VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

上戸彩さん、ママになり「だいぶ甘え上手になったと思います」

子育てに家事と、目まぐるしい忙しさの毎日の中でふと訪れるひとときに、救われたことはありませんか。いつも笑顔で頑張る素敵な人たちにも大切にしている大人時間がありました。
今回は、女優 上戸 彩さんにインタビューしました。

※掲載中の情報はVERY8月号誌面掲載時(2021年7月7日発売時点)のものです。

こちらの記事も読まれています

▶︎連載「私のたまには大人時間」過去記事

〝子どもたちが起きる前に
ゆったりお風呂タイム
本も読めちゃう、サイコー!
って気づきました〟

 

慌ただしい子育て期
大好きなお風呂は
朝にゆっくり

たまたま家族より朝早く目が覚めた日に、二度寝はもったいないなとお風呂に入ってみたら、本も読めるし丁寧にスキンケアもできて最高!と気づいたんです。子どもが起きた後も余裕を持って一日をスタートできるので、朝風呂は大切な時間です。昔からお風呂が大好きで、ゆっくりお風呂に入れるだけでご機嫌なタイプ。出産してからは慌ただしく入る日が増えて、疲れが溜まってしまうこともありました。今は朝風呂がささやかな幸せ。あれもこれもやりたいのに!と欲張るとできない時のストレスが辛いから、自分の時間も基本的にはないものと思って、あったらラッキーって。幸せのハードルが低いのかもしれないですね(笑)。

 

4歳差の子育ては
それぞれの成長を
ゆっくりと見守れます

コロナ禍で家にいることが多くなって、子どもとの時間も増えて思うのは、仕事より育児の方が何倍も大変ということ。下の子にアレルギーがあって気軽に預けられないので、よりそれを実感しています。それでも私は恵まれていて、家族や地元の友達にすごく助けてもらっています。下の子に初めてアレルギー発作が出た時もたまたま友達が自宅に遊びに来ていて、「うちの子と同じだから、すぐに前開きの服に着替えさせて、症状を写真に撮って、病院に行った方がいいよ」と冷静に教えてくれて。一人だったらパニックになっていたかも。今も発作が出てしまうと寿命が縮まる思いですが、「大丈夫だよ」と一声かけてもらうだけで、すごく安心するんですよね。

最初はどちらかというと、やれることは全部自分でやりたかったんです。でも、家族に助けられて一人時間をもらうと、体の疲れが取れるだけじゃなくて「よし、もっと頑張るぞ!」と思えることが育児の余裕に繫がるとわかって。だいぶ甘え上手になったと思います。今は2人が一緒に遊んで手を繫いでいるのを見ると「きょうだいっていいなぁ」とキュンとしますね。女の子と男の子で遊び方も違って、お姉ちゃんはごっこ遊びが好きで、弟は車が大好き。4歳差で上の子はある程度は一人でできるので、私が下の子に夢中でも平気なことも多くて。ゆっくりとそれぞれの成長を見守れる気がします。

 

一人で判断するのは
大変だから子育ては
夫婦でしっかり話し合う

子育てのことは夫婦でよく話をします。私が友達から聞いた情報を相談したり、学校見学に行ったり。教育についてはお受験やインターなど選択肢は色々あるけど、自分たちが育った環境がやっぱり一番落ち着くよねという結論になりました。答えが出にくいだろうなという話題は、「私はこう思うよ」ってとりあえず主張します。その上で話し合うと納得することも多くて、揉めることはほとんどないかな。生活の中での小さな主導権は私に握らせてもらって、大きなことは夫婦で相談する形でうまく回っています。何事もそうだけど、一人で判断するってすごく大変だし、孤独になりますよね。子育てする上で精神的な余裕は一番大事だから、抱え込まずに周りを頼りながら、楽しみたいなと思います。

ワンピース¥65,000(MYLAN)サンダル/スタイリスト私物

 

 

健康に良いと言われる酵素浴や酵素ドリンクにハマっています。「風雪」720㎖¥25,300(大髙酵素)。ママ友に薦められた『おうち性教育はじめます』(フクチマミ・村瀬幸浩/KADOKAWA)は、上手な伝え方が書いてあるのですごく勉強になります。子育てや暮らしにまつわる本を読むことが多いです。『カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』(てぃ先生/ダイヤモンド社)『10年かかって地味ごはん。』(和田明日香/主婦の友社)。

 

 

●上戸 彩さん Aya Ueto/女優
1985年東京都生まれ。’97年に第7回全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞受賞。以降、数多くのドラマ、映画、CMでの活躍ぶりは日本中の知るところ。2012年に結婚、現在5歳の女の子と1歳の男の子のママ。

撮影/谷口大輔 スタイリング/佐々木敬子〈AGENCE HIRATA〉 ヘア・メーク/中谷圭子〈AVGVST〉 取材・文/宇野安紀子 編集/城田繭子
*VERY2021年8月号「わたしの、たまには大人時間」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE