VERY July 2024

VERY

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【子育て世代の母親孝行】今こそやりたい三世代旅行、母娘お出かけetc.まとめ!

子ども中心の毎日の中で、なかなか意識することのない母親との残り時間──実は思っているよりも短いかも。2023年の年末年始はいつもよりゆっくり母娘の時間を愛おしんでみませんか。三世代旅行、喜ばれる手土産、お揃いオシャレなどたっぷりご紹介します!

子育て世代の“母との時間”は82%も過ぎていた!【今どきの親孝行って?】

子育て世代の場合、
母親と一緒にいる時間の
82%は過ぎています

関西大学社会学部
保田時男教授

家族社会学、社会調査法が専門。主に中期(子が成人し親も年老いていない時期)の親子関係について調査データをもとに研究。延べ6,000人以上の親子に調査を実施。

\一生で母子が一緒にいる時間/

一生のうち母親と過ごす時間の平均は、65,919時間、つまり約2,747日とされています。そのうち、小学生のうちに約半分、25歳までに82%は過ぎています(上図)。VERY世代の場合、母親との残された時間はあと2割もないのです。

母親との具体的な残り時間は、計算式でも求められます。15分間隔で実測した政府の調査では、帰省などでも母親と実際に一緒に過ごすのは1日に4時間程度でした。つまり、母親との残り時間は、「4時間×1年に会う日数×平均余命」。例えば、65歳の母親に年間15日会う場合は、4時間×15日×24年で、1440時間=60日となるのです。さらに、個人差は大きいものの、一般的に健康で過ごせるのは「後期高齢者」に入る75歳までと言われています。つまり元気な時間はもっと短くて、「4時間×1年に会う日数×(75歳−現在の年齢)」ということになります。65歳の母親と年間15日会う場合は600時間、あと25日です。意外と短いですよね。

ただ大切なのは、その事実を認識したうえで、残り時間をどう過ごすかということ。そのためには対話が大事です。例えば統計調査で浮き彫りになったすれ違いの代表例が「孫の世話」で、孫が可愛くても実は体力的に辛いということも多い。一方、親は年老いても自分が世話をする側だと思っているので、経済的には自立し与える側でいたいと考えています(下図)。母親には母親主体の世界観があるので、それを尊重しながら付き合えるといいですね。

だから「親孝行を」とお金をかけたプレゼントが必ずしも母親に喜ばれるとは限りません。それよりも前述の通り、母親にとって娘と過ごした時間の大半が幼少期であり、その頃の思い出は人生の財産。昔行った場所に一緒に出掛けたり、孫の品物を一緒に選んだりすることで当時の思い出をなぞることは、母親にとってかけがえのない幸福な時間になるはず。それこそが娘にしか叶えてあげることのできない、最高のプレゼントではないでしょうか。

\娘との経済的援助関係(横軸が娘の年齢)

「統計的に見て、子どもが50歳くらいまでは、親の方が経済的に援助しているケースが多い。親は子どもに頼られたいものなのです」

母といられる残り時間って?
=1年に会う日数×4時間×平均余命

「平均余命」は厚生労働省が毎年発表。1年に会う日数×4時間が1年で一緒に過ごす時間で、余命の年数をかけると残り時間に。

【女性の平均余命表】

55歳 33.46
56歳 32.53
57歳 31.60
58歳 30.68
59歳 29.76
60歳 28.84
61歳 27.92
62歳 27.01
63歳 26.10
64歳 25.20
65歳 24.30
66歳 23.41
67歳 22.52
68歳 21.64
69歳 20.76
70歳 19.89
71歳 19.03
72歳 18.17
73歳 17.33
74歳 16.49
75歳 15.67
76歳 14.86
77歳 14.06
78歳 13.27
79歳 12.49
80歳 11.74

社会学の統計数値で知る
〝元気なうちに
母と過ごせる時間〟って?

☑︎ 一生で母親と過ごせる時間は2747日

☑︎ VERY世代が母と過ごせる時間は88%終わっている

☑︎ 厚生労働省が発表する健康寿命は平均75歳

☑︎ 母が65歳の場合、元気な母と過ごせる時間はあと25日(※)

☑︎ 母と顔を合わせて過ごしている時間は4時間/日

※健康寿命の75歳まで残り10年間、年間15回会えると仮定した場合。

良かれと思って…が実は喜ばれていないかも?
データが教える母世代のホンネ!

