VERY STORE
VERY June/July 2020
VERY NAVY

VERY

June/July 2020

2020年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【おうちユニクロの名品探し】モデル&スタイリストが私服コーデ!

おうち時間が長くなった今こそ、やっぱり頼りになるユニクロ。お家でも楽ちん、小物次第でそのまま子供と散歩にも。そんな風に活用できるアイテムがピンポイントで知りたい!そんなママのために、チームVERYのモデル、スタイリスト、ライターがセレクトしたおうちユニクロ名品を教えてもらいました!

 

1■ 辻元舞ちゃんは、気持ちも明るくなるきれい色のリネンワンピース

着用/リネンブレンドコクーンワンピース¥3,990(UNIQLO)

いつも弾ける笑顔でハッピーオーラ満載の舞ちゃんは元気200%の男の子2人のママ。

「このワンピースは体のラインを拾わないストンとしたシルエットとVネックが綺麗に見せてくれるのでセレクト。サイドにスリットがあるので子供たちと遊んでいる時間も足捌きがよく、リラックス着にぴったり。パンツやアクセサリーを合わせればそのままお出かけも行けちゃいます。明るい色は気分を上げてくれるし、他に合わせるものがシンプルでいいのでコーデに迷わなくてOKなのも忙しい朝に嬉しいです」。

着ている服の色だけでも、お家の中が明るい印象になるのもポイント!

 

2■ 神山まりあさんは、Tシャツでもきれいめに見える楽ちんパンツ

着用/クレープジャージーテーパードパンツ¥1,990(UNIQLO)

いつも息子くんとの楽しい毎日をインスタグラムでも発信してくれているまりあちゃん。おうちファッションショーをしてみたり、着たかった服や夏用に買った小物を活用して妄想コーデも楽しんでいるそう。

「このパンツはカーキでカジュアルに見えそうなカラーなのにさらっとしていて、トップスがシンプルなTシャツでもきれいめな印象になりそう。ウエストは後ろがゴムになっているのでソファに座っても苦しくないから今の生活スタイルにはぴったり!今回はカーキ×カーキにゴールドのアクセサリーでイタリアンマダム風に仕上げてみました♡ Tシャツにスウェットでダラダラもしたいけど、たまには着替えてシャキッと気持ちを切り替えるのも大事にしたいなと」。

 

3■ スタイリスト竹村はま子さんは、デニム合わせもOKなTシャツワンピース

着用/マーセライズコットンロングTワンピース¥1,990(UNIQLO)

VERYでも活躍中のスタイリストさんで3人の男の子のお母さんでもあるはま子さん。食べ盛りの男子3人とのステイホーム生活はとにかくずっと料理してるそう! 小柄なのに大きな男の子3人相手に奮闘しているようです。

「基本は家でずっと料理してるので、とにかく動きやすい服が今は一番。夕方小さい子が公園からいなくなった時間に体力を持て余している男3人と一緒に近所にお散歩に行くこともあるのでさっと近所まで出れる服が最大重要ポイント。UNIQLOはシンプルで合わせやすいものを選ぶのがポイント。家では一枚で、外に出る時はさっとデニムを履いてサマになる。着回しが簡単にできるので活躍してます!」

 

4■ 縄田恵里さんは、息子とのお散歩でもしゃがめるウエストゴムパンツ

着用/クレープジャージーテーパードパンツ¥1,990(UNIQLO)

多方面で活躍中のスタイリストさんで1歳の男の子のママ。産後まもないときからVERYで乳幼児ママの企画をリアルにとらえたコーデ提案をしてくれたり、コンサバ心を忘れないスタイリングが人気。

「今は動きたい盛りの息子と一緒にたまにお散歩に行くくらいで基本はおうちにいます。それでも部屋着のままだとダラダラしちゃうので動きやすいウエストゴムは必須ですが、元気が出るきれい色のパンツには着替えて気持ちをシャキッとさせています。もちろんそのままお散歩に行ったりスーパーに行ったりも可能。仕事が再開されてからもスタイリストはしゃがむ動作が多いので、ウエストゴムのパンツは活躍する予感です!」

 

5■ ライター高橋志津奈さんは、スタイルアップ効果も狙えるノースリワンピ

着用/マーセライズコットンAラインワンピース<ノースリーブ>¥1,990(UNIQLO)

本誌でライターをしながら3人の子育て中のママでもある高橋さん。毎月セレクトしたアイテムをVERYSTOREで発売中。今は基本自宅で在宅ワークをしながら子供達のオンライン授業の管理に悪戦苦闘中。歳の差のある子供達の希望を聞きながら作る簡単レシピは「cookinng VERY」のインスタグラムにも掲載中。

「夏になるととにかくノースリーブのワンピースが大活躍。身長はそんなに高い方ではないので袖がない方がIラインが強調されてスタイルアップ効果が。基本シンプルなものが好きなのでついつい手を出しがちな黒じゃなく今季注目のアースカラーに挑戦。Vの空き具合もアームのあき方も飽きずに一枚で着られるところが真夏の暑さにも耐えられそう!」

 

 

取材・文/高橋志津奈

 

 

FEATURE

この記事もおすすめ