FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

フリッツ・ハンセン創業150周年にクリエイターが作品を制作

2023/05/cut1_0000-1.jpg
1872年にデンマークで創業したフリッツ・ハンセン。世界中の一流デザイナーと協力し、世界的な名作から、今日のクリエイターが手掛けたコンテンポラリーな作品に至るまで、フリッツ・ハンセンの家具、照明、アクセサリー小物のコレクションは多岐にわたります。
その創業150周年を記念し、伊勢丹新宿店 本館1階ザ・ステージにてセレブレーション展示を開催。フリッツ・ハンセンと伊勢丹にゆかりのある7名のクリエイターが創業150周年を祝し、それぞれの思いや表現を名作家具に落とし込んだ作品を制作、展示・販売されます。ザ・ステージでの展示に伴い、伊勢丹本館のウィンドー(9面)もフリッツ・ハンセンがジャック。
フリッツ・ハンセン× AURALEE 岩井良太氏
「セブンチェア」にはAURALEEのテキスタイルを張り地に、「ドットスツール」には上品な2色を選択し、AURALEEの服のように生活の中になじむ、雰囲気のある椅子に。左:Dot Stool Limited Edition by AURALEE light khaki beige ¥45,100 中:Seven Chair Limited Edition by AURALEE white gray ¥156,200 右:Dot Stool Limited Edition by AURALEE white gray ¥45,100
フリッツ・ハンセン×Baanai氏
〝家具でありアートでもあるものが作りたい〟という思いを込め、直接文字を描いた名作の「スワンチェア」や「エッグチェア」は強いインパクトと新鮮さが。左から:Grand prix Chair Limited Edition by baanai ¥330,000 Drop Chair Limited Edition by baanai ¥825,000 Swan Chair Limited Edition by baanai ¥1,870,000 Egg Chair Limited Edition by baanai ¥3,300,000 ※すべて抽選販売商品
フリッツ・ハンセン×橋爪悠也氏
〝オリジナルを尊重しながらアレンジしたものに自身のエッセンスが加わればよい〟と本来のデザインには手を加えず、飼っている猫のオブジェを載せて猫の玉座のような作品に。Drop Chair Limited Edition by Yuya Hashizume ¥990,000 ※抽選販売商品
フリッツ・ハンセン×黒沢祐子氏
「セブンチェア」、「ドロップチェア」に、ウェディングの言い伝え〝サムシング・ブルー〟にちなみ、自身のテーマカラーでもあるブルー系のファブリックで彩りを。左:Seven Chair Limited Edition by YUKO Kurosawa ¥203,500 右:Drop Chair Limited Edition by YUKO Kurosawa ¥292,600
フリッツ・ハンセン×内田洋一朗氏
「セブンチェア」にはアルネ・ヤコブセンが設計したホテルのラウンジ用椅子に、フリッツ・ハンセンへ寄せたフレーズ、自分が好きなフレーズを陰と陽のバランスを取りながらミクスチャー。Seven Chair Limited Edition by Yoichiro Uchida 各¥275,000 ※抽選販売商品
フリッツ・ハンセン×山口一郎氏
日本の伝統工芸・柳行李の創造性が国境を超えて認識されることを思い描き、その豊かな歴史と、フリッツ・ハンセンの150年の歴史を、「ドロップチェア」を題材としてミックス。Drop Chair Limited Edition by Ichiro Yamaguchi [Black] ¥880,000
フリッツ・ハンセン×White Mountaineering 相澤陽介氏 
「オックスフォードチェア」に、“White Mountaineering”で制作しているオリジナルのグラフィックを載せた、〝張り地の表情〟がオフィスの空間に彩りを与えるデザイン。Oxford Chair Limited Edition by White Mountaineering Yosuke Aizawa ¥533,500

参加クリエイタープロフィール

AURALEE(ファッションブランド)

デザイナーの岩井良太氏が2015年にスタートさせた、明瞭なオーセンティックさ、フォーマルと呼応する静かなエレガンス、繊細な洗練と調和するコンフォートが特徴のファッションブランド。
Baanaiさん(アーティスト)

2015年にコム デ ギャルソンの川久保 玲氏にポートフォリオを送り、作品が採用される。一躍注目されるようになった後、多くのブランドに起用され、数々の個展を開催。反復された文字が全体を埋め尽くす作品は、観るものを奥へ奥へと引き込む。
橋爪悠也さん(アーティスト)

岡山県に生まれ、現在は東京を拠点に活動。2016年から自主企画による展覧会を通して作品を発表し、2018年以降は東京、バンコク、ソウル、ロンドンで個展を開催。出身地の岡山では、継続的な地域への貢献を目的とする展覧会も開催。
黒沢祐子さん(ウェディング&ライフスタイル・プロデューサー)

YUKOWEDDINGを設立し、ウェディングプランナーのみならず、個人宅のインテリア相談やパーソナルコーディネート、ワークショップ開催や洋服プロデュースも手掛ける。2022年からはオンラインサロン「Y’s room」を主催。
内田洋一朗さん(グラフィティアーティスト)

原生種の蘭とグラフィティワークを融合した独創的な世界観で支持を集める。具体的なテーマを設けず、直感または頭の片隅に止まっていた言葉をキャンバスに紡ぎ出し、画面を構成する作風によって高い人気を誇る。
山口一郎さん(ミュージシャン)

「サカナクション」として、2007年にメジャーデビュー。各界のクリエイターとコラボレーションし、音楽とさまざまなカルチャーが混ざり合うコンテンツを企画するプロジェクト「NF」をスタートさせるなど、多様な活動を行っている。
White Mountaineering(ファッションブランド)

様々なブランドのデザインを手がけたデザイナーの相澤陽介氏が立ち上げたファッションブランド。〝服を着るフィールドは全てアウトドア〟デザイン、実用性、技術の3つの要素を一つの形にし、市場には屈しない姿勢でのものづくりを手掛ける。
セレブレーション展示
会場/ 伊勢丹本館ザ・ステージ
会期/ 2023年6月7日(水)~6月13日(火)
※伊勢丹本館ウィンドー展示: 2023年5月24日(水)~6月20日(火)

お問合わせ先/ フリッツ・ハンセン 東京
☎03-3400-3107

この記事もおすすめ

MAGAZINE

June 2024

June 2024

2024年5月7日発売

980円(税込)

【VERY NaVY 2024年6月号】5月7日発売!

2024年5月7日発売

1060円(税込)