孫の世話をするのは本当は体力的にしんどい場合も多い

金銭的にも親はずっと与える立場でいたいと思っている

親子で過ごした時間は大半が幼少期。母にとって娘の存在は大人になってもずっと子ども

母は子どもたちが幾つになっても、きょうだい平等に接したい

娘の子ども時代は母娘の共通の財産。一緒に振り返ることが嬉しい

お金をかけたプレゼントやイベントだからといって親の満足度は比例しない

3世代旅行に【評判の宿4選】“ばあば世代”が満足できるプランは?

社会学の統計をもとに♪

母世代が喜ぶイベント&
プレゼントを考えました!

20年以上かけて述べ6000人以上の詳細な親子関係・行動データを調査してきた保田教授の知見をヒントに、母の心に届くギフトアイデアを紹介します。

\親が健康な今こそ!/

母もマイペースに過ごせる
3世代旅行を計画しよう

Professor’s comment

予定を詰め込むより、母親は自分の体力や好みに合わせて行動できることが喜ばれそう。母の子育て時代を懐かしめる思い出の地を選ぶのもいいですね。

【京都】MUNI KYOTO by 温故知新

グルメも観光も母娘スパも楽しめる
一生残る優雅な京都旅

「日本有数の観光地嵐山の中心で、ミシュラングルメや母娘スパを楽しめる贅沢なお宿。バリアフリーにも配慮され、歳を重ねてからでも安心」(本誌企画ライター・八重沢友香子)

【箱根】和心亭豊月

親世代・赤ちゃん・妊婦さんにも
みんなに優しいホスピタリティの宿

「スイートタイプの部屋が3世代旅行にぴったりなうえ、個室でのお食事もおいしくて喜ばれました。貸切風呂もあるので赤ちゃんの温泉デビューにも最適」(清水由佳さん)

【北海道】
ウェスティン ルスツリゾート

2ベッドルームの広々メゾネット

併設するスキー場が夏は遊園地に!
気球にも乗れる

アクティブ派の両親と!
遊びも温泉も敷地内に

「広大な敷地内で、冬はスキー、夏はグラウンドゴルフやラフティングと遊べ、疲れたらすぐ部屋や温泉に。全室メゾネットだからほどよいプライバシーも」(木谷麻優美さん)

【東京】由縁別邸 代田

©Nacasa&Partners

宿泊できないお母さんでも
日帰りで行ける温泉宿

「祖母の介護があって外泊ができない母に旅行気分を味わってもらいたくて。温泉とオイルマッサージや茶寮とのセットプランもあって二人で大満喫」(小川理蓉さん)

【贅沢レストラン3選】“孫なし”で大人の時間を過ごすなら?

\たまには孫なしで!/

母娘ふたりでゆっくり
コースを楽しみたい

Professor’s comment

娘も母親も独立していて元気な状態というのは実は社会学的にとても短い期間。たまには孫なしで、貴重な大人の時間を満喫するのもいいかもしれません。

レストランディファランス(フレンチ)

どんな料理?とテーブルに
届くまで想像するのも楽しい!

「大阪の自然あふれる靱公園の前にあるお店。お品書きには素材しか書いておらず、一品一品スパイスや食感の強弱が効いたサプライズ感のあるお料理にワクワクが止まらない」(読者・吉田那穂美さん)

銀座シェ・トモ(フレンチ)

野菜のおいしさを満喫!
目にも楽しいフレンチ

「ラグジュアリーな空間でいただく体に優しいフレンチ。宝石のようなお野菜の前菜プレートがとてもかわいくて、ママの乙女心をくすぐりました」(高萩理奈さん)

イチリン ハナレ(中華)

鎌倉の日本家屋で楽しむ
極上ヌーベルシノワ

「他では出会えない創作四川料理を味わいに、わざわざ鎌倉に訪れる価値のあるお店。日本家屋の雰囲気とシェフをはじめスタッフの温かいおもてなしも嬉しい」(染谷汐里さん)

【実家への手土産3選】“母も人に教えたくなる”とっておきスイーツ!

