VERY August 2024

VERY

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【小学校入学前準備品リスト】いつ買うのが正解?VERY的おすすめアイテムも


撮影/須藤敬一

小学校入学を目前に控える子どもがいるご家庭では、筆箱や体操着袋など、毎日の学校生活に使うアイテムの準備を進める時季。「何が必要なの?」「どんなものがいいの?」と悩む人は多いのではないでしょうか。小学校で使うアイテムあれこれの解説と、VERY的おすすめをピックアップします!

小学校の入学準備アイテム購入はいつからスタート?

 

ランドセルはGWがピーク!さらなる早期化も


撮影/須藤敬一 

子どもウケ抜群の鮮やかなカラーから、ママがおすすめしたいシックなカラーまで揃う多彩な色バリエで人気の土屋鞄や、パステル好きの女の子のハートを掴んで離さないgriroseなどの人気は継続中。ラン活のピークはGWですが、2月のバレンタインくらいから注文受付が開始となることから、最近は2月の段階で決めてしまう人も増えています。

気になる“ラン活”スケジュールについて詳しくは

▶︎早くもスタート!【2025年入学】ランドセル選びカレンダー

文房具や通学用品は学校説明会で資料をもらってから

筆箱や鉛筆、防災頭巾や上履きの購入は、説明会で資料をもらってからにしましょう。学校からサイズやメーカー、数量の指定があることが多いので、早めに買ってしまうと使用できない可能性があるためです。また、記名にも位置やひらがな表記など決まりがあるケースが多いので、購入後の名前付けも説明を待ってからにするのが安心です。

 

入学式の服は1月〜3月の間に

主に1月中旬に出揃うキッズの卒入園服。王道ブランドからはもちろん、セレクトショップやコスパブランドからも出ているので、リサーチしてみて。式典ということで、ついついかしこまった雰囲気を重視してしまいがちですが、動きたい盛りの子どもたちなので、靴は履き慣れたスニーカーでソールまでオールブラックのものにしてみる、など動きやすさも考えて選ぶのがポイントです。

 

小学校入学の前に準備するものリスト(文具編)

 

筆箱

初めて小学校で使う筆箱は、箱型で蓋がマグネットタイプのものが大半。鉛筆をキャップなしでしまえる仕切りなども付いて、自分で整理整頓しやすいためです。キャラクターが描かれた筆箱はNGな学校が多いので、無地のシンプルなものが主流です。

 

コンパクトふでいれヨコピタ

コンパクトふで入れヨコピタ
コンパクトふで入れヨコピタ
コンパクトふで入れヨコピタ

カラバリ豊富でお気に入りのカラーが必ず見つかるマグネットタイプの筆箱。15cm定規や三角定規、分度器まで入る収納力で、教科書やiPadでランドセルがいっぱいの日も、隙間に横向きに入れられるコンパクトさを兼ね備えています。
コンパクトふでいれヨコピタ スタンダード 全7色 ¥1,870(サンスター文具)

 

鉛筆

小学1年生が使うのに適しているのは、一般的には2BまたはBと言われています。2BやBの鉛筆は芯が柔らかいため、まだ鉛筆書きに慣れていない1年生でもなめらかに文字を書くことができます。鉛筆も硬度の指定や絵柄があるもの禁止など、学校によって決まりがあることも。はじめは指定された硬度の中から無地の好きな色のものから選ぶのが良いでしょう。

トンボのippo!

3色が4本ずつ入った12本入りの書き方鉛筆。無地でシンプルなデザインながら筆箱の中がカラフルになるので子どもが喜びそう。
イッポ かきかたえんぴつ 12本入り ¥792(トンボ鉛筆)

 

uni Palette

三菱鉛筆のユニパレット
三菱鉛筆のユニパレット

カラーバリエが豊富な鉛筆。18色から選べるので、好きな色で楽しく勉強ができそう。
ユニ パレット ダース箱 6角 12本入り¥792(三菱鉛筆)

 

