VERY STORE
VERY September 2020

VERY

September 2020

2020年8月6日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

子どもと楽しくホットプレートごはん~ぐっち夫婦の「悩みごとなんて、料理で解決できる!」②

インスタフォロワー数が40万人を超える仲良し夫婦のお料理ユニット @gucci_fuufu が、VERY読者の日々の料理のお悩みを”ゆるっと”解決してくれる大好評連載、 第2回は子どもの相手をしてると、なかなか食事の準備が進まない悩めるママからです。

食欲をそそるメニューとゆるい空気感で見てると幸せな気分になってくる料理動画が話題の料理家夫婦。ご飯がススム一品料理が得意なTatsuyaさんと、栄養士でもありサラダや副菜の引き出しが多いSHINOさん。インスタフォロワー数は40万人を突破。週末のお昼はインスタライブを開催することも多いのでぜひチェックしてみて!

 

VERY読者から日々聞こえてくる、お料理の悩みごと。献立のこと、子どもの好き嫌いのこと、時間がないこと、見栄えがいまいちなこと…食卓は家族の象徴です。家にいる時間がすっかり増えた、今は特に「食べること」について今までよりきちんと向き合うことが増えたように思います。そして、ママにとっては「1日3食×家族の人数」を無限ループで作り続けることにいい加減疲れてきたころ。そんなときにきっと役立つ記事を毎回”ゆるっと”お届けしていきます。

<今月のお悩み>

ごはん作っているときも

「ママ~」とまとわりついてきて準備が進まない!

いっそ子供も巻き込んで作れるメニューは?

 

 

それでなくてもバタバタしてしまうごはんどき。幼児期の“お手伝い欲”は、無駄にはしたくないけれど、一緒にキッチンに立つとハプニング続きで料理が進まない…「私もやりたい!!」「僕がやりたかったのに!!」とケンカまで勃発します。余計に時間も手間もかかって私はイライラ…子どもと一緒に楽しく作れる子どもの大好きなメニューってないですか?欲を言えば、子どもの嫌いな野菜も食べられるようになったりするとうれしいです!(34歳・5歳女の子・3歳男の子ママ)

<今回のゆるっとアンサー>

ホットプレートを囲んで
家族みんなでわいわい作れるものを!

 

 

TATSUYA:あっ!これいいアイデアあるよ。
子どもも楽しめる料理といえば、ホットプレート!アレしかないよ!

SHINO:ホットプレートはいいね!子どもも好きなごはんってなんだろう?
カレー?ミートソーススパゲッティ?

TATSUYA:たこ焼きをやってもいいし、焼肉をやってもいいし。
ホットプレートで作るオムライスにしてみてもいいんじゃない?
ケチャップライスを混ぜるのも楽しいと思うし、
卵を加熱して固まる様子もきっとワクワクすると思う!

SHINO:いいね、それにしよう!一緒に作るときには、
お子さんのヤケドに気をつけてくださいね♡

<今回の解決!レシピ>
お野菜もたっぷり!
ごはんの山に卵の川が流れる
ホットプレートオムライス

【材料(4人分)】
あたたかいごはん…600g
豚ひき肉…150g
玉ねぎ…1/4個
にんじん…1/3本
ピーマン…1個
パセリ…少量
卵…2個
牛乳…大さじ2
サラダ油…小さじ1
塩・こしょう…各少々

<A>ケチャップ…大さじ4
<A>しょうゆ…小さじ1
<A>酒…小さじ1
<A>砂糖…小さじ1/2

【下準備】
・玉ねぎは粗みじん切りに、にんじん、ピーマンは3mm角のみじん切りにする。
・ボウルなどに卵を割り溶き、牛乳を合わせる。

【作り方】

①ホットプレートに油を入れて加熱し、豚ひき肉を炒め、塩・こしょうをふる。

②玉ねぎ、にんじん、ピーマンを入れて炒め、しんなりしてきたら<A>を加えて炒め合わせる。

③全体に味がなじんだら、ごはんを合わせて炒めほぐす。

④ごはんを人数分の山に分ける。

⑤ごはんの間に卵液を流し入れ、ふたをする。

⑥卵が半熟状態になったら、お好みでケチャップ(分量外)、パセリをふりかける。

【POINT】
オムライスを4か所に分けて、間に溶いた卵を流し込みます。見た目も楽しい料理になりますよ〜! ひき肉で作るから、お肉は切る手間なし! ホットプレート1つで仕上がるので、お子さんも楽しくお手伝いできます。それぞれに分けてあげると、自分の分として責任を持って食べるようになるかも?トッピングはお好みで、ブロッコリーなどを添えても◎。

<ライター・ワタナベが作ってみた!>

ケチャップは子どもの好きなイラストで♡
ケチャップは子どもの好きなイラストで♡

自分で作った満足感で張り切って完食!

この企画を担当しているライター・ワタナベは5歳女の子・3歳男の子ママ+食にこだわりを持つ夫と湘南住まい、4人暮らし。「実際に子どもと作りました! 卵担当(弟)と混ぜ混ぜ担当(姉)がやる気満々でお手伝いしてくれました!豚ひき肉のゴロゴロ感がピーマンやにんじんの野菜感を隠してくれて、野菜嫌いの息子も気付かず完食。オムライスってフライパン2つ使わなきゃいけなくて洗い物が大変なイメージもあったけど、ホットプレートひとつでできるし、ひき肉だから、野菜を切るだけで済むので、準備も後片付けも簡単!なんだか得した気分でした♪」

撮影/ぐっち夫婦 取材・文/渡邊里衛 編集/井上智明

FEATURE

この記事もおすすめ