VERY October 2022

VERY

October 2022

2022年9月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

大人のLINEお作法【他人の陰口編】

連絡ツールNo.1、気軽だからこそ、うっかりも多くなるLINE。どんなコミュニケーションにもトラブルはつきものですが、視覚化された文字や写真の受け止め方は、言葉以上に誤解を生みがち。
今回は、スルーもできないし、かといって返事にも困る「陰口」です。

同意の痕跡は残せない、でも……
スルーもできない陰口

2018/05/07e01fd4426cc3b73b9a0e336a46c153.png

同意は絶対回避。
相手の後ろめたさまで
考慮してこそプロ回答!

「肩を持たず、対立もしない」返答がベスト。あくまで「気づかなかった」という体で進めましょう。「私はそう思わなかったけど」とバッサリ言ってしまうと、当人も「あっ……私悪口言っちゃった」と後ろめたい気持ちになり変な空気に。例えば「私は気づかなかったなぁ。◯◯さん、センス良いから☺」のように、核心はかわしながら、相手を少しだけ優位に立たせてあげると良いですね。

ちなみに、
これがパーフェクトアンサー!

2018/05/c12b6adde4d037b8ec9fa3e62b65e9da.jpg
悪口は、とにかく同意せずに「かわす」。風邪の話題は、かわしつつ「寄り添う」。スクショされたら終わりなので、痕跡は残さないように注意! お金のことなど返答が困るときは「同意できない」ことをはっきり伝えてOK。でも、その方法として「美味しそう!(+)でも贅沢だなあ。(-)ありがとう。(+)」のように、「+ - +のサンドイッチ」が効果的だとか。

 

◉教えてくださった人

臨床心理士・山名裕子先生

東京・青山にある「やまなmental care office」代表。人間関係やストレスケア、とくに女性心理学やコミュニケーション心理学を得意分野とする。著書に『読むと心がラクになる めんどくさい女子の説明書』(サンマーク出版)がある。

イラスト/本田佳世 取材・文/藤井そのこ 編集/磯野文子

※VERY 2018年5月号「思わぬことが、相手をざわつかせてる!? LINE &インスタのお作法に気を付けて!」より。

※掲載中の情報は紙面掲載時のものです。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

October 2022

October 2022

2022年9月7日発売

890円(税込)