VERY STORE
VERY June/July 2020
VERY NAVY

VERY

June/July 2020

2020年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【3歳4歳5歳】リモートワークを救う!子どもが夢中になる遊び&お勉強

「子どもが家にいてのリモートワークって正直仕事にならないです!」の切実な悲鳴が聞かれますが、少しでも子どもが集中してくれることはないかとチームVERYに総力取材。「これは効果あり!」というものを年齢別で更新していきます。リモートママのお助けになれますように!

 

延長保育まであって誰でも無料で参加できる!
ベネッセのオンライン幼稚園

見逃し配信もありますが、少しでも規則正しく過ごしてほしいという思いもあり毎朝10時から参加しています。YouTubeよりも親の罪悪感が軽減されるのもいい(笑)。タオルで動物制作など楽しそうに遊んでいます。延長保育では実験と英語など内容も盛りだくさん。これを始めてから前より仕事が捗るようになりました。(吉田祐子さんアパレル勤務・ 1歳女の子、4歳男の子ママ)

 

ピースが大きいので3歳でも挑戦しやすい
海外ブランド「crocodile creek」のパズル

ピースが大きいのでパズル初めにもちょうどいいです。3歳の娘は24ピースは1人でクリア、今は36ピースに挑戦中です。柄が面白いので子どもも興味津々。単語と絵をつなぎ合わせるパズルなど、楽しんで覚えられる様子です。海外で購入しましたが、楽天でも購入可能です。(座間温子さんPR・3歳女の子ママ)

 

いろいろな遊び方ができて飽きない
図形キューブ積み木

WEB会議の時はもれなくタブレット頼みですが、それ以外でハマってるのは知育おもちゃのキューブ型積み木。シンプルなぶんごっこ遊びから積み木遊びまでいろんな遊び方ができます。姉もよく遊んでいましたが今は3歳4歳の妹チームがブーム。我が家で長生きしているおもちゃの一つです。(荻野綾子さん広告系勤務、3歳4歳8歳女の子ママ)

 

天板つきなのでボールがなくならずイライラしない
ベリーくんのきのみやさん

マグネットがついた棒で木の実を運ぶボードゲーム。付属の絵本に沿ったお話になっているのである程度の時間遊べます。パズルや塗り絵はあまりはまらないのですが、これはヒット。ボードの上が塞がっているので、パーツがなくならず「ママー」と呼ばれる頻度が少ないのも仕事中に助かります。(ライター栗生果奈・3歳8歳女の子ママ)

 

「塗る」だけじゃなく「切る」「貼る」も楽しめる
幼児教室こぐま会のこうさくぬりえ

工作ぬりえなので、ハサミの使い方の練習にもなります。楽しいようでやる気満々。毎日午前中に取り組んでくれるので助かります。完成品は壁に貼り付け。いくらでもだらけられちゃう今、達成感があるので親子で満たされています(笑)。こぐま会に通っていなくてもオンラインで購入可能です。(ライター北山えいみさん・1歳4歳男の子ママ)

 

小学校受験を予定してなくても楽しめる内容
幼児教室監修の問題集アプリ「できましたっち」

有名幼児教室のジャックのiPad専用アプリが最近できたと聞き入れてみました。ペーパー問題集ですが難しすぎない内容なので4歳でもできて楽しいようです。約200問までは無料で、追加しようとすると、1カテゴリー7500円!でも、本人も楽しんでやっているので買ってしまいそう(汗)。(S.Hさん出版社勤務2歳・4歳女の子ママ)

 

¥3,000以下のお手頃価格も魅力的
ダンボールハウス

楽天で買ったダンポールのおうちは組み立ても簡単で、シールやお絵かきし放題。中に入れば子どものプライベートスペースになるので秘密基地のようにしてこもって遊んでいます。2800円のお手頃価格と、ボロボロになったら普通ゴミで捨てられる気軽さも助かります。(小倉彩乃さん出版社勤務・3歳女の子ママ)

 

ドールハウスになる大型立体絵本
メイシーちゃんのあたらしいおうち

1人で物語を考えられるようになり、ごっこ遊びにはまっています。1年くらい前に買った立体絵本の「メイシーちゃんのあたらしいおうち」が3歳の今ヒット。ドールハウスになるので1人で空想を膨らませ2、30分くらい集中して遊んでくれます。絵本なのでたたんでしまえるのも便利。(佐藤果林さんPR・3歳女の子ママ)

 

他に、こんなアイデアも!

 

集中したいときの救世主!
おばあちゃんとテレビ電話

夫もリモートワークなので2人ともが集中したい時は、実家の母と1時間くらいテレビ電話をしてもらいます。パソコンを並べて3人で同じ机でやっているので自分も仕事してる気分になってるのかもしれません(笑)。(VERYモデル申 真衣さん・3歳女の子ママ)

 

取材・文/栗生果奈 取材協力/夏 ゆかり

 

FEATURE

この記事もおすすめ