VERY STORE
VERY June/July 2020
VERY NAVY

VERY

June/July 2020

2020年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

優木まおみさん「年越し焼き肉 をするのが最近の我が家」|チームVERYのお正月

VERY2019年1月号に掲載中の「チームVERYのお正月」。ここでは、年の越し方から、新年の迎え方、帰省の知恵やルールまで、VERYモデルたちそれぞれの個性が伺えるスタイルをご紹介。
今回は、優木まおみさんの年末年始にクローズアップします。

31日は子供も夜更かしOKデイ。
年越し焼き肉に松前漬け
色々MIXの個性派メニュー

やっと仕事を納めたな、今年もまた頑張れた、と一年を振り返りながら、年末は日々溜めてしまった細かな掃除と新年の準備をゆっくりと始めます。大好きな松前漬けはクリスマス前に仕込みを。これを食べてようやく年越し気分。佐賀の実家では、祖母が必ず作っていて、父が味を受け継ぎ、それを私も。でも今は私しか食べないんです……こんなに美味しいのになあ(笑)。
31日の夜は仕事を終えて帰宅する主人を待って、年越し焼き肉をするのが最近の我が家。普段パパと過ごせないことが多い娘たちは、この日ばかりは夜更かしを解禁。「パパ帰ってきたー!」と、テンションの高い夜を過ごし、翌日・主人の実家、熊本へ。父は中華料理店を営み、祖母は和食を丁寧に作る人だったので、幼い頃の年末年始は、鯛の尾頭付きの餡かけや蒸し鶏などの中華料理と、お煮しめや松前漬けが同じ食卓に並んでいました。いろんな味を食べられるから、それが嬉しくて。もう一つ、「おしるこ」が私の楽しみでした。お雑煮嫌いの私に、いつも用意してくれて。今も私は家族のために作ります。なにせ、みんなお雑煮が苦手みたい……(笑)。ザ・おせち、じゃなくていい。松前漬けに焼き肉におしるこ。我が家の年越しは美味しいもの〝いいとこどり〟です。

去年は次女出産後、初帰省。
年越し焼き肉がいつからか我が家の習わしに。紅白やバラエティを観ながら賑やかにいただきます。
夫の実家・熊本に帰省をした夜は、親族が集まり、毎年同じホテルで乾杯。お刺身が苦手な夫の分は私が食べる係です(笑)。
元日の夜、熊本のホテルでいただくお正月御膳。
お餅を消費するのは、お雑煮ではなくおしるこ派。小さい頃から、おしるこを食べるのが楽しみでした。

取材・文/石川 恵、藤井そのこ 編集/澤辺麻衣子

※「年末年始の過ごし方に、キャラクターが見えてくる チームVERYのお正月」より。

※掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

FEATURE

この記事もおすすめ