VERYモデル クリス-ウェブ 佳子さん「この10年で私が超えてきたコト」

2019.12.03

VERYでモデルデビューして10年、プライベートでは春に離婚を発表し、公私共に大きな節目の年となった佳子さん。2019年10月3日で40歳を迎え、振り返って想うこと、これからのこと。余すところなく本音を語ってくれました。30代を駆け抜けた“考える女”が、いろいろな経験を経て辿り得た言葉をお届けします。

2019/11/c16c3ee516e00a88910182ee7abd09df.jpg
ドレス¥89,000(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)ジャケット¥84,000(カオス/カオス 表参道)バッグ¥310,000※予定価格(バーバリー/バーバリー・ジャパン)時計¥560,000(ジャガー・ルクルト)パンプス¥76,000(ジミー チュウ)

母になって15年、いま思うこと

 いま、まさに思うのが「子どもたちとあと何年一緒に暮らせるんだろう?」ということです。長女が14歳で次女が13歳のこの夏は、海水浴やサマソニ、お泊まり会など、本人たちのしたいことに加えて、塾や部活などで予定はいっぱい。子育ての時間って短い…!実感しました。長女は中2のときに、「反抗期は終わったけれど、思春期はまだ続くのでこれからもよろしくね」と自ら言い出すほど成熟していて、私にとって一番の良き理解者です。頑固でしつこい私のことを、〝この人は答えが出るまで会話をやめない〞と熟知してくれているので(笑)、とことんつきあってくれるんです。最近、銀座の焼き鳥屋さんに2人で行った時も、お店の人が話し込む私たちのことを完全に女友だちだと思っていたくらい。次女の場合は中2で反抗期と思春期が同時に訪れ、いつ明けるのかと思っていた矢先に、我が家によく来る友だちから「そろそろ反抗期、抜けるんじゃない?」と指摘されました。同じ世代で客観視できる友人が身近にいるのはありがたいことです。

 

仕事とコンプレックス

 根っからの仕事好きですが、好きが高じるあまり、ときどきリミッターが外れてしまい、仕事9:家庭1みたいになる日があって。すると、どうしても家族に対して〝ごめんね〞が多くなる…。「仕事に行ってくるね、ごめんね」「いまから帰るね、ごめんね」という具合に。そんな折、娘が「仕事してるママ、かっこいいよ。謝ることないじゃん、悪いことしてないんだから」と言ってくれたんです。その日から〝ごめんね〞を撤廃(笑)。“ごめんね”が言い癖のママには「胸を張って大丈夫」と伝えたいです。仕事も、遊びに対しても、“ごめんね”は無用だよって。

 モデルとしてはコンプレックスだらけでした! 身長も低い、脚も細くない、ついでに胸も大きくないの三拍子。でも素敵なことに、いろいろなお母さんに扉を開くように、いろいろなモデルを招き育むのがVERYで、本誌での仕事を通じて自分の容姿に対して前向きになりました。コンプレックスは裏を返せば個性であることが多く、実は隠すことで自分を苦しめていたりもするので、容姿にまつわるコンプレックスは要相談。いつでも、本当に相談お待ちしています!

 10年間この仕事を続けて分かったのは、“好きこそものの上手なれ”は本当だということ。例えばSNS。ママモデルとして毎日のお弁当やコーディネートを発信するという方法もありましたが、私には真似できなかった。そこで自分の興味に忠実ながらも、一部の人だけでも良いので役に立つ経済ニュースや最新のファッション情報、旅や音楽など幅広いジャンルで情報発信することにしました。時間をかけて調べ、リンクを貼ったりしていたブログはやがて誌面連載に繫がり、一冊の本に。その後ラジオのレギュラー番組にも繫がったりと、夢にも思わなかったことが実現していきました。誰でも自由に発信できる時代だからこそ、自分が好きで一生懸命になれることを発信し続けるって最強ですよね。

 

離婚のこと

 

 この春15年間の結婚生活に終止符を打ちました。正直、いまはとても穏やかな気持ちです。離婚を考え始めたのは3年前、子どもたちが10歳と9歳で、ちょうど人を好きになることに目覚める多感な時期でした。また、VERYでモデルを続けるにあたって、〝妻〞という基盤がなくなるのはどうなんだろう?、仕事面での契約は…?などなど、考えることは山積みでした。

 去年の1月から別居を始めて、12月号のコラムで公にするまで辛かったのは、幸せな夫婦を演じていたこと。家庭の内情を表に出せないままコラムを書き続けることで、だんだん自分が噓つきのような気分になっていきました。2017年は月に一度の旅の仕事があったので、一定期間現実問題から離れることで、どうにかリセット、どうにか心のバランスを保っていました。

 結婚は二人のことですが、離婚は関係者が増えていて、すぐにできることではありません。家族みんなの確認を取りながらどうやって幸せに離婚するか、相手の幸せを、みんなの幸せを確保することを最優先に考えました。

 別居中にラジオの仕事が始まり、毎週木・金、早朝から仕事へ出かける日は夫がパンを買って娘たちと一緒に朝を過ごすという生活。これを1年と9カ月続けました。現在は土曜日を一緒に過ごしています。この夏、娘たちは元夫、そしてその新しいパートナーとそれぞれの両親を伴い、イタリア旅行を堪能しました。分裂したけれども、幸せの範囲は拡大したように感じます。それに、彼の面倒を看てくれる人がいて良かったなと。でも、こんなふうに相手の幸せを祝福できるようになったのは最近のこと。以前は相手の不幸を願う自分がイヤで仕方なかったです。考えていることがネガティブだと顔に出ますね。きっと前の私は、すごく険しい顔をしていたと思います。

 平成のうちに離婚を、と決意していました。シミュレーションというか、事前に区役所に行くと、4月30日は離婚で窓口混み合いますよ、と役所の方に教わったので(笑)、その日、12日に届けを提出しました。

 いまはすごく平和な気持ちですが、離婚を考え始めている人にはオススメしません。悩んでいるうちは、まだ夫婦間で解決に向けて努力する余裕があるかもしれないので。長年夫婦を続けられている人、私の両親も含めてですが、当たり前にすごいな、素敵だなって思います。

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉 ヘア・メーク/川村友子 スタイリング/朝倉 豊 取材・文/西尾慶子 構成/引田沙羅

*VERY2019年11月号「いろんな変化を経て、いまが最高に可愛いと評判です 40歳、モデル歴10年。クリス-ウェブ 佳子さんの現在地」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

PICK UP

  • 2019.12.06

    VERY2020年1月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.11.29

    【VERY厳選】出産祝い“賞味期限長め”のベビー服ブランド&…

  • 2019.12.06

    【30歳の記念買い】 今どきコンサバ名品“あのブランドのあの…

  • 2019.12.05

    ママ世代の“ローファー”コーデ7選

  • 2019.12.05

    実は着回せる!ママ世代の女っぷり“柄ワンピ”6選

  • 2019.12.06

    心にときめき、素肌にバタフライ

  • 2019.12.06

    冬の女っぽい♥に好都合な服みつけた!

  • 2019.12.06

    ママと選手の両立は?【神山まりあさん×パラトライアスロン・谷…

PICK UP

  • 2019.12.06

    VERY2020年1月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.11.29

    【VERY厳選】出産祝い“賞味期限長め”のベビー服ブランド&…

  • 2019.12.06

    【30歳の記念買い】 今どきコンサバ名品“あのブランドのあの…

  • 2019.12.05

    ママ世代の“ローファー”コーデ7選

  • 2019.12.05

    実は着回せる!ママ世代の女っぷり“柄ワンピ”6選

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE