VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

青山祐子さん「世界をリードできる大人に育て!『Curioo』の挑戦」

新型コロナの勢いが収束しない中、東京オリンピックが始まりました。

犠牲者へ黙祷、コロナ禍を戦い続ける姿、平和への祈りを込めた式典は、これまでの華やかな五輪とは違い、客のいないスタジアムに重い空気が漂いました。

そんな中、トーチを掲げた王貞治さん、一歩一歩自力で前へ進む長嶋茂雄さん、恩師を支える松井秀喜さんが聖火をつないだ姿に心打たれました。

王さんも長嶋さんも、大病から復活。

脳梗塞でアテネ五輪を断念した当時の長嶋さんは、「リハビリはしんどい。元気な時のトレーニングの何倍も辛いけど、そこで努力をやめたら終わる。」と語り、自ら掛け声をかけながら、思うように動かない体のリハビリに取り組み続けました。そんな大変な時でも長嶋さんは、同じ施設に通う一人一人に「一緒に頑張りましょう」と明るい笑顔で声をかけていた姿を思い出します。

ここしばらく別の病のため長嶋さんにお会いできず心配でしたが、開会式での嬉しそうな表情に、人には見せない努力があったのだろうと胸が熱くなりました。

子供達には地元でオリンピックを体験させたかったのですが、コロナ規制のため帰国を断念。

無観客だと、テレビから戦う選手達の声がよく響き、緊張感が伝わります。躍動する選手達の活躍が素晴らしく、夢中になって見ています。

やっぱり私はオリンピックが好きだ!

コロナ禍の困難にも屈せず、夢を諦めず努力を続け大舞台に立つ世界206の国と地域の代表選手達。

子供達には、メダル獲得の興奮だけでなく、

様々な地域の代表選手が力を振り絞る姿を見て欲しい。

そして、自分の好きな選手、好きなシーンを見つけ、なぜ好きなのか、そうなるためにはどうしたらいいかを一緒に考えてみる。

そんな味わい方ができればと思っています。

新型コロナの勢いが早く収まることをまず第一に願いつつ、
オリンピック、パラリンピックのために準備してきた選手、関係者の皆さんが無事に力を発揮できますよう見守りたいと思います。

 

 

 

さて、香港は、厳しいコロナ規制の成果で、新型コロナ感染者ゼロの日が50日連続しています。この夏は海外旅行をせず香港で過ごす人が多いので、イベント会場、行楽地、レストランはどこも大混雑。アニメエキスポには何千人もの長蛇の列ができ、真夏の炎天下で3時間待ちとなるほどです。

今回の連載は子育てアイデアをお休みして、

先日、日本テレビの番組でご紹介した

今進行中の教育プロジェクト

『Curioo』(キュリオ)についてです。

子供達が将来世界で活躍するために、世界最先端のインターナショナルスクールの教育内容を取り入れた塾を日本で始めようとしています。

英語とテクノロジーを使って、リーダーシップ、起業家精神、デザインなどを学びます。日本の幼稚園、小学校に通いながら参加できます。

子供達が大人になったとき、今存在する仕事の何割が残っているでしょうか?

AI時代を生き残るためには、今後さらに新たな発想、企画、実行力が必要になってきます。

『Curioo』は、中国、ベトナム、インドネシア、マレーシア、タイの地元の学校に通う子供達に提供が始まったばかりで、高い学費のインターナショナルスクールへ通わなくても、塾ベースで学べます。

例えば、『Curioo』で子供達が学ぶ起業家精神は、独創性、企画、実行、分析、修正など様々な能力を育むことができます。

子供達同士、英語で起業体験をします。

1、アイデアを考える

  「ギターが得意だから教室を開こう」

2、市場調査、ニーズを調べる

  「どんな人たちが、何を求めている?」

  「クラシック?ロック?」

  「他の人はいくら?」

  「どのくらいの値段ならニーズがある?」

3、ビジネスプランを立てる

  「グループ?個別レッスン?オンライン?」

  「レッスンプランは?」

4、宣伝広告のポスターを作る

5、販売

6、戦略の見直し

  「もっと売るには何が必要?」

 

 

子供は発想が自由で、アイデアが豊富です。

英語とテクノロジーはあくまで手段として使い、目的として学ぶわけではありません。

自分の考え、創造性を持つこと。

そして、説得力、プレゼン能力など、コミュニケーション能力をつけ、

リーダーシップを育てるのです。

日本の子供達に輝く未来を切り拓いて欲しい!

来年春、福岡からスタートを目指しています。


この記事もおすすめ

FEATURE