキンケアも刺激を与えず、あと紫外線対策も頑張りました![8日後]かさぶたが少しずつ剥がれ、新しい肌が見えてきた!自分の肌じゃないみたいな無垢な肌で驚き。1歳の娘にも負けないくらいなんじゃないか、なんて自画自賛。かさぶたがなくなるのがもううれしくて。[10日後]かさぶたとの付き合いもあと少し。[12日後]顔まわりに少しかさぶたが残っているけど、すっかりキレイになってきました。[15日後]脱皮完了。こんなにツルツルな肌だと鏡を見るのも楽しみに!

 

2回目は目立ったダウンタイムなしで、肌色も明るくなった

2回目施術3日目
2回目施術5日目
2回目施術7日目
2回目施術9日目
2回目施術15日目

1回目の施術から約1カ月後に2度目の施術を。シミの治療は1カ月に一度くらいのペースで3~5回の治療が一般的だとか。思っていたより時間がかかるんですね。今回は全顔ではなく、必要な場所に必要な治療を行うお得な「FACEMAKING」というパッケージメニューで治療をしてもらいました。頬と鼻には前回同様のルメッカ、額と目の下、肝斑にはピコトーニングを照射。これで今回は¥37,000なり。肝斑は落ち着いているので、内服薬はお休みし、ZO SKIN HEALTHデイリーPD、同ミラミンでホームケアを続けます。[施術直後]ルメッカとピコトーニング、痛みの種類が違ってびっくり。ピコトーニングはチクチクと刺されているような痛み。ほんのり反応したかな?という程度で、かさぶたにはならずひと安心。[3日後]施術部分が少し濃くなったかな?という程度。[5日後]色むらが目立たなくなってきた![7日後]全体的にトーンアップ。[9日後]もうひと息。[15日後]ファンデーションがいらなくなった!楽ちん♪

 

3回目で色むらが整いさらにトーンアップ!肌ツヤも出てツルピカに

 

3回目施術直後
3回目施術翌日
3回目施術5日目
3回目施術8日目
AFTER

集大成の3回目はミルクピールとジェネシスレーザーの2種類で、肌全体の色調を揃えていきます(ミルクピール¥14,000、ジェネシスレーザー¥20,000)。レーザーの前にミルクピールを行うと、レーザーの透過性をアップさせてくれるのだとか。 自宅でのスキンケアはZO SKIN HEALTHデイリーPD、同ミラミンでは継続することに。[施術直後]前回、前々回に比べると痛みも少なく、施術中も看護師さんと談笑できるくらいリラックスできました。施術直後は、湯あがりのようにポカポカ。[翌日]赤みも引き、目立ったダウンタイムはありませんでした。[5日後]無色の日焼け止めだけでも外に出かけられるくらい。[8日後]すっぴんでも肌ツヤがあるなんて♪[13日後]おでこの色むらが改善されツルピカ。ワントーン明るくなった憧れの肌に!

 

シミ取りこそアウトソーシングすべき!信頼できるプロの力を借りて

 

自力でシミケアをいくら頑張ろうとしても、そもそも自分のシミがどういう種類もので、どんなスキンケアが合っているのかを判断して、試行錯誤しながら、効果を感じるところまで辿りつくまでには、知識も時間も労力も必要です。知らず知らずのうちに、間違ったケアをしてしまっていた!なんてこともあるんです。だからこそ、子育て、仕事、家事と忙しいママたちには、プロの力で効率的なケアがおすすめ。マスクをがデフォルトの今だからこそ、思い切って挑戦する価値ありです!

 

AFTER
BEFORE

クリニックでの治療と並行して自宅でのスキンケアもしっかり頑張ることで、明らかにシミも減り、全体の肌の色むらも整いました。ファンデーションも加工アプリも必要のない肌になったおかげで、メークの時短が叶ったのはもちろん、自分に対してもポジティブな気持ちに変われたような気がします。

3カ月シミ取りトライアルで学んだこと

・シミと言っても種類は多く、それぞれ治療方法も違う

・クリニックでのシミ治療は、1カ月ごとに計3〜6回が目安

・クリニックでの施術だけでなく、自宅でのスキンケアもマスト

撮影/中田陽子<MAETTICO>(クリニック分) 取材・文/高丘美沙紀 編集/井上智明

 

こちらもチェック

「マスクの下はシミ取り中」クリニック3カ月連続施術でシミ激減!

マスクの下のシミ取り最新事情! おススメサロンから期間、費用まで

この記事もおすすめ

FEATURE