【チオベンレシピ】“おかずになる”ボリューム味噌汁

2019.11.26

汁物が身に沁み始める季節。疲れてお家に帰る日も、おかずにもなるおみそ汁があったら、なんて幸せ♡ そこで、冷蔵庫に余りがちな5大具材「さつまいも」「ブロッコリー」「キャベツ」「大根」「トマト」で簡単に作れて、ボリュームもたっぷり、見た目にもオシャレな味噌汁をご紹介。
今回は撮影現場でも大人気のケータリングでおなじみの“チオベン”こと山本千織さんの味噌汁レシピ!マンネリも打破する合わせの妙は必見です。

 

 

さつまいもとカマンベールチーズと舞茸のみそ汁

溶けたカマンベールは、まるでお豆腐のよう!いもの甘さ、せんべいやチーズの塩味、舞茸の出汁も効いたスープも食感も奥深い!

2019/11/1e3d1d043bd574b466e7385388a16ae0.jpg

〈材料・4人分〉
さつまいも(3~4cm角)……1本
カマンベール(大きめに切る)……1個
舞茸(小房に分ける)……100g
信州みそ……60g、出汁……600ml
黒胡椒、薄焼きせんべいを割ったものをお好みで。ディルを添えても。

〈作り方〉
❶水にさらしたさつまいもを出汁で煮て、柔らかくなったら舞茸を入れさらに加熱。
❷みそと塩(分量外)で調味し、カマンベールを入れ、柔らかくなりすぎないタイミングで混ぜずに器によそう。

★Topping
いもの甘さ、せんべいやチーズの塩味、舞茸の出汁も効いたスープも食感も奥深い!

 

ブロッコリーと海老と押し麦のみそ汁

油分は加えずさっぱりしていながら、ブロッコリーの甘み、海老の出汁に押し麦の香ばしさが効いた優しい味。豆板醤酢でピリ辛な味変も楽しんで。

2019/11/cd416439de700537f0723f966b7d5246.jpg

〈材料・4人分〉
ブロッコリー(茎まで5mmに刻む)……1/2株(200g)
むき海老(小口に切る)……200g
押し麦(茹でる)……50g
信州みそ……60g、出汁……600ml

〈作り方〉
❶出汁と塩少々でブロッコリーを茹でる。
❷押し麦と海老を①に加え、海老に火が通った らすぐ止めみそを溶く。

★Topping
豆板醤酢(豆板醤小さじ2、酢小さじ2、 米油大さじ1)をお好みで。

 

 

キャベツと豚しゃぶのみそ汁

肉を硬く茹でないのが最大の肝。どっさり入ったキャベツから溶け出た甘みや栄養分まで余すところなく食べられ、満足感たっぷり!

2019/11/05fb62b8facf99601a7925f693912e4a.jpg

〈材料・4人分〉
キャベツ(千切り)……200~250g
しゃぶしゃぶ用豚肉……200g
信州みそ……60~80g、出汁……600ml

〈作り方〉
❶低温の出汁で豚肉にゆっくり火を通す。 硬くならないように注意して!
❷①を取り出した出汁にキャベツを入れ柔らかくなるまで煮る。
❸①と②を器に盛り、残った出汁にみそを溶き、器によそう。

★Topping
お好みで山椒オイル(粒山椒10g、塩8gを混ぜてしっかり潰し、米油を入れる)をたっぷりかけて。餃子などにも合うトッピングです。

 

 

大根と焼き魚ともずくのみそ汁

残りものの焼き魚や干物でOK。もずくでトロミのついた汁が、しっかり具材と絡まります。梅干しを少しずつ崩して味の変化を楽しんで。

2019/11/b6dd47eaeff16cf90a5e2559d7573e5c.jpg

〈材料・4人分〉
秋刀魚(またはアジ、カマスなどの干物) ……2尾(適量)
大根(1cm厚のイチョウ切り)……150g
もずく……80g
長ねぎ(小口切り)……1本
信州みそ……60g、出汁……600ml 梅干し、ゴマ……適量

〈作り方〉
❶生の秋刀魚や干物を焼いて大きく身をほぐす。
❷大根を出汁で柔らかく煮たら、①を入れ一煮立ちさせる。もずく、長ねぎ、みそを入れる。
❸器によそい、梅肉とゴマを振る。

★Topping
大葉やミョウガを添えても。

 

 

うどん入り、トマトみそ汁

旨味たっぷりのトマトみそはお酒も進みそうな味。倍量を作って野菜につけたり、ラーメンのスープにしても! 1週間保存可。

2019/11/220fab7a7a99976f490d4f3105c7e63f.jpg

〈材料・4人分〉
〈A〉トマトみそ
ミニトマト……150g(約10個)、麦みそ(または米麹のみそ)……100g、生姜(みじん切り)……30g、にんにく(みじん切り)……30g、マーマレードジャム……40g、米油(またはオリーブオイル)……50㎖
うどん…お好みの量
ミニトマト(半分に切る)……20個
出汁……600㎖

〈作り方〉
❶〈A〉(トマトみそ)を作る。生姜、にんにく、トマトを油で炒め、マーマレードを入れ全体がねっとりしてきたらみそを加え、トマトをつぶしながら炒める。
❷温めた出汁にAを溶き、ミニトマトを入れる。
❸茹でたうどんを器に盛り、②をかける。

★Topping
三つ葉やパクチーなどお好みのものを。

CHIOBEN|チオベン
山本千織さん

美しい彩りや、簡単なのに意外性のある味付けが、撮影現場でも大人気のケータリング。雑誌では初のみそ汁レシピですが、さすがの合わせ!
Instagram @chiobenfc

撮影/sono〈bean〉 スタイリング/木立尚子 取材・文/有馬美穂 編集/磯野文子

*VERY2019年11月号「5大余りものも一掃!白ご飯とこれだけで立派な夕ごはん おかずになる、まんぷく味噌汁レシピ」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

PICK UP

  • 2019.12.06

    VERY2020年1月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.11.29

    【VERY厳選】出産祝い“賞味期限長め”のベビー服ブランド&…

  • 2019.12.06

    【30歳の記念買い】 今どきコンサバ名品“あのブランドのあの…

  • 2019.12.05

    ママ世代の“ローファー”コーデ7選

  • 2019.12.05

    実は着回せる!ママ世代の女っぷり“柄ワンピ”6選

  • 2019.12.06

    心にときめき、素肌にバタフライ

  • 2019.12.06

    冬の女っぽい♥に好都合な服みつけた!

  • 2019.12.06

    ママと選手の両立は?【神山まりあさん×パラトライアスロン・谷…

PICK UP

  • 2019.12.06

    VERY2020年1月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.11.29

    【VERY厳選】出産祝い“賞味期限長め”のベビー服ブランド&…

  • 2019.12.06

    【30歳の記念買い】 今どきコンサバ名品“あのブランドのあの…

  • 2019.12.05

    ママ世代の“ローファー”コーデ7選

  • 2019.12.05

    実は着回せる!ママ世代の女っぷり“柄ワンピ”6選

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE