VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

走りをつなぐことは、「思い」を・「人と人」をつなぐこと。 クイーンズ駅伝が私たちに伝えたいのは――

2021/11/japanpost_01-scaled.jpg
夏の東京オリンピックで、女子陸上選手の活躍に胸踊らせた人も多いのでは? 11月28日(日)に開催される「クイーンズ駅伝in宮城」は、実業団女子駅伝の日本一を決める大会。あのとき輝いた彼女たちが、再び集結するハイレベルな熱い闘い、手に汗握る展開は、一度見はじめると目が離せない“胸アツ”レース間違いなしです!

クイーンズ駅伝in宮城って?

2021/11/japanpost_02.jpg
第41回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会の通称。宮城県を舞台に松島町から仙台市までの6区間、42.195kmで争われる、実業団女子駅伝の日本一を決める、国内最大級のイベントです。昨年の上位8位までのシードと10月の予選「プリンセス駅伝」を勝ち抜いた20チーム、計28チームが参加します。オリンピックでも長距離選手の活躍が目立った今年は、例年以上の盛り上がり、そしてハイレベルな激戦が予想されるのです。テレビでオリンピックを見て陸上に興味は湧いたけれど、駅伝をしっかり見たこともないし、どう楽しんだらいいの?――そんな「リクジョ」初心者のために「クイーンズ駅伝in宮城」の見どころを解説します!

はじめての

「クイーンズ駅伝in宮城」の
楽しみかた

応援するチームを決める

お気に入り選手を見つける

時間がない人は中継地点だけでも楽しめる!

宮城沿岸部の震災からの復興を確認できる

今度訪れてみたい宮城観光スポットをチェック

応援するチームの決め方は難しいことを考えなくてもいいんです。よく知っている、自分が商品を買ったりしている企業(資生堂やユニクロ、パナソニック…)でもいいし、応援している選手のいるチームでもいいし、地元の企業でもOK! 前もって決めていなくても、テレビ中継で「いい走りだな」と思ったチームを応援するものもちろんアリ!です。

最注目チームは、三連覇を狙う
JP日本郵政グループ」!

それでも、応援するチームの見当がつかないときはとりあえず強いチームを見れば楽しめます! そういった意味でも、二連覇中の「JP日本郵政グループ」は、今年も東京オリンピック女子マラソン代表の鈴木亜由子さん10000mで7位入賞した廣中璃梨佳さんをはじめとする実力あるランナーが勢揃い! 優勝候補の一角としてレースの中心になること間違いなしなので、このチームを見ていればレース全体の流れもバッチリつかめます。なにより、ユニフォームも真っ赤だからどこより目立って、すぐ見つかる! 

VERY1月号で
日本郵政グループ女子陸上部を取材した記事が掲載されます!

2021/11/japanpost_04.jpg
そんな日本郵政グループ女子陸上部の髙橋昌彦監督、鈴木亜由子選手を取材した記事が12月7日発売のVERY1月号に掲載されます! テーマは「子どもの『立ち直る力』の育みかた」。女子陸上部員を育てる中での「声かけ」の重要性は子育てのそれと通ずるところがある!など、実は子育てのヒントが満載のインタビューページになっています。何より、今尾編集長、VERYモデル・牧野紗弥さんはじめ、取材に伺ったスタッフ全員が髙橋監督と鈴木選手の大ファンになって帰ってきた、伝説の取材の模様は動画でも公開予定です。
クイーンズ駅伝in宮城は
11月28日(日)11:50~TBSテレビ
系列で生中継!

週末のランチタイム、お箸を持つ手が止まるほど熱く盛り上がります!

陸上部の活躍が見られる
日本郵政公式インスタグラムはこちら!

撮影/吉澤健太(牧野さん分) 写真協力/フォート・キシモト
この記事もおすすめ

FEATURE