VERY July 2024

VERY

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

フォーマルに使える【華やぎアウター7選】着たままで映えるシルエットが◎

肌寒い卒入園の季節、せっかくのオシャレがアウターで隠れて台無し、なんて声も。飾りたくなる記念写真を狙うなら、着たまま映えるアウターに頼るのが正解です!今回は、きちんと感と華やかさを両立した「春アウター」7選をご紹介します。

アウターで特別感!
1枚で映え。プラスアルファで鬼に金棒

「看板前」で映えてるママは
アウター選びが一味違う!

強風に負けない立体感で
甘ブラウス超えの着映え力を発揮

光沢素材×リボンドットの
袖ぽわんコート

ハリのある素材に加えて、タック入りの袖やテントシルエットなど、どこを切り取っても盛り上がる一着。リボンドットのひとクセで黒も華やかに。ボウタイで顔まわりも明るく。
アウター¥52,800 ブラウス¥18,700(ともにユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)パンツ¥18,700(セルフォード/セルフォード ルミネ新宿1店)バッグ¥383,900(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)シューズ¥42,900(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)ピアス¥1,980,000(TASAKI)【KIDS】ボレロ¥8,250 シューズ¥5,280(ともにグリーンレーベル リラクシング/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 二子玉川ライズ店)ワンピース¥28,600(こども ビームス)靴下/スタイリスト私物【MENS】ジャケット¥60,500 パンツ¥38,500〈ともにエストネーション〉シャツ¥37,400〈エリッコ フォルミコラ〉(すべてエストネーショングランフロント大阪店)その他/スタイリスト私物

優しい白が上品な
ペプラム切り替えコート

2023年、即完売となった幻のジャカードコートに白が登場。たっぷりとしたボリュームで、黒パンツコーデもドラマティックに。
アウター¥78,000(コラム/エストネーション)パンツ¥26,400(セテンス)バッグ¥198,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)パンプス¥69,300(ペリーコ/アマン)ネックレス¥51,700(リエ スタジオ/トゥモローランド)ピアス¥5,500(セルフォード/セルフォード ルミネ新宿1店)

母スタイルを更新してくれる
ネオコンサバなネイビー

王道な品の良さを携えながら、コクーンスリーブでほどよくモダンに。ハリのある三重織りが、しゃんとしたフォルムをキープしてくれます。もちっとした質感で着心地も抜群。
アウター¥63,800(ランバン オン ブルー/レリアン)ブラウス¥42,900(マディソンブルー)スカート¥49,500(エステータ/オンワード樫山お客様相談室)バッグ¥72,930(カフネ)シューズ¥41,800(ピッピシック/トゥモローランド)ピアス¥15,400(メラキ/フラッパーズ)

リボンジャカードの
クチュール感にときめく♡

繊細なリボンが一面にあしらわれ、楚々としながらも遊び心満載。ゆとりのあるテントシルエットでインナーがもたつかず、360度サマになる。
サテンコート¥89,300(yori)

ブラウス並みに着映える
ペプラムトレンチ

贅沢なギャザーでふんわり広がるペプラムやベルスリーブでリッチに。高めの切り替えがスタイルアップに導いて、太パンツもバランスが取りやすい。
アウター¥176,000(デパリエ/デパリエ ニュウマン新宿店)

ジャカード織りで特別感!
袖スリットも華やぐ

開閉可能な袖スリットから、インナーの袖がちら見えするのが今どき。きちんと感のあるステンカラーだから、ハレの日も安心。
アウター¥46,200(ルーニィ)

ひらめくプリーツで
立ち姿もドラマティック

袖下にもプリーツを施し、表情豊かに。フリースライナー付きで寒暖差にも対応。
トレンチコート¥40,700(セルフォード/セルフォード ルミネ新宿1店)

\先輩ママの体験談/

カジュアルな保育園かつ略式だったが、門の前の写真はやっぱり記念になるので、もう少し華やかなコーデにすればよかった
(Kさん・35歳・会社員)

0歳入園なのでこんなもんだろう、と上半身だけ盛っていつものパンツで行ったけど、きちんとカメラマンがいて集合写真や看板前で全身撮影もしてくれたので、もっと気合いを入れてオシャレするべきだった。
(Mさん・37歳・フリーランス)

式当日に寒波が来てしまい、仕方なくいつものコートを羽織って記念撮影。入園後も使えるし、ちょっとキレイめな春アウターを検討しておくべきでした
(Nさん・40歳・会社員)

撮影/倉本侑磨(Pygmy Company)〈モデル〉、清藤直樹〈静物〉 ヘア・メーク/福川雅顕 スタイリング/竹村はま子 モデル/岡本あずさ、浅野雄太、ヘーゼル・ニナ 取材・文/増田奈津子 編集/西脇治子
*VERY2024年3月号「【大特集】甘派・モード派・コスパ派のセレモニースタイルを分析! 全ママの卒入オシャレは「可愛げ」で大成功♡ Part2 甘派ママのハレの日スタイルは「特別感」がカギ!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

July 2024

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)