編集部の手土産ラバー・ライターMが推薦

\母も女友達に教えたくなる!/

話題のスイーツで茶飲み話を

Professor’s comment

統計によると、帰省などで同じ屋根の下にいても、顔を合わせて一緒に過ごすのは1日約4時間です。意識的に会話したり母の話を聞く時間を作ってみては。

DOLCE TACUBO
シュークリーム

超人気の星付きイタリアンの
シェフが作る数量限定ドルチェ

「サクサクのシュー生地の中にはこぼれそうなほどのクリームが。申し分なしの完成度!」(ライターM)
濃厚カスタードを味わうシュークリーム¥700(DOLCE TACUBO)

パレスホテル東京
ペストリーショップ「スイーツ&デリ」
チーズバタークリームサンド

銀ロゴ入りの木箱にアガる!
パレスホテルのバターサンド

「2023年9月にリニューアルオープンしたばかり! こちらは上品な小ぶりサイズも◎」(ライターM)
チーズバタークリームサンド¥3,000(パレスホテル東京 ペストリーショップ「スイーツ&デリ」)

あいと電氣餅店 生大福

生大福 5個入り(箱入り)¥2,200(あいと電氣餅店)

包みを開ける過程も一緒に楽しめる

帰省組なら季節限定の
焼き大福&お汁粉セットを

焼き大福とお汁粉ぜんざいセット¥6,400(あいと電氣餅店)

賞味期限は5時間!
ふわふわの新感覚お餅

「大福の概念を覆す、いくつでも食べられそうな軽やかさ。美しい箱入りは予約制」(ライターM)

祖父母も納得、子どもも満足!【おねだりランドセル3選】

\自らの子育て期が蘇る!/

孫の成長の節目になる
アイテムをおねだりしよう

Professor’s comment

母親はいつまでも頼られたいので、経済的支援もありがたく受け取る方が喜ばれます。孫に贈るモノを介して娘の幼少期を思い出すことは幸福度の上昇に。

norokka®
自由なランドセル

最新の超軽量・耐久素材
フラップつけかえも楽しめる

「低学年も安心の超軽量。人工皮革のフラップでランドセルの外観そのままに、子どもも大満足」(大倉恵美子さん)
ノロッカ 自由なランドセル¥46,200(ビーミング by ビームス)

土屋鞄 ランドセル

母親世代も納得の
丁寧なものづくりと上質な色彩

「3世代で展示会に行き一緒に選ぶ時間も母親との思い出に」(五十嵐祥子さん)
RECOベーシック 牛革ハイブリッド ブラウン、グレー各¥83,000(株式会社 土屋鞄製造所)

【母とのお揃いオシャレ】“女友だち感覚”で楽しめるギフト!

\女友だち感覚で/

ミーハー心を刺激する
お揃いを楽しむ!

Professor’s comment

子どもの頃母親とのお揃いを好んだなら、思い出が蘇るようなプレゼントもいいですね。高価なものである必要はなく、一緒にという思いが伝わるものを。

L‘UNIFORM 名入れトート

シンプル上質トートに
お揃いロゴの特別感

「普段使いできるバッグに名入れして、なかなか会えない母に思いをこめてお揃いに」(M.M.さん)
(奥から)キャリーオールトートバッグ(ネイビー)¥154,000 スモールキャリーオールトートバッグ(ベージュ×ブラウン)¥146,410(リュニフォーム)

SK-Ⅱ クリスマスコフレ

王道の安心感と
限定パッケージの高揚感に♡

「母とシェアできる効果実感の高いコスメならこれ」(須田瞭子さん)
SK-Ⅱ ピテラ™ ユース エッセンシャル セット × MAISON KITSUNÉ ホリデー リミテッド エディション¥11,990(P&Gプレステージ合同会社)

撮影/清藤直樹(静物) 取材・文/八重沢友香子 編集/翁長瑠璃子
*VERY2023年12月号「母と過ごす年末年始、もっと慈しみたい!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
出典/総務省統計局「平成23年社会生活基本調査」厚生労働省「令和4年簡易生命表」保田時男 2004 「親子のライフステージと世代間の援助関係」 渡辺秀樹・稲葉昭英・嶋崎尚子編『現代家族の構造と変容: 全国家族調査(NFRJ98)による計量分析』 東京大学出版会

この記事もおすすめ

MAGAZINE

July 2024

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)