VERY STORE
VERY March 2020

VERY

March 2020

2020年2月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

明太子の炊き込みご飯

生明太子と一緒に炊いて混ぜれば、ご飯粒が明太子と一体化し、間違いのない鉄板の味に。ここにホワイトセロリと、黒米を加えることで、意表をつく味わいと、フォトジェニックな見た目に昇華。

2018/05/VERY_201805_370-001.jpg

<材料>
米……3合 水……560cc 黒米……大さじ3 昆布……約6㎝四方を1枚 生明太子……大ぶりひと腹(小ぶりなら2腹) 白しょうゆ……大さじ2 ホワイトセロリ(みじん切り)……1束 焼き明太子……大ぶりひと腹(小ぶりなら2腹)※生明太子をグリルやオーブントースターで表面に焼き色が付くまで焼く。

<作り方>
鍋に研いだ米、水、白しょうゆ、黒米を入れ軽く混ぜ、上に昆布、皮から出した生明太子をのせ、30分~1時間おく。中強火で約12分炊き、火を止めて10分蒸らす。
鍋の蓋を開け、昆布を取り出し、さっくりとほぐし、再度10分ほど蒸らした後、細かくほぐした焼き明太子、ホワイトセロリを散らす。
※鋳物ホウロウ鍋を使用したレシピです。水の量や炊く時間はお使いの鍋に合わせて適宜調整してください。

「平日夜のおもてなしはこれ一品で勝負!」

仕事後にママ友たちとのおうち外交ごはん。十分に準備する時間はないけど、何か手をかけた料理でもてなしたい。そこで提案したいのが、具材の組み合わせアイデアでみんなをアッと喜ばせられる「炊き込みご飯」。事前に少し仕込みをしておけば、当日は鍋で炊くだけ! 教えてくれたのは、人気のケータリング「たまごはん©︎」さん。

料理/濱守球維 撮影/三村健二 取材・文/藤井そのこ 撮影協力/UTUWA 構成/渋澤しょうこ

※VERY 2018年5月号「平日夜のおもてなしはこれ一品で勝負! 『たまごはん©︎』さんのおうち外交〝炊き込みご飯〟」より。

※掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

FEATURE

この記事もおすすめ