VERY STORE
VERY June/July 2020
VERY NAVY

VERY

June/July 2020

2020年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ケータリングやさんの秘伝レシピ 【Dora The Food】の“エスニックなワンプレートご飯”

 

撮影現場やイベントなどで人気のケータリングやさんのレシピを紹介!今回はフードクリエイターの松島さんが、前菜からメインまでを一皿に盛ったワンプレートご飯を提案。ロゼワインと一緒に楽しみたいエスニックメニューがテーマです。

 

 

 

ドラザフード

 

 

少し湿気を帯びた暑さが近づいてきた今、ハーブやスパイスを使ったエスニック風味な料理が気分に。前菜には爽やかな「ミント・春雨・ライムのサラダ」、箸休めに「にんじんとパプリカのクミン和え」、メインは中華風の「油淋鶏 黒酢ライチ添え」、そしてご飯ものは、もち米をブレンドした「しょうがの炊き込みご飯おにぎり」を、1人分ずつワンプレートに盛り合わせて。

 

 

【ミント・春雨・ライムのサラダ】

 

ドラザフード

 

<材料>

春雨……30g

きゅうり……1/2本

くるみ……40g

ミント……適量

(A)   乾燥唐辛子……大さじ1

(A)  ごま油……小さじ1/2

(A)  砂糖……小さじ1/2

(A)  ナンプラー……小さじ1

(A)  ライム汁……小さじ1

(A)  塩……ひとつまみ

 

<作り方>

①鍋にお湯を沸かして、春雨を入れる。菜箸で混ぜ、中火で約2分茹で戻し、しっかり水を切る。

②乾燥唐辛子の種を取り出し、キッチンばさみで輪切りにする。(A)をすべて混ぜ合わせタレを作る。

③きゅうりは長いまま、スライサーでスライスする。

④ ❶、❷、❸をよく和える。

⑤皿に盛り、細かく砕いたくるみ、ミントの葉を飾る。

 

 

【にんじんとパプリカのクミン和え】

 

ドラザフード

 

<材料>

にんじん……1本

パプリカ……1/2個

クミンシード……小さじ1/4

ごま油……大さじ1

レモン汁……大さじ1/2

砂糖……小さじ1/2

ナンプラー……小さじ1/2

塩……3つまみ

 

<作り方>

①にんじんはスライサーで薄く、パプリカも薄切りにする。

②ごま油をフライパンで熱し、クミンシードを入れ香りを出す。

③にんじんを加え、火が通ったらパプリカを入れて炒める。生の食感が残るくらいが目安。

④砂糖、塩を入れ混ぜる。全体に行き渡ったら、ナンプラー、レモン汁を入れ和える。

⑤火を止め、余熱で置いておく。

 

 

【油淋鶏 黒酢ライチ添え】

 

ドラザフード

 

〈材料〉

鶏モモ肉……250g

アーリーレッド(もしくは普通の玉ねぎ)……1/4個

ライチ……6個

片栗粉……適量

(A) にんにくのすりおろし……小さじ1/2

(A)しょうがのすりおろし……小さじ1/2

(A)酒……大さじ2

(A)砂糖……小さじ1/4

(A)塩……1/4

 

(B)しょうゆ……大さじ1

(B)黒酢……大さじ1

(B)砂糖……小さじ1

(B)ごま油……大さじ2

 

<作り方>

①鶏モモ肉を食べやすい大きさに切り、ビニール袋に入れて(A)をよく揉み込み、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

②アーリーレッドは薄くスライスし、ライチは皮をむく。

③Bの調味料をよく混ぜ、②を加え、和える。1時間以上漬け込む。

④ ❶に片栗粉をつけ、170℃の油で揚げる。

⑤ 揚がった❹を❸に入れ、全体に味が行き渡るように和える。

 

 

【しょうがの炊き込みご飯おにぎり】

 

ドラザフード

 

<材料>

米……1.5合

もち米……0.5合

しょうが……1かけ

塩……小さじ1

酒……大さじ1

 

<作り方>

①米、もち米を研ぎ、1時間ほど浸水させる。

② ❶を炊飯器に入れ、塩と千切りにしたしょうがを米に混ぜる。2合分炊く規程の水量より大さじ1/2少なくし、炊く。炊き上がったら酒を振りかけ、全体に混ぜる。

③温かいうちにおにぎりにする。

 

 

フードクリエイター松島由恵

ケータリング「Dora The Food」主宰。雑誌へのレシピ提案、スタイリング、展示会や撮影現場へのケータリングをはじめ、さまざまな分野で活躍。色鮮やかで斬新な料理が心を掴み、撮影現場での女優やモデルからの指名も多い。この仕事に携わる前は建築士という経歴を持つ。

HP:http://www.dorathefood.com/food.htm

Instagram:yoshie_matsushima

 

 

 

 

 

 

撮影/在本彌生 取材/藤井そのこ

FEATURE

この記事もおすすめ