診断リストつき【モラハラ夫の対処法】幸せそうな家庭に多い“豹変夫”の実態

2019.11.22

VERYが恒例としている“読者調査”で知った、一見幸せそうなのに夫からの「モラハラ」がある家庭が想像以上に多いという事実。周りに相談できない人、被害にあっていることに気づかないほど追い詰められているケースも……。
この記事では、大反響のあった誌面企画「幸せそうに見えるけど『夫の呪縛』に苦しんでいませんか?『モラハラ夫』の対処法」より、読者の体験談、診断チェックリスト、対処法を抜粋。“モラハラ夫”にピンときた人も、自分は当てはまらないと思っている人も、ぜひ一度読んでみてください。

2019/10/IMG_7463.jpg

Case1

家計は主人が握り、セックスを強要。
友人の一言で気づきました

◉M・Fさんの場合
専業主婦/34歳/8歳女の子ママ/世田谷区在住

--以前、ファッションページにも出て頂いたM・Fさん。こんな可愛らしい方が、と驚いています。

子供の前でも関係なく「本当に役立たず」「子供がしっかりしないのはお前のせいだ」と言われます。でも専業主婦だし、その通りと思って口答えをしたことはありません。くだらない、と言われるので、夫の前ではTVも見たことがないし、外出にも厳しくて、LINEもよくチェックされています。

--典型的なモラハラですね……。

ですよね。家計は主人が握っていて、自分と娘の洋服は好きなだけ買っていますが、私には最低限。たまに実家の母に買ってもらったり、クリスマスと誕生日だけは主人からもプレゼントがあります。生活費が足りない時は、レシートまで細かくチェックし、納得しなければ追加してくれません。

--とっても稼いでいらっしゃる旦那さまなのに……。

それより辛いのは、週末にセックスを強要されることです。娘が眠る横で、拒むと「このブス」と罵倒するので堪えるしかなく……。恐怖で金曜日が近づくと憂鬱に。レスの方がよほど羨ましい。

--ママ友に相談していますか?

いいえ。夫は一見とても愛想が良く、週末習い事の送迎や公園で会った友達に「ほんと、いいパパ」と言われているので、言い出せなくて。唯一相談している昔からの親友に、とあるモラハラ関連のニュースが、うちと似ていると言われ、初めてモラハラを受けていることに気づきました。

--耐えるの、辛いですよね。

夫に非難し続けられると、必要としてくれるのは娘だけ、と思い娘にどんどん執着してしまいます。私の目が行き届かないのが心配で、一人でお友達の家に遊びに行かせたり、外を歩かせることが、いまだにできません。毎日「ママのこと好き?」と聞いてしまうんです。

--娘さんとずっと離れられなくなってしまいそうですね。

そう言われると、ドキッとします。私って少し異常なのかな、と。実は一度離婚も考えたことがあるんです。セックスを拒んだら「あり得ない、離婚だ」と言われて。でも夫がいないとこの生活は続けられないし、夫が言うように仕事ができる能力もない。子供のためにも我慢しかないと諦めています。

 

 

Case2

子供にも精神的悪影響がでて
はじめて目が覚めました

◉S・Aさんの場合
金融勤務/38歳/7歳女の子・3歳男の子のママ/港区在住

--新色のピーカブーで颯爽と現れた外資系金融にお勤めのS・Aさん。ご主人とは“格差婚”とか?

はい。私の年収が上です。優しい人でしたが、出産後に激変。仕事の話をすると「自慢して楽しい? 飯も作れないクソ女のくせに」と怒り出し、突然私を数週間無視。返事もしないし、食事を出しても一切食べません。理由を聞いても「頭悪いな、全部お前の責任だ」としか言わない。

--仕事をテキパキこなすS・Aさんでも言い返せないんですね。

子供が生まれて夫のケアが減り申し訳ないと思っていたし、家事や育児を手伝ってもらっている引け目もありました。さらに何度も「バカ女」と言われたり、離婚届を突きつけられるうちに、だんだん自信を失い、夫が恐怖になってしまって。少しでも言い返すと、何倍にもなって返ってくるので、言い返さない方が賢明と悟りました。

--離婚を決意されたんですよね?

はい。子供への影響に危機感を感じて。ある日「お前の飯はマズい」と夫はコンビニのご飯を食べながら、子供に「ママのご飯食べたら死ぬよ」と。また、私と娘が可愛がっている犬を叩いていじめたり……。娘が突然泣き出すことが増え、「男の人は怖いから結婚しない」と言うので、思い切ってスクールカウンセラーに相談したんです。すると「モラハラだからすぐに夫から離れた方がいい」と言われ、目が覚めました。

--それまではお子さんのことを思って我慢をしていた……?

そうですね。父親がいることにこだわっていたし、いつか夫は変わると思っていた。それに言われるまでモラハラと気づいてなかったんです。今までのことが、私がダメなせいではなかったと分かり、モヤモヤが晴れてホッとしました。

--離婚はスムーズにいきそう?

それが難しくて……。絶対反対されると思ったので夫に黙って家を見つけ、弁護士に相談して別居。予想通り、「俺は何も悪くない、家族を愛している」と離婚を受け入れず現在、離婚調停真っ最中です。別居したことで私も子供も気持ちは落ちついたのですが、もっとモラハラの証拠となるメールや発言の録音を取っておくなど、計画的に進めれば良かったと思っています。

 

まずは「気づく」ところから!
あなたの夫は大丈夫?
NEXT>>>“モラハラ夫”診断リスト

PICK UP

  • 2019.12.06

    VERY2020年1月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.11.29

    【VERY厳選】出産祝い“賞味期限長め”のベビー服ブランド&…

  • 2019.12.06

    【30歳の記念買い】 今どきコンサバ名品“あのブランドのあの…

  • 2019.12.05

    ママ世代の“ローファー”コーデ7選

  • 2019.12.05

    実は着回せる!ママ世代の女っぷり“柄ワンピ”6選

  • 2019.12.06

    心にときめき、素肌にバタフライ

  • 2019.12.06

    冬の女っぽい♥に好都合な服みつけた!

  • 2019.12.06

    ママと選手の両立は?【神山まりあさん×パラトライアスロン・谷…

PICK UP

  • 2019.12.06

    VERY2020年1月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.11.29

    【VERY厳選】出産祝い“賞味期限長め”のベビー服ブランド&…

  • 2019.12.06

    【30歳の記念買い】 今どきコンサバ名品“あのブランドのあの…

  • 2019.12.05

    ママ世代の“ローファー”コーデ7選

  • 2019.12.05

    実は着回せる!ママ世代の女っぷり“柄ワンピ”6選

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE