VERY STORE
VERY September 2020

VERY

September 2020

2020年8月6日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

お外遊びができない今だから! GWに“ベランダ時間”を充実させる4つの方法

子どもがテレビやタブレットを見ている時間が長くなって困っているママパパ必見!今、注目を集めているのがガラスを隔てたアウトドア=ベランダでの過ごし方。「テレビに飽きた子どもが大喜び」「夫婦でベランダ改造に熱中! 」と、すでに実践している読者は親子でベランダ時間を大満喫。GW中のやりたいことリストに追加してみて。

1. 朝食やランチ、BBQまで……【ベランピング】は絶対やっておきたい!

「ベランダにレジャーシート敷いて、いちごサンドやパンケーキなどカフェっぽいお昼ごはんやおやつを食べて気分転換。最近は公園で使っていたテントを張って親子3人でキャンプ気分を楽しんでいます! 」(工藤綾紗子さん・育休中/31歳・息子1歳)。
「ウッドパネルを敷き詰めて居心地を良くしました。テーブル等も用意して朝食と読書はベランダ、が定番に。ガーデニングも楽しんでいます」(小川由理さん・プレス/31歳・息子9歳、娘7歳)。
他にも「外食できない分、バルコニーでテイクアウトを広げたりBBQをして楽しんでいます」「GWはキャンプ用のテーブルセットを出してテラスランチをする予定」など、手持ちのキャンプグッズを活用してベランピングが大ブームに!

 

 

2. 【ベランダ菜園】で水やりがモーニングルーティンに !

「夫婦ともに在宅になり家にいる時間が増えたので、ベランダでプチトマトと大葉とクレマチスを育て始めました。植物を育てるのは初めてなので、息子も毎日『まだトマト出てこないの』と興味津々。私が「水あげた?」と聞くと焦って「まだだった!」といって、すぐ水を汲みにいくなど責任感を見せてくれます」(三輪友加里さん・商社勤務/32歳・息子2歳11ヶ月)。
他にも、「ベランダガーデニングを始めて、毎日子どもが水やりをしてくれています」「ベランダで家庭菜園を始めてから毎朝、『葉っぱさんにお水あげる』と楽しんでいます。ルッコラやバジル、パセリなど食卓でも出番の多いものにしたので、食事の前に摘むのも楽しいようです」と、新たなモーニングルーティンとしてペースが乱れがちな生活のメリハリにも一役買っているとの声も!

 

3. ベランダは我が家の公園! アイデア勝負でなんとかお外遊び気分に

「運動不足解消のためトランポリンを投入(楽天で6千円くらいでした)。まだ1人だとすぐに辞めてしまいますが、パパママと一緒だと熱中! 最近はキックボード、ストライダーなんでもベランダに持ち込んでいます」(中川珠里さん 主婦/32歳・息子2歳)。
「トランポリンをベランダに。シャボン玉を敵に見立ててパンチして倒しながらシャンプする運動がブームです」「Amazonで購入した散らからない砂・キネティックサンドでベランダ砂場を開設」「虫が大好きな息子。いらなくなったハンカチを小さくカットして上の方からヒラヒラ飛ばしてあげると蝶々のように見えて、虫取りあみでキャッチするという遊びに熱中」「ピンチハンガーにイチゴを挟んで、なんちゃっていちご狩り。キャンディーやチョコレート、お煎餅なども挟んでおやつtimeがパン食い競争化してます」と、限りあるスペースで最大限アクティブに楽しむために親子でアイデア勝負!

 

4. 旅行に行けなくても、プールやフロートでリゾート気分を満喫

「海やプールで使っていた大きなサボテンフロートを膨らませてなんちゃってリゾート気分に。割り箸と紐とクリップで竿を作って、クリップを刺したフルーツやトマトを釣る食べ物釣り堀をお庭で開催。食べ物で遊んではいけないよ、と伝えた上で今の時期に少しでも明るく楽しめることをしています」(高木希依さん 主婦/32歳・息子4歳、2歳)。
「自立するハンモックをベランダに出してハワイアン・ミュージックをかけて親子でゴロゴロ。目をつぶればハワイにいる気分に」「お腹を壊さないように水位をかなり下げてプール開き。子どもも大喜びで、はしゃぎ疲れて寝てくれるので夫婦でひと休みする時間もできて一石二鳥」と、ベランダで水際アイテムを活用して旅行に行けないGWでも非日常感を演出していました。
いかがでしたか。#ベランダ時間 を楽しむアイデアは見つかりましたか。StayHomeで素敵なGWを!

FEATURE

この記事もおすすめ