VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

復職に「ルンバ」と「ブラーバ」が正解だった理由

VERYルンバチャレンジvol.4

復職して減った息子との時間に、
掃除をしている場合じゃない!

ルンバの購入を検討している人が暮らしに合うかを自宅で検証する「VERYルンバチャレンジ」。4回目は復職したばかりの読者の巻渕さん。「減ってしまう息子と過ごす時間は、家事を手放して少しでも長く確保したい」が叶うのかを、体験してもらいました。

2021/06/irobot4_01.jpg

読者 巻渕朋未さん

29歳で1歳の男の子のママ。都内のマンションに夫と3人暮らし。IT系に勤務し、4月に復職。出勤と在宅ワークの割合は半々。通勤服はアンクレイヴがお気に入り。育休中の楽しみの1つはzoomで参加する「VERY児童館」。

\動画をチェック/

復職後の家事は家電で解決!

Roomba & Braava

巻淵さんが、
床掃除が完全に手離れしたと思えたこと

トロミ離乳食も、ブラーバで
あっという間にきれいに!

2021/06/irobot4_02.jpg

1歳の息子はスプーンの練習中。てこの原理で離乳食は飛んでいくし、スプーンもよく落ちる。思わぬところまで飛んで、拭き漏れがあった場所もブラーバなら残さず水拭き!

ほったらかしで、
家じゅう一気に掃除ができた!

2021/06/irobot4_03.jpg

部屋のドアを開けておけばキッチンや洗面所まで、本当に家じゅうを走り回って掃除してくれるんだと感動。段差のある玄関は、落ちることなく手前で引き返してきました。

ルンバのゴミ捨ては
月一、ノータッチでできる

2021/06/irobot4_04.jpg

掃除が終わると自動でゴミをクリーンベースに吸い上げるので、ゴミに触れなくていいのは嬉しい。場所を取るかなと思いましたが、上に物を置くこともないので、家に迎えたら邪魔ではないと気づきました。

部屋のラグ、ルンバは乗り上げ
ブラーバは避けた!賢い♡

2021/06/irobot4_05.jpg

ラグはどかすべきか迷ったのですが、そのまま試してみたら、ルンバは乗り上げてラグの細かいチリやホコリを吸い上げしっかり掃除。ブラーバは近づいてから、水のかからない位置まで下がって距離をとってから噴射。どちらも賢くて感動しました。

外出中も思ったタイミング
掃除ができる

2021/06/irobot4_06.jpg

アプリだと遠隔でスイッチを入れたり、掃除する部屋や時間の指定、ルンバが終わってからブラーバを動かすこともできます。お家のどこを掃除したのかひと目でわかる清掃マップが表示されるのも便利。

\巻渕さんが試したのは/

ルンバ

家の間取りを記憶して、思い通りの清掃を可能に。

ルンバ i7+

¥142,868(アイロボットストア価格)
最大の特徴は間取りを記憶して効率よく掃除をすることや強力な吸引力、そしてゴミを自動で吸い上げて最大60日分のゴミを溜めるクリーンベース。ゴミにほぼ触らない生活が叶います。掃除中に充電がなくなったら、自動でホームに戻り、充電後に再出発して掃除するなど感動の賢さ。

ブラーバ

家の間取りも学習する、水抜きするブラーバ

ブラーバ ジェット m6

¥76,868(アイロボットストア価格)
「ルンバ i7+並の賢さ」と話題のモデルは間取りを学習・記憶して、最適な清掃パターンで賢く床掃除。水拭きモードは水を噴射しながら進むので、床のベタつきやこびりついた汚れもスッキリ拭き取ります。充電が切れそうになったら、自動でホームに戻り、充電後お掃除に再出発!

購入前の「おためし2週間コース」はおススメ! 賢いルンバは家事の〝頭数〟になると確信できました

復職の最大の課題は、育休中は主に私がしていた家事分担。夫は平日の帰りが遅く、夫婦でシェアして共に疲れるより、頼り先を増やすほうが長い目で見たら得策と考えました。とはいえ、高価な買い物。2週間試したことで、我が家に合うと確信をもって導入できそうです。その働きっぷりに敬意をこめた愛称「ルンバさん」のお陰で、私たちは代わりのきかない〝親業〟を優先。それでも自分で掃除する以上にサラサラでキレイな床が毎日続き快適です。

自宅で体験できるロボットスマートプラン+の
「おためし2週間コース」

> 今すぐチェック

\第二子出産・申真衣さんが体験!/

\VERYライター高橋志津奈さんが体験!/

\カメラマン花盛友里さんが体験!/

お問合せ先/アイロボットセンター
0120-046-669 9:30~17:30(年末年始を除く)
https://www.irobot-jp.com

撮影/有馬秀星〈MOUSTACHE〉 取材・文/栗生果奈 デザイン/橋本綾子
この記事もおすすめ

FEATURE