VERY STORE
VERY June/July 2020
VERY NAVY

VERY

June/July 2020

2020年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

オシャレの“派閥またぎ”名品3大ブランドはコレだ!【2019年秋冬版】

チームVERYの面々がこぞって愛用するいわゆる“カブりアイテム”の中でも、コンサバ派⇄カジュアル派など、一見タイプがバラバラな人たちから共通して選ばれているものが毎シーズン存在します。オシャレのジャンル不問、幅広い人々から愛されるそんな“派閥またぎ”の名品2019年秋冬版を徹底調査しました!

 

 

01:差がつくベーシックが
コスパで叶うジャンル超え新星!
N.O.R.C & N.O.R.C by the line

N.O.R.Cを福田亜矢子氏、ベーシックラインのN.O.R.C by the lineを斉藤くみ氏と2人のスタイリストがディレクション。VERY世代のリアルクローズを支えるハイレベルで低価格なベーシックが話題となり、展示会には毎回あらゆるオシャレ人種が集結!

 

ミニマルながら
一枚でしっかり感度の高さを主張

デイリー使いしやすいコットン素材。細パンツ合わせで楽チンなモードシルエットに。スタンドカラーシャツ¥9,900(ノーク)ベロアパンツ¥28,000(ハイク/ボウルズ)ショルダーバッグ¥11,800(YAHKI/ショールーム セッション)フラットシューズ¥82,000(ジルサンダー/アクアガール渋谷)
一枚でもレイヤードでも楽しめるロングシャツチュニック。ミニマルながらノーカラーや前後差丈でほんのり旬に。

素材・色・デザインと
トレンド感凝縮なのに使い勝手抜群!

旬のブラウン系にもハマる。サテンプリーツスカート¥8,900(ノーク)ニット¥28,000(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)ショルダーバッグ¥54,000〈メゾン ボワネ〉ローファー¥27,000〈ファビオ ルスコーニ〉(ともにドレステリア 銀座店
ヴィンテージ感のあるサテン素材がオシャレさをひと盛り。お腹まわりをカバーするプリーツのデザイン。

羽織るだけでパッと着映える
ミントグリーンが冬の通勤を華やかに

リバーコート¥37,000(ノークバイ ザ ライン/ノーク)カットソー¥11,000(ザ シンゾー ン/シンゾーン ルミネ有楽町)チェックパンツ¥25,000(イウエン マトフ/ユナイテッドアローズ 二子玉川店)ショルダーバッグ¥42,000(ポニー アンド バッグ/オデット エ オデ ィール 新宿店)イヤリング¥12,000(キャッス/エブール)ミュール[Plage別注]¥29,000(ペリーコ サニー/アマン)
受注枚数トータル100枚超えの大人気商品! リバー仕立てでさらりと気心地よく丈感が異なる3サイズ展開。

02:良い母からカジュアルまで
オールラウンドオシャレ♡
THIRD MAGAZINE

さまざまな経験を積んだ大人の女性が自分に合う一点に出会えるマガジン(=雑誌・倉庫)のコンセプト通り、キレイめモノトーンからヴィンテージまで幅広いテイストが揃うブランド。代官山のショップで現物を見て試着し、オンラインで購入という新感覚のお買物スタイルも話題に。

 

今シーズンのマストハブアイテムNo.1
モードとカジュアルが上手に共存

レザーパンツ¥50,000(THIRD MAGAZINE)ジャケット¥25,000(エミ アトリエ/エミ ニュウマン新宿店)タートルカットソー¥27,000(ラウタシー/ブランドニュース)バッグ¥25,000(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ表参道店)スニーカー¥46,000(アン アワー アンド