VERY November 2020
VERY NAVY

VERY

November 2020

2020年10月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

冷凍保存OK!残暑の疲れに「豚こまの梅しょうが焼き」

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期、残暑で疲れた体に効く食材で簡単レシピをご紹介!薬膳では疲労の状態を「気」の不足と考え、補う食材として肉や魚、芋類、米などがおすすめです。「気」というと元気、やる気、気が散るなど、身近な言葉でもよく使われるように、薬膳では「すべての生理機能のためのエネルギー、生命の源」として考えられています。今回はお肉でパワー補給!冷凍保存OKで忙しい日にも頼れるおかずです。

 

【おうち薬膳】

 

 

冷凍保存OK!残暑の疲れに
「豚こまの梅しょうが焼き」

 

◉材料(たっぷり2人分)

・豚小間切れ肉 200g

・玉ねぎ 1/2個

・梅干し 1個(塩分10%を使用)

・〈A〉しょうゆ 大さじ1と1/3

・〈A〉酒、みりん、しょうが(すりおろし) 各大さじ1

・〈A〉砂糖 大さじ1/2

・サラダ油 小さじ2

・付け合わせ用好みの野菜 適量
※今回はキャベツの千切り、ミニトマト、ししとう(フライパンで焼き塩を振って取り出したもの)を使用

 

◉作り方

①玉ねぎは半分(1/4個)を4等分のくし形切りにする。もう半分はすりおろす。梅は種をのぞいて包丁でたたいてペースト状にする。豚小間切れ肉は、大きければ食べやすい大きさに切る。

 

〈A〉と①をすべて合わせて軽く揉み15分置く。

 

③フライパンにサラダ油を熱し②を炒める。肉の色が変わって玉ねぎがしんなりとし、水っぽさがなくなるまで炒める。器に好みの付け合わせ野菜とともに盛り付ける。

 

【冷凍保存について】

・②の漬け込んだ時点でジップ付きのフリーザーバックに入れ、空気をぬき厚みを均等にして冷凍(1か月保存可能)。使用する際は自然解凍または一晩かけて冷蔵庫で解凍。

 

◉レシピのポイント

・梅干しにより塩分が異なるので、お好みでしょうゆの量を調整してください。

 

◉今回のキー食材

・豚肉エネルギー補給

・梅干し暑さ対策

 

◉疲れを感じたら…
「気の不足」はこんな
症状でチェックできる!

 

《気不足のチェックポイント》

☑︎疲れやすい

☑︎やる気が出ない

☑︎風邪をひきやすい

☑︎声がおなかから出にくい、発声が億劫

☑︎おなかを下しやすい、あるいは便秘気味

☑︎冷え性

☑︎汗が出やすくとまりにくい

 

気を補う食材を普段から取り入れて、疲れやすい季節を乗り切りましょう!

◉齋藤菜々子プロフィール
料理家・国際中医薬膳師。IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。教室情報はInstagram@nanako.yakuzenにて。

FEATURE

この記事もおすすめ