VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

誰も教えてくれない「子どもの”あそこ”、何で洗うのが正解?」

読者さんから「子どものデリケートゾーン用のソープを探しているんですけれど、何がいいか分からなくて…教えてください!」と言われたのがきっかけで、他の読者さんに聞いても気になっている人がちらほら。大人用のデリケートゾーン用ソープは増えているけれど、子どもは何でどうやって洗うのが正解? 専門の先生にお聞きしました。

 

男の子と女の子とでは気をつけるべきことが違う

 

<ドクターに聞きました>

順天堂大学小児外科・小児泌尿生殖外科
非常勤講師 田村 剛先生

 

ソープは何を選べばいい? そもそも変えるべき?

 

洗い方は男の子と女の子で大きく違います。男の子は尿道が長いのでオムツにしているウンチが膀胱に入ることはほとんどありませんが、女の子はウンチが柔らかめや下痢気味だと膀胱に入ることがあり、そこから膀胱炎や腎盂炎になる可能性があります。そういう時は外出先ならぬるま湯で洗い流し、帰ってからソープで洗ってあげてください。

普段、子どものデリケートゾーンを洗うのは体と同じベビーソープで充分です。オーガニックがいいと思われがちですが、肌のバリア機能が弱まっている時に使うとアレルギーを引き起こす要因なることもあるので子どもにはオーガニックではない方がいいです。またこすらずに洗うのが大切なので“泡で出るタイプ”のソープが手軽なうえオススメです。

女の子の洗い方は前から後ろに洗います。毎日一生懸命洗っているママもいますが、毎日洗いすぎもよくありません。女の子の場合、小陰唇の内側に汚れが入っていたら優しく洗うようにしてください。男の子は無理に皮をむかないこと。汚れが溜まりやすいので優しく皮を下げて洗って。洗った後は基本何も塗らなくて大丈夫。カサカサしている子は子供用の保湿剤を薄く塗ってあげてください。3歳くらいからオムツを卒業して、パンツになるとデリケートゾーンのトラブルは減ってきますが、オムツ時期だと蒸れてかぶれたり赤くなることも多いです。蒸れやすい季節は特にこまめにオムツを変えることも必要です。

 

優しく洗えるおススメ”泡で出てくる”ソープ3選

 

 

医師・友利新さん開発。天然由来成分100%で合成界面活性剤を一切使わず洗いすぎない配合バランスを考えたソープ。頭から全身これ1本で。メディスキンベビー ナチュラルベビーソープ¥1,950(メディスキン

 

 

0歳から使える植物性アミノ酸洗浄成分配合。潤いを守り、肌荒れを防ぐのでママにもオススメ。メディベビー 薬用泡フェイス&ボディソープ 460ml ¥2.000 (イシュア)

 

 

皮膚科学の研究に基づき開発されたスキンケアブランド。肌と同じ弱酸性(pH5.5)で天然保湿成分配合。目にしみにくいのも子供がいやらがらず安心です。ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュフォーム ¥1,800(ロート製薬)

 

ナーバスになりすぎるもよくないけれど、ほかの人はどうしているんだろう…とつい気になってしまう子どものデリケートゾーン。ボディの肌と同じくまだ刺激に弱かったりもするので、優しくケアしてあげたいですよね。

 

 

取材・文/立花あゆ 編集/井上智明

この記事もおすすめ

FEATURE