VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【子どもの作品】“飾る前提”なら増えても悩まない!オシャレに残すコツ4選

上手にハサミを使えたとき、幼稚園で作った作品を嬉しそうに見せてくれたとき……。そんな〝子どもの初めて〟の感動をきちんと残しておけるように、インテリアを邪魔しない「飾る」アイデアをVERY webのおうち遊びコラムでおなじみの井出武尊さんに伺いました!

「#VERY子ども遊び研究所」井出武尊さんの場合

残すものは割り切って厳選!
家での制作は〝飾る前提〟で工夫を

娘が家で絵を描くときは、飾る前提でキャンバスや木の板に。子どもは集中力が続かないから、ひとつの絵を何カ月もかけて描き足しています。重ねて描くと、意外にどれもサマになるんです。僕の場合、子どもの作品をファイルに入れても見返さないので、台紙に貼ったり額装したりと、保管するものはいつでも飾れる状態に。初めての作品は愛着があるけれど、徐々に思い出の選定もこなれてくるので、最近の作品はどんどん厳選しています。

井出武尊さん
(クリエイティブディレクター/遊びの実践者)

6歳女の子のパパ。15年以上にわたり子どもの遊具や遊び場のデザインを手がける。VERY webでおうち遊びコラムを執筆。

おうち作品は、飾る前提!
キャンバスや木の板を活用

リビングに入ると目に飛び込む、A0サイズのキャンバスに娘の七緒ちゃんが描いた作品。

紙だとすぐに縒れちゃうけれど、キャンバスなら保存しやすく、立てかけるだけでアートに。

小さな作品はいくつか組み合わせたり、インテリアと融合させることでおしゃれな空間を演出。

「描き足し方式」なら
むやみに増えない

大きなキャンバスに1年かけて描き足していくことも。重ね塗りには、不透明で速乾性のあるターナーのアクリル絵の具がおすすめ。キャンバスはフライング タイガーなどで購入&常備。

2・3歳期、「初めて」の作品は
額装してインテリアに

初めてハサミを握ったときの情景を大切にしたいから、切りくずも台紙に貼り、作品として保管。

お絵描き作品は、
ラッピングにアレンジ

お絵描きをした紙を使ってプレゼントを包めば、立派なラッピング用紙に。祖父母への贈り物に使うと喜ばれること間違いなし。オンラインのお買物も増えたから、子どもの作品を活用してみては?

髙萩家の場合

娘の油絵作品と
アートを一緒に飾る

家にあるアートコーナーは、季節に合わせて模様替え。色味の統一を意識し、娘の作品とアートを組み合わせて飾っています!(髙萩里奈さん)

撮影/花村謙太朗 取材・文/はなむらあや 編集/太田彩子
*VERY2023年2月号「どうしてる? 子ども作品の「飾る」と「しまう」」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)