VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【人気ママスタイリストが選ぶ手土産4選】オシャレで気が利いてるものって?

ママにとって、「お使いもの」は切っても切り離せないもの。毎月、センスのよさに定評がある著名人が、さまざまな場面で使える「とっておき」をご紹介します。今回はママスタイリスト・岩田槙子さんに、とっておきのアイテムを伺いました。

■岩田槙子さん

VERYをはじめ多くのファッション誌でスタイリストとして活躍する岩田槙子さん。プライベートでは7歳の女の子のママで、その経験を生かしたリアルなコーデ提案をしてくれています。そんな岩田さんの贈り物の傾向を伺うと「その人が自分では選ばなそうなもの、知らなそうなものを贈って、美味しいと喜んでくれたり、こんなのあるんだ!と驚いてもらえたら大成功」と言う、落ち着いた口調と佇まいとは反する攻め派。スタイリストらしく、いつもその人が着ていないサイズ感のTシャツを誕生日にプレゼントすることもあるのだそう。

●おうち外交

NATIVO
フォンダンカカオ ¥3,240

まわりの美味しいもの好きな方が通うイタリアンのナティーボ。お料理はお店でしか味わえませんが、このケーキはテイクアウトやオンラインで購入が可能です。ホロ苦くお酒も効いているので大人用の手土産です。

ADDRESS&TEL: NATIVO/東京都世田谷区上馬1-17-8 ☎03-6450-8539
WEB: shop.pacha-mama.jp
ORDER: 店舗、またはオンラインショップにて購入可。ペルーのアマゾンで丁寧に栽培されたクリオロ種の無農薬カカオを贅沢に使用。小麦粉を使用していないので、まるで生カカオのようなリッチ感とカカオ自体が持つ酸味を堪能できる。

●目上の人への手土産

HIGASHIYAの棗バター
6個入り ¥2,268

贅沢な品なので、きちんとお礼をしたいときなどに利用。オンラインで注文すれば、クール便で送ってもらえるのも安心です。バターそのものを食べるっていくつになってもちょっと背徳感があって特別!

ADDRESS&TEL: HIGASHIYA GINZA/東京都中央区銀座1-7-7 2F ☎03-3538-3230
WEB: online.ogata.com/
ORDER: 店舗、またはオンラインショップにて購入可。棗椰子の自然な甘みに香ばしい胡桃と発酵バターを合わせ、香ばしく濃厚な味わいに仕上げた銘菓。日本茶、コーヒーやお酒にもよく合う。6個と9個の詰め合わせを選べる。

●ストックもの

利尻屋みのや
百五十歳若返るふりかけ
60g ¥590

私もママ友からもらって知ったふりかけで、ネーミングはふざけているのですが、小樽の乾物屋さんが作っていて昆布の旨味がしっかり。うちの娘も白いご飯と一緒に食べるのが大好きで、学校のお弁当にもかけたりしています。

ADDRESS&TEL: 北海道小樽市堺町1-20 ☎0134-25-4060
ORDER: 店舗、またはYahoo!ショッピングにて購入可。本格的な天然最高級出汁昆布を扱う、北海道・小樽にある昆布・海藻専門店が販売するユニークなネーミングの昆布製品の数々。その中でも「百五十歳若返るふりかけ」は、塩昆布と白ごまのシンプルで美味しい一品。

●友人への出産祝い

サンタ・マリア・ノヴェッラ
バスソルト ザクロ 500g ¥7,700

仕事の帰りに店舗に寄った際、自分の冷え性を相談しておすすめしてもらったのがこのバスソルトでした。出産後って一番ボロボロなのはママ。体を労ってほしくて、パッケージも可愛いので出産祝いに贈っています。

ADDRESS&TEL: 銀座店/東京都中央区銀座6-8-17 1F ☎03-3572-2694
WEB: jp.smnovella.com
ORDER: 店舗、またはオンラインショップにて購入可。世界最古の薬局といわれるイタリア・フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ。バスルームいっぱいにザクロの香りが広がり、入浴後の肌もほんのりと香りさらにリラックスできる。

撮影/渡辺修身 取材・文/嶺村真由子 編集/永吉徳子
*VERY2022年4月号「あの人の『お使いもの』ネタ帳」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*営業の形態など異なる可能性があります。ご了承ください。

この記事もおすすめ

FEATURE