VERY August 2021

VERY

August 2021

2021年7月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【素敵な人のおうちグリーン拝見】「北欧、暮らしの道具店」佐藤友子さんの植物との暮らし方

お花やグリーンのある生活を楽しむ家庭が増える 一方で、初心者は何から始めれば? という声も。そこで、おうちグリーンを素敵に取り入れている方々のアイデアをご紹介します。今回は、「北欧、暮らしの道具店」店長の佐藤友子さんのアイデアです。

 

▶︎こちらの記事も読まれています

VERYスタッフも愛用の都内の素敵なお花屋さん5選


「北欧、暮らしの道具店」店長
佐藤友子さんに聞く

おうちグリーン、はじめの一歩

グリーンがイキイキしていると私も元気いっぱいに。逆もまた然り。私自身の元気のバロメーターになっています。

こんな今こそ、植物を
通じて大切な人との
繋がりを感じます

昔、学校から帰ると植物が大好きな母の「おかえり〜」は、いつもベランダから。母は植物を育てるのがとても上手な“グリーンフィンガー”の持ち主。今も実家の庭は、見事なハーブ園です。そんな母は元気で暮らしていますが、コロナ禍で中々会いにいけない今、植物をいじっていると、まるで母と近くで話している気分に。癒されるだけではなく、大切な人と繋がっていることを思い出させてくれる植物のパワーは、本当にすごいなと実感します。

 

▼一番古株のグリーンに見守られた読書コーナー

店を作ったときに購入した13年目の観葉植物、ウンベラータ。その横には、大好きな読書コーナーを。今はゲームをする息子に占領されてしまっています…。

 

▼ムスカリの季節になるとワクワクが止まらない♪

春が近づくと1年に一度必ず購入するムスカリ。鮮やかな青紫色と香りにキュンとしっぱなし。

 

▼ドライフラワーにして長くお花を楽しみます

ダイニングの棚の上には、生花コーナーを作って毎週お花を飾っています。週替わりでコンセプトを決めて、お花の色を考えたりして楽しみます。

 

▼引っ越しのたびに連れてきた思い出のグリーンコーナー

窓際のグリーンコーナーには、3度の引っ越しのたびに連れてきたグリーン達とニューフェイスが仲良く並んでいます。右奥のドラセナは、息子が生まれたときからのお付き合いです。

 

▼癒し効果絶大な仕事部屋のグリーン

リモート会議がメインの今、グリーンやお花、カゴなど自分の好きなものが背景に写っていると、先方に自分のことをすぐに分かってもらえるし、お相手も気分良く会議ができるかなと思っています。

 

▼色とりどりのルーフバルコニーを目指して

ベランダガーデニング初心者ですが、昨冬から大好きなビオラやパンジーなどを買い足してはプランターに植えています。

教えてくれたのは…

「北欧、暮らしの道具店」店長
佐藤友子さん

インスタ109万人のフォロワー数を誇る「北欧、暮らしの道具店」店長。佐藤家でも撮影された初のオリジナル劇場映画『青葉家のテーブル』2021年公開予定。
@hokuoh_kurashi HP:hokuohkurashi.com

 

▶︎あわせて読みたい

内田恭子さん「普段から花に親しんだ生活をしています」

インテリアが素敵な人はフラワーベースにもこだわってる~お花をオシャレに飾りたい②

撮影/須藤敬一 取材・文/Viktoriya 編集/太田彩子

 

*VERY2021年4月号「おうちグリーン、はじめの一歩」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

この記事もおすすめ

FEATURE