鉛筆削り

毎日の学習の準備として、前の夜に筆箱の中の鉛筆を削っておくことを早めに習慣づけたいところ。子どもが自分で使いやすく、インテリアになじむものだと親子ともに満足ですよね。

エンゼル5プレミアム3

エンゼル5プレミアム3
エンゼル5プレミアム3
エンゼル5プレミアム3
エンゼル5プレミアム3

子どもに好きなカラーを選ばせてあげつつオシャレさも担保されている、ニュアンスカラーとシルバーの組み合わせの鉛筆削り。特殊鋼で造られた日本製の刃は切れ味が良く、子どもの力でも簡単に削り上がります。六角だけでなく、三角や四角、丸型の鉛筆も削れます。
エンゼル5プレミアム3 各¥3,300(カール事務器)

 

そのほか

ノートは教科ごとに決まったものが学校で配られる場合がありますが、以下の用品は各自揃えることが多そうです。なお、私立小は以下の文房具も学校指定となるケースが多いです。

  • 消しゴム
  • 定規
  • のり
  • ハサミ
  • 色鉛筆

など

 

小学校入学の前に準備するものリスト(アイテム編)

 

給食ランチョンマット用巾着・上履き袋・体操着入れ

小学校では給食のランチョンマット、上履き、体操着と、さまざまなサイズのものを入れる“袋”が必要になります。同じ柄で揃えると統一感が出るので、セットで探すのがおすすめ。

grirose(グリローズ)

マルチポーチ スプリングガーデン
シューズバッグ スプリングガーデン
マルチバッグ スプリングガーデン

くすみカラーとプリントの組み合わせが上品なgriroseなら、ママも子どもも満足。シューズバッグは約25cmの上履きまで入るから、高学年まで使えます。
マルチポーチ スプリングガーデン¥4,400シューズバッグ スプリングガーデン¥5,500 マルチバッグ スプリングガーデン¥5,500(すべてグリローズ)

 

MARLMARL(マールマール)

マールマールのスクールグッズ

MARLMARLではセミオーダーで入学グッズを揃えられるサービスが!既製アイテムでありながらも、指定のサイズにも対応可能なんです。洗練されたニュアンスカラーや柄の生地にネームの刺繍までできて、オンリーワンで特別感たっぷりの新生活準備ができそう。
バックパック ¥3,850 シューズバッグ Sサイズ/¥3,850 マグポーチ ¥2,200(すべてマールマール)

 

de suite(デスイート)

de suiteの入園入学セット
de suiteの入園入学セット
de suiteの入園入学セット
de suiteの入園入学セット
de suiteの入園入学セット

豊富な柄のバリエーションがある入園入学5点セットは、オックス生地とキルティング生地を使用し、丁寧な国内縫製で、物の扱いが雑になりがちな低学年男子にもうれしい耐久性とコスパ。動物や乗り物、宇宙などお気に入りの柄が見つかりそう。
入園入学5点セット¥10,980(すべてデスイート)

 

レッスンバッグ

通学で荷物が多い時や、移動教室時など幅広い場面で活躍するレッスンバッグも、準備品としてリストアップされるアイテム。横長でA4サイズのものが一般的ですが、大きさに指定がある学校も。

防災頭巾カバー

学校の椅子に取り付ける防災頭巾にかけておくカバーですが、私立は指定のものが用意されていたり、公立では一人1個のヘルメットを完備して防災頭巾は必要のない学校があったりとまちまちです。全員がマストで用意するものとは言い切れないため、入学前説明会で確認を。

 

LAURA ASHLEY(ローラ アシュレイ)

Stamps(Navy)
Ena's Garden
Lisette

背もたれタイプと座ぶとんタイプの2way仕様となっており、椅子の背もたれ幅があって取り付けられない場合は座ぶとんカバーとして使えます。面ファスナーでしっかり固定され、掃除の時間などに椅子を逆さまにして机の上に上げても落ちてくる心配なし。取っ手付きで、専科などで教室を移動するときも持ち運びが簡単です。
LAURA ASHLEY 防災頭巾カバー スタンダード 各3,750円(すべてカラフル キャンディ スタイル)

