VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【動画メッセージあり】表紙に初登場!申真衣さん舞台裏インタビュー

本日12月7日に発売になったVERY1月号で、表紙を初めて飾ったVERY専属モデルの申真衣(シンマイ)さん。VERYInstagramで表紙画像を初解禁した際には、1万をこえるいいね!がつき、新しい憧れの女性像の提案という期待感もあり大きな話題になりました。

撮影/生田昌士<hannah>  スタイリング/加藤かすみ ヘア・メーク/笹本恭平<ilumini.> モデル/申 真衣

 

申真衣さんは2019年6月号で、読者モデルとして初めて誌面に大きく登場。当時からそのファッションセンスとともに、1児の母(現在は2児の母)、であり会社役員(現在は会社の社長)という生き方に注目が集まり、その後20年3月号からVERY専属モデルに。教育や環境など、さまざまなジャンルで自分の考えを発信している姿や、ロジカルな家事や現代的な育児の姿勢にも大きな反響がありました。
詳しくはこちら→「これを読めば申真衣さんのすべてがわかる!」

そんな申真衣さんの表紙初撮影のメイキング動画を今回初公開!撮影現場入りからの一部始終のダイジェストを、VERY読者のママたちへのメッセージと共にお送りいたします♡表紙起用の心境を語った全文インタビューもあるのでお見逃しなく!

メイキング動画はこちら!

申真衣さんQ&Aインタビュー全文はこちら

Q.表紙依頼がきた時は,どんなふうに思いましたか?

正直、「大丈夫!?」と思いました。私のことを知らない人がほとんどだと思うので、「誰だろうこの人」ってなるんじゃないかと…。VERY、リスク取ってるな、攻めてるな、と思いました。

Q.表紙撮影当日の心境教えてください!

重責なので、ご迷惑をおかけしないようにちゃんとしなきゃという思いで現場に入ったのですが、みなさん優しい雰囲気でありがたかったです。いつもにも増して時間をかけて、とても丁寧にメークをして頂いて。夜寝る時までまったく崩れなくて驚きました(笑)。

Q.モデルの仕事は楽しいですか?

本業とは全く違う仕事で、リフレッシュのような気持ちにもなるのでとても楽しいです。今まではあまり出会うことがなかった、感性で仕事をされている方達に囲まれて刺激を受けます。みなさんプロフェッショナルですごく情熱を持って仕事をされているから、私は楽しんやらせてもらっているけれど、ちゃんとしなきゃって思っています。

Q.好きな服、ファッションは変わりましたか?

いろいろ着させてもらうことで、自分だったら手に取らない服に興味が出る時もあるし、トレンドもわかるので、よりファッションが楽しくなっています!

Q.VERYに載っているものを買ったりしますか?

あります!本は、VERYに載ってる本はほぼ全て買ってます。毎月書評がありますよね。子どものものはどこで買っていいか分からないことも多いので、VERYを参考にしています。黒だけの子供グッズの企画とか大好きでした!
読み物ページも好きです。WEBだと自分が一番見ているものが基準になったおすすめコンテンツが出てくるけれど、雑誌のような紙媒体は、自然体でいたら入ってこないような情報に触れられるのがいいですよね。VERYはファッションや美容や読み物など、子育て中のママにぴったりの情報が1冊に詰まっているので、私も一読者として毎月楽しみにしています。もっとたくさんの人に読んで欲しいなって思います!

Q.1月号の「申真衣さんだって優しくなりたい」特集はどうでしたか?

今回に限らずですが、企画について編集部の人と話していると、自分の気づいてないことに気付いたり、自分を発見し直すみたいなこともあります。

最近、優しいことがパワフルな気がしているんです。伝えたい意見がある時に、強い言葉でいう人もいるけれど、その後ろに優しい気持ちがある方が伝わるんじゃないかなって思って。今まで私は優しい人を目標にしたことがなかったけれど、伝えたいことを伝えたり、ちゃんと届けるために、優しい人になることが大事かなって思っています。

VERYもそうですよね。読者に伝えたいことがある時に、決めつけず、いろんな立場の人がいることも考えて、そこにちゃんと届くように考えてる雑誌だなって。それが優しいってことかなって思っています。

Q.読者の方にメッセージをお願いします!

私も子育てで悩むこと、わからないことがたくさんあって、読み物などを読んでいるとドキッとすることがたくさんあります。子育て期間って人生の中でも貴重な時期だと思うので、この時をVERYやVERY読者さんと一緒に過ごせることを嬉しく思っています。VERY1月号、どうぞ楽しんでください!

インタビュー/栗生果奈 動画撮影・編集/所 優里

この記事もおすすめ

FEATURE