青木裕子さん「大晦日は主人のTVを見ながらおせち作り」|チームVERYのお正月

2018.12.28

VERY2019年1月号に掲載中の「チームVERYのお正月」。ここでは、年の越し方から、新年の迎え方、帰省の知恵やルールまで、VERYモデルたちそれぞれの個性が伺えるスタイルをご紹介。
今回は、青木裕子さんの年末年始にクローズアップします。

1日は毎年主人が仕事で不在。
TVを観ながら作るおせちは
ゆるっとですが手作りです(笑)

元旦は主人が朝から仕事なので母、子どもたちと、おせちを食べて過ごします。31日に主人のテレビを観ながらおせち作り。一応、ゆるっとですが手作りします。1日の夕方に主人が帰宅。友人や後輩が入れ替わり立ち替わりご挨拶にいらっしゃいます。仕事柄? 主人が後輩たちにお年玉をあげるのでポチ袋は大量買い。お魚屋さんに頼んでおいたお造りといただきものを駆使し、テーブルに並べて頑張りすぎないお正月ブッフェ(笑)。ゆるーくおかみさん業という感じでしょうか。
お雑煮は結婚してから関西出身の夫に合わせて白味噌に。お餅は祖母が送ってくれる丸餅が定番です。実は結婚後何年かお雑煮を作り続けるも、主人から「もうちょっとどろどろしてんねん」と指摘(涙)、なかなか義母の味に近づけなかったのですが、ある年、主人の実家でお正月を迎えた時、お雑煮の中に里芋を発見。「これだ!」と思ってそれからやっとマスターできました(笑)。今年は家族でスキーへも行く予定。いちごの初狩りも恒例にしようと思っています。

  • 子どもの頃から食べている祖母の黒豆は我が家のおせちに欠かせません。母が作ってくれた海老などをゆるりと詰めます。
    子どもの頃から食べている祖母の黒豆は我が家のおせちに欠かせません。母が作ってくれた海老などをゆるりと詰めます。
  • 昨年、息子が軽井沢で初スキーをし、ハマったようなので三が日の後、スキーに行く予定です。ヘア・メークさんに教えていただいた子連れに優しいホテルを予約。
    昨年、息子が軽井沢で初スキーをし、ハマったようなので三が日の後、スキーに行く予定です。ヘア・メークさんに教えていただいた子連れに優しいホテルを予約。

取材・文/石川 恵、藤井そのこ 編集/澤辺麻衣子

※「年末年始の過ごし方に、キャラクターが見えてくる チームVERYのお正月」より。

※掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

PICK UP

  • 2019.06.06

    VERY 7月号、6月7日発売!

  • 2019.06.06

    タキマキ目線で選ぶ“ドルチェ&ガッバーナ”

  • 2019.06.07

    “ネスプレッソ”のあるコーヒーライフ

  • 2019.06.06

    無敵の清潔感と女っぽさ!ママこそ「週3“白”」を着よう

  • 2019.06.06

    「サンダル×デニム」今どき正解バランスとは?

  • 2019.06.07

    あとは寝るだけ「ピンチにおうちでヒアルロン酸チャージ!」

  • 2019.06.07

    大人の身だしなみ“ムダ毛”ケアは光美容器にお任せ!のワケ

  • 2019.06.07

    人生最初のギフトは〝ベビーダイヤモンド〟

PICK UP

  • 2019.06.06

    VERY 7月号、6月7日発売!

  • 2019.06.06

    タキマキ目線で選ぶ“ドルチェ&ガッバーナ”

  • 2019.06.07

    “ネスプレッソ”のあるコーヒーライフ

  • 2019.06.06

    無敵の清潔感と女っぽさ!ママこそ「週3“白”」を着よう

  • 2019.06.06

    「サンダル×デニム」今どき正解バランスとは?

  • 2019.06.07

    あとは寝るだけ「ピンチにおうちでヒアルロン酸チャージ!」

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE