VERY December 2020
VERY NAVY

VERY

December 2020

2020年11月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

申真衣さん「実は産後は毎日1人で泣いていました」

2019年10月号のVERY本誌に掲載された企画『出産前の友だちよりも心配な「友だちの夫」に贈る100の言葉』が一冊の書籍に。ありそうでなかった“ママになる妻のトリセツ”が子育て世代から大反響! 今回から5回に渡って、VERYモデルたちの読書感想を公開します。ラストは、“シンマイ”こと申 真衣さんです!

 

申 真衣さんが気になった言葉は…

産後すぐ、ママは
ホルモンの関係で一時的に
情緒不安定になるよ。
優しく受け止めて。

実は産後は毎日1人で泣いていました。
夫婦関係が難しくなる時期は
産後一時的にみんなに訪れること
と理解しているだけで楽になれるはず

産後すぐが夫の仕事が忙しい時期と重なり、1人で育児をする私と夫との間にすれ違いが生まれました。帰宅した夫に大変さを伝えたくても仕事で疲れている夫にとっては理解が難しかったよう。対等だったはずの関係が崩れ、話も噛み合わなくなり、ホルモンの影響も重なり訳もなく悲しくて毎日泣いていました。「8時に帰宅する」と言ったのに帰ってこなかっただけで泣いたり…。その後、夫が3週間の育休を取ってからは育児の悩みもシェアできるようになり、私が復職してからは“どう回していくか”という課題に対して協力し合う対等な関係に戻れました。子どもが生まれるのは幸せなことでも皮肉なことに夫婦の関係は一時的に難しくなる。その事実を2人で共有しておくだけで変わると思います。

■申 真衣さん
1984年生まれ。東京大学卒業後、外資系証券会社を経てベンチャー企業の取締役に就いたワーキングマザー。2016年長女を出産。誌面初登場から1年でVERYモデルに。現在第2子妊娠中。

 

あなたが気になる言葉はどれ?

 

私たちの#出産前の友だちよりも心配な

友だちの夫に贈る100の言葉

本誌掲載分に追加し総勢300人の先輩ママの生の声を収集。産婦人科医・宋 美玄先生、男性学の権威・田中 俊之先生、NPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんなどコラムも大充実。帯には巻頭連載でおなじみのSHELLYさんの姿も! ¥1,200(光文社)

\こちらから買えます!/

 

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Companyヘア・メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY 取材・文/増田奈津子 編集/羽城麻子
*VERY2020年9月号「あなたが木になる言葉はどれ? ただ今好評発売中!私たちの#出産前の友だちよりも心配な友だちの夫に贈る100の言葉」より。

FEATURE

この記事もおすすめ