VERY March 2021

VERY

March 2021

2021年2月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ロバート馬場の週末おつまみ「おかずにもなる!えのき納豆キムチ」レシピ

ステイホーム中に話題となった、ロバート・馬場裕之さんのインスタグラム。小料理屋さんみたいな味わい深さなのに、材料はミニマム&超簡単。家飲みにも副菜にも最高のレシピを紹介していただきました。今回は、定番の納豆+キムチに“えのき”で変化を加えた一品。常備菜バリエーションも広がりそうです。

 

 

えのきの旨みが加わるだけで
一味奥深い!ご飯にもよく合う

「えのき納豆キムチ」

えのきは通年手に入るのでよく使いますが、食感に飽きてきたら刻んで使います。他の食材とも絡みやすくなり、旨み的な役割になります。そのまま冷凍しておけるのも◎。海苔や大葉、チーズで巻いて味変で。(馬場さん)

【材料・2人分】

えのき……1/2袋
納豆……1パック
キムチ……適量
大葉、スライスチーズ、
海苔……各適量

 

【作り方】

❶えのきは笠の部分から根元の手前までみじん切り、レンジでチンして火を通しておく。

❷納豆と刻んだキムチを同量合わせ、①を加える。

❸お好みで大葉、スライスチーズ、海苔に巻いていただく。

 

★ここがポイント!
えのきを切るときは、いしづきは落とさず、笠側からみじん切りにすると簡単。

 

ロバート・馬場裕之さん
「旨み成分を欠かさないことで
料理上手な味に仕上がります!」

僕は一人暮らしなので、単純に1つの食材をどう賢く使い切るか、いかに味変して新鮮な料理にできるかを追求しています。例えば切り干し大根なら煮物など、その食材の定番料理ではなく、食べたことのない味や食感で、料理の世界を広げるために実験感覚。あとはお酒のおつまみということを考えると罪悪感なく、ヘルシーにいただけるのも大事。そして僕の料理に一番欠かせないのが〝旨み〟です。調味料の味がガツンと利いた濃い味つけではなく、食材本来の味を引き立てる旨みを足すことで、深みが出て奥行きのある料理になります。

◉プロフィール
お笑いトリオ、ロバートのメンバーで、お笑い界一の料理上手。インスタグラム@hiro88や、YouTubeチャンネル「馬場ごはん」に登場するのは、こってりしすぎず、旨みたっぷりな一皿ばかり。ご本人が綴る丁寧な説明と、簡単さで日常に一番重宝するレシピの宝庫です。

毎週金曜日に配信中!レシピ一覧はコチラから

撮影/須藤敬一 フードスタイリング補助/竹中紘子 取材・文/石川 恵 編集/磯野文子
*VERY2020年9月号「材料も手順も少なめ、旨みはたっぷり!ロバート馬場さんの、ほぼ5分でできる家飲みレシピ」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

この記事もおすすめ

FEATURE