VERY May 2021
VERY NAVY

VERY

May 2021

2021年4月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【プレゼントも】生理を知って周りにも優しく! VERY×ソフィ「VERY Academy」第5弾を配信中

今、ママたちの関心が高まりつつある「性教育」。その一環で、「生理」が話題になることが増えています。VERY世代は、生理を異性家族や他人と話題にすることを避けがちだったという人が多いのではないでしょうか。でも、ここに来て女性の「生理」を女の子、男の子関係なく正しく伝えるという風潮は、とても良いことだと考えるママたちも増えてきました。もう既に始めているご家庭もあれば、まだのご家庭もある過渡期。だからこそ、今、このテーマを話し合ってみたくて、今回は生理用品のパイオニア、ユニ・チャーム株式会社にご協力をいただき、このテーマでお送りすることになりました。

 

アーカイブを公開中!

その様子を少しだけご紹介します!

先日配信された、このVERY Academyのアーカイブはこのページ下方のリンクからご覧いただけますが、今回は、出演ゲストの紹介と当日どんなことが話し合われたのかを少しだけお届けします!

 

優木まおみさん
タレント・VERYモデル
6歳と4歳女の子のママ

「娘たちには〝なんで血が出ているの? 痛いの?〟と聞かれたとき、生理の説明をしています」

優木さんは、娘さんたちにも積極的に生理のことを伝えているそう。「大人になるとこういう期間が1週間ぐらいあること。将来子どもを産むためにとても大切なことであること。いつか娘たちに初潮が来たときはママに教えてね、と伝えています」。

 

りゅうちぇるさん
タレント・アーティスト
2歳男の子のパパ

「僕は男性だから100%は理解できない。だからこそちゃんと知っておきたい」

りゅうちぇるさん自身は3人のお姉さんの存在が大きかったそう。「3人それぞれの生理中の症状が違うから、生理の辛さも人それぞれなのだと知ることができました。息子は今は一人っ子だから、もし生理について質問されたとき、それは知らなくていいことと親が濁したりしないようにしていきたいですね」。

りゅうちぇるさん、フクチさん

 

フクチマミさん
漫画家・イラストレーター
12歳と9歳女の子のママ

「生理を学ぶ場が少ない。大人が正しい知識を得て子どもに伝えれば、子どもは科学的知識として受け止めてくれる」

生理について、自身の親と話すことも抵抗感があったというフクチさん。でも、子どもへの性教育の必要性を感じ、助産師さんを招き、ご近所の親子と一緒に話を聞く機会を設けたそう。「子どもの吸収力はすごくて、真っ直ぐに素直に、体の変化を科学的知識として受け止めてくれる。決していやらしいことではない。親世代もきちんと学び、子どもに話しやすい環境を作っていきたいですね」。

 

長井さん

長井千香子さん
ユニ・チャーム株式会社ソフィ ブランドマネージャー
11歳と6歳男の子のママ

「実は息子たちに生理の話をちゃんとしたことがなかったのですが、リモートワークが良い機会になりました」

生理用品開発に携わって15年の長井さん。そんな長井さんでも、2人の息子さんに生理のことをきちんと話す機会はなかなか見つけられなかった。「昨年リモート会議が多くなり、私がナプキンのことを話しているのを息子たちが聞いていて、これはチャンスだと思って性教育の絵本を買って、息子たちに話しました」。

 

今尾朝子
VERY編集長
6歳女の子のママ

「PMSは200種類以上。女性同士でも分かり合えていないこともある。知ろうとする意識を持ち続けることが大事」

ユニ・チャーム さんが示してくれたデータによると、生理に伴い起こるPMSは200種類を超えるのだそう。「多様であることはなんとなく分かっていても、女性同士でも分かり合えていないことってきっとある。VERY編集部も女性の多い職場ですが、自分が女性だから皆のことが分かっていると決め付けず、色々な症状があることを知る、知ろうとする意識を持ち続けたいですね」

 

最新の生理用品もご紹介しています!
生理を、そして自分の体を考えるきっかけに

今回のアカデミーでは、長井さんは最新の生理用品や生理管理アプリを紹介してくれました。長井さんが入社したときにはなかった商品の数々。「生理用品は年々進化しています。より快適な生活のために、女性に寄り添う商品が増えて来たのが嬉しい」(長井さん)。ゲストの皆さんも各々手に取り、「男性は全然わからない……」とりゅうちぇるさん。女性陣も、シンクロフィットや月経カップに興味津々。「シンクロフィットを考えた人をハグしたい(笑)」とフクチさん。

生理自体をオープンに話すということを避けてきたからなのか、私たちはコスメやサロンの情報交換はするのに、毎月のように使用する生理用品のことを家族、友人と話すことも少なかった気がします。それに個人でも、ナプキン以外は使ったことがなかったり、いつも決まったブランド、見慣れた商品を手に取ってしまいがちで、最新情報へのアップデートってなかなかできないのが現実。でもドラッグストアの棚の前で、少しでも自分に合った生理用品を探してみることも、生理を肯定的にオープンに捉えるきっかけになるのかもしれません。「ただでさえ漏れを心配したり、生理痛があったりで辛いのだから、我慢するのではなく、こういう最新の生理用品を上手に使って、少しでも快適に過ごせたらいいですよね」(優木さん)

 

「生理」のことを知ることがお互いを思いやることの一歩になることを考えるきっかけになったらいいなと思っています。ぜひご覧ください!

フルバージョンはコチラ

ダイジェスト版はコチラ

また、今回、ご覧いただいた上でアンケートにご回答いただいた方々の中から抽選で20名に、「ソフィSPORTS 特に多い昼用羽つき26㎝」などVERY Academyでも登場した最新の生理用品の詰め合わせをプレゼントいたします!

 

〈応募&アンケートはこちらから〉

※当選の連絡は商品の発送をもって代えさせていただきます。
※締め切りは2021年4月2日(金)23:59まで。

 

<衣装協力>

[優木さん分] ジャケット¥83,600(ebure/ebure GINZA SIX店) ブラウス¥30,800(エキップモン/サザビーリーグ) パンツ¥26,400(ティッカ) シューズ¥28,600(ツル バイ マリコ オイカワ) ピアス¥14,300リング¥7,700 3連リング¥13,200(すべてニナ・エ・ジュール/ショールーム 233)

[今尾分] ブラウス¥25,300(エストネーション) パンツ¥13,500(ノーク) シューズ¥51,700(ネブローニ/フラッパーズ) パールリング¥98,780(ステラハリウッド) ピンキーリング/スタイリスト私物

<スタッフ>
スチール撮影/相澤琢磨 スタイリング/曽我一平(りゅうちぇるさん分)、竹村はま子(優木さん、今尾分) ヘア・メーク/山岸恵美(りゅうちぇるさん分)、斉藤 誠(優木さん、今尾分) 取材・文/嶺村真由子 編集/城田繭子

 

お問合わせ先/ユニ・チャーム株式会社
http://unicharm.mailassist.jp/inquiry/

 

応募期間:2021.4.2 23:59まで

FEATURE

この記事もおすすめ