VERY STORE
VERY August 2020

VERY

August 2020

2020年7月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ぐっち夫婦の「悩みごとなんて、料理で解決できる!」①パパの”はじめてのお昼ごはん”

インスタフォロワー数が40万人を超える仲良し夫婦のお料理ユニット  @gucci_fuufu が、VERY読者の日々の料理のお悩みを”ゆるっと”解決してくれる新連載がスタートです! 第1回は在宅勤務で家にいるパパへの密かな不満を聞きつけて…

食欲をそそるメニューとゆるい空気感で見てると幸せな気分になってくる料理動画が話題の料理家夫婦。ご飯がススム一品料理が得意なTatsuyaさんと、栄養士でもありサラダや副菜の引き出しが多いSHINOさん。インスタフォロワー数は40万人を突破。

 

VERY読者から日々聞こえてくる、お料理の悩みごと。献立のこと、子どもの好き嫌いのこと、時間がないこと、見栄えがいまいちなこと…食卓は家族の象徴です。家にいる時間がすっかり増えた、今は特に「食べること」について今までよりきちんと向き合うことが増えたように思います。そして、ママにとっては「1日3食×家族の人数」を無限ループで作り続けることにいい加減疲れてきたころ。そんなときにきっと役立つ記事を毎回”ゆるっと”お届けしていきます。

 

<今月のお悩み>

毎日家にいる夫。
料理できないのは知ってるけど、
たまには家族のお昼くらい作って!

 

キッチン関係はほぼ私任せな夫。自粛生活が始まって食器を食洗機に入れる姿を見て感動したほど。仕事が忙しいときは仕方ないとしても、ステイホーム中はお昼ごはんくらい作って欲しい。とはいっても料理初心者の夫。あとで私がしりぬぐい…なんてことにはならない、でも子供たちにもしっかり食べてくれる、簡単に挑戦できるランチメニューはないですか? あわよくば、これで自信をつけて、たまには作ってくれるようになるといいな…なんて目論んでいます。(35歳・13歳女の子・7歳男の子ママ)

 

<今回のゆるっとアンサー>

袋麺なら絶対失敗しない!
包丁いらずの具だくさんラーメンで!

 

SHINO なるほどね〜、よく友達からも耳にするなぁ(笑)

TATSUYA 「和食献立作って!」なんて言わても作れないから、男っぽい炒飯とか焼きそばが良いんじゃないかな。最高に簡単でおすすめなのは「袋麺」アレンジ!

SHINO 袋麺!なんか意外なところだった。てっきり「豚キムチ炒め」とかおすすめするのかな?って思ったよ。でもなんで「袋麺」なの?

TATSUYA 男はやっぱり、袋麺好きなんだよね。学生の時からなんだかんだ作って食べている人も多いだろうし、馴染みがあるからね。袋麺をそのまま茹でて出されたらちょっと嫌かもしれないけど、アレンジしたら家族も喜んでくれるんじゃない?

SHINO 納得!それでいってみよう!

 

 

<今回の解決!レシピ>

袋麺で簡単!
野菜山盛りとんこつラーメン風

【材料(2人分)】

袋麺(塩味)…2袋
野菜炒めミックス…1袋
水 600ml
牛乳 400ml
カニカマ…3-4本
コーン…大さじ2

ごま油…適量
塩・こしょう…少々
粗びき黒こしょう…少々
大人は仕上げに食べるラー油をアクセントをアクセントにするのもおすすめ!

 

塩ラーメンはお好みのものでOK
これのおかげで包丁いらず、野菜も種類と量が摂れる!
手に入りやすい食材で作れるのがうれしい。こちらも調理いらずです!

【下準備】
カニカマは手で割いておく。

 

【作り方】
① 鍋にごま油を熱し、野菜炒めミックスを中火で炒め、塩・こしょう少々ふる。
② 丼ぶりに、袋めんのたれを入れる。
③ 鍋に湯を600mlを沸かして麺を茹でる。
ゆであがり1分前に、牛乳を入れて弱火であたためる。(煮立たせないように注意して)
④ ②に麺とスープを入れて混ぜ、①の炒めた野菜、コーンとカニカマを盛り、
粗びき黒コショウをかけ、お好みでラー油やごま油を回しかける。

 

【POINT】

茹で時間は袋麺の表示通りでOK
牛乳はゆであがり1分前に入れて、沸騰させないこと!

カット野菜を使うことで包丁とまな板を使う手間も洗い物もなくしているのもポイント!カット野菜をごま油で炒めていることで、香ばしさをプラスして食欲倍増。辛いラーメン好きの方は、これに「食べるラー油」をちょい足ししてもOKですよ!

 

<ライター・ワタナベが作ってみた!>

ミルクスープおいしい!我ながら大成功!な感じです
子どもたちも結構野菜食べてくれました!

これなら夫でも楽勝!子供たちも完食!

この企画を担当しているライター・ワタナベ(5歳女の子・3歳男の子ママ、食にこだわりを持つ夫の湘南住まい)が実際に夫に作ってもらいました!「カットがない分ハードルも低かったようで余裕綽綽な顔で、あっという間に完成! 子どももカニカマほぐしのお手伝いを。自信をつけて料理好きになっていってもらえるのはうれしいです!野菜嫌いに拍車がかかる3歳息子も、最初は”お野菜いらな~い、”とか言っていたのに”あ、ニンジンおいしかった!””おかわりしてみる!”ってとペロッと完食していました♡」

取材・文/渡邊里衛 編集/井上智明

FEATURE

この記事もおすすめ