VERY January 2022

VERY

January 2022

2021年12月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ラー油だけじゃない!餃子通が選ぶこだわり調味料8選

食卓に並ぶ頻度も高い最愛フードと言えば、やっぱり餃子!みんなが大好きなメニューだから、常にブラッシュアップを考えたいし、ほんの少しの「楽さ」も必要。今回は餃子に一過言ありなら、タレにも然り! ということで、出してつけるだけで簡単に美味しさが倍増する最愛の市販タレ。餃子ラバーのスタッフに太鼓判を聞きました。

楽して味変、
調味料のこだわり選手権

刺激的な辛みや酸味。子どもと一緒でも大人味へと変えられるのが餃子の醍醐味。餃子通のスタッフたちにイチオシの調味料を聞いてみました。

本企画担当ライター・
佐々木陽子おすすめ

よしの味噌
発酵れもん胡椒

暑い夏にぴったりの
清涼感ある辛さ

「柚子胡椒もいいけれど、夏はレモンを使ったこちらを使う頻度が多め。酢+こしょうにプラスして、爽やかな辛みを楽しみます」

フードスタイリスト・
竹中紘子さんおすすめ

佐藤紅商店
吹屋の紅てんぐ

フルーティな辛みが
クセになる辛柚子酢

「唐辛子と柚子を使用した調味料。酸味が効いているので、酢を使わなくてもこれをつけるだけでさっぱりといただけます」

カメラマン・
曽根将樹さんおすすめ

アウトドアスパイス
「ほりにし」

うまみがぎゅっと詰まった
魅惑のスパイス

「キャンプでおすすめされて以来、すっかり虜! これをつけるだけで抜群に美味しいです。餃子や唐揚げの下味づけにも活躍します」

フードスタイリスト・
つがねゆきこさんおすすめ

仙人スパイス
純胡椒

こしょうの風味を
ダイレクトに味わえる

「こしょうが房のまま塩水漬けになっているので、味がとっても強いんです。実をちぎって刻んで、そのまま餃子にのせていただきます」

スタイリスト・
岩田槙子さんおすすめ

JOHN’S OFFICE
LOVEPAKU

絶妙なエスニック味は
唯一無二の存在

「アジアンフード好きの友人に教えてもらってから、すっかり我が家のお気に入りスパイスに。これをつけるだけで大満足です!」

ライター・
石川 恵さんおすすめ

桃屋のしびれと辛さが
がっつり効いた麻辣香油

花椒が効いた
大人味の〝食べラー〟

「花椒の独特なピリッと感で、まるでチャイニーズレストランで食べてるような味に。辛みが恋しくなる夏には欠かせません」

フードスタイリスト・
片山愛沙子さんおすすめ

山西老陳酢

甘みのある独特のコクが
味を深めてくれる

「黒酢とはまたひと味違った味わい。以前『按田餃子』で出会ってから、餃子のときはしょうゆも使わずこれだけを使うようになりました」

本企画担当編集・
磯野文子おすすめ

馬告.p
馬告(マーガオ)

レモングラスのような
香りで即台湾味に

「ピリッとした刺激と、見た目からは想像できないレモングラスの爽やかな香りの香辛料。台湾料理屋さんの水餃子で出会い、虜に!」

 

おうち調味料の
アレンジも拝見!

ポン酢+いりごま+粉山椒

「酢大さじ1、いりごま小さじ1/2、粉山椒をお好みで。酢+こしょうでスパイス使いの楽しさを知り、ぐっちさんが好きな山椒を合わせました」(料理家・ぐっち夫婦)

 

白バルサミコ+黒こしょう

「イタリアン餃子には、米酢よりフルーティで酸味がまろやかなホワイトバルサミコ。ワインでいける餃子になります。胡椒をたっぷり入れるのが好み!」(フードスタイリスト・YUKOさん)

 

手作りネギ塩ダレ

「長ネギの青い部分3本分とにんにく&しょうが各1かけをみじん切りに。ごま油100㏄、鶏がらスープの素小さじ1、塩適量を小瓶に入れて振って完成!」(フードスタイリスト・竹中紘子さん)

.

撮影/須藤敬一 スタイリング/つがねゆきこ 調理/深野帆乃佳 取材・文/佐々木陽子 編集/磯野文子
*VERY2021年9月号「我が家の餃子、楽なこだわり選手権」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

この記事もおすすめ

FEATURE