 

上履き、体育館シューズ

私立小では上履き、体育館シューズともに指定が多いです。公立小でも最近は教室内も土足で過ごす学校があったりして、用意する必要がない可能性も。また、上履きと体育館シューズを兼用にしている学校では、一般的な上履きよりしっかりしたものが指定されることがあります。毎日使う消耗品かつサイズアウトが早いアイテムなので、コスパよくシンプルなものを選ぶのが良さそう。

 

そのほか

各自用意するのか、指定の店舗で買うのかなど説明会で聞いてから用意するのがベターなのが以下のアイテムです。

  • お道具箱
  • 体育着
  • 雑巾
  • 雨具

 

購入しなくていいことが多いもの

通学帽

最近は通学帽がない学校や、真夏の日射病対策には好きなキャップを被ってきて良かったりと、購入しなくていい傾向に。

 

名札

防犯上、名札をつけたまま下校してしまうことを避けるため使われないか、「つけるのは校内のみ」という学校が多数。

 

防犯ブザー

実際に鳴らす機会がなくても、ランドセルから下げているだけで不審者を寄せ付けない抑止力になるのが、防犯ブザー。入学時に1つずつ配られる学校があるため、説明会で確認してから購入を。個別に用意する場合は、子どもが扱いやすいものを選んで一つ持っておくと安心です。

 

すぐには購入しないが、後から学校から案内が来るもの

体育や図工、音楽などの専科で使うアイテムは、入学後すぐに必要になることはなく、学校に慣れ、各教科で使う時期になったらお知らせが来ることが多いので入学前の準備は不要です。しかし、算数セットは、入学後比較的早く購入案内が来ます。おはじきや数え棒、カードなど小さいパーツへのシール貼りはピンセットを使っての細かい作業となり、数もとても多いので、算数セットのメーカーがわかったら、対応する算数セット用のお名前シールを注文しておくのがおすすめ。ネットで購入できるため、早めにオーダーしておくと、記名に慌てないで済みそう。

  • 算数セット
  • プールアイテム(水着、帽子、ラッシュガード)
  • 図工アイテム(絵の具セット、彫刻刀)
  • 楽器(鍵盤ハーモニカ、リコーダー)
  • 習字セット ※中学年〜
  • 裁縫セット ※高学年〜

 

あると便利なアイテム

ランドセル対応のレインコート

グリローズのフリルレインコート
グリローズのフリルレインコート

背中のリボンとアジャスター用のボタンを外せば、ランドセルをすっぽり覆えるgriroseのレインコートは、甘すぎないローズグレーと、お行儀良く使えるネイビーの2色展開。フードは取り外し可能で、レインコートを収納するミニバッグ付きです。
フリルレインコート各¥7,700 [サイズ:120、カラー:ローズグレー、ネイビー](ともにグリローズ)

▶︎ ランドセルの上から着られる「レインコート」は【入学祝い】にも より

 

お名前シール

クーピーやクレヨン、絵の具、鉛筆など数の多いものや、靴下やハンカチなど油性ペンで名前を書きにくいものは、お名前シールに頼ったほうが時短でキレイに仕上がります。シールは耐水性のものが傘や水筒にも使えるため汎用性が高くなります。靴下やハンカチには、アイロンでつけるフロッキータイプがおすすめです。

焦らず、様子を見て徐々に揃えていきましょう

入学前にすべてをパーフェクトに揃えておかなくちゃ!と焦ってしまいがちですが、入学してすぐはランドセル、教科書、筆箱くらいしか使わないもの。給食もすぐには始まらないので、忙しい時期に無理に用意しなくても大丈夫です。ネットですぐに買えるものも多いので、急いで必要のないものを買ったりしないよう、説明会や先輩ママの話を聞いて、楽しく準備を進めていきたいですね。

 

取材・文/与名本夏愛

*掲載中の情報は公開時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*本記事の情報の一部は、過去誌面や過去記事を再編集したものです。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

August 2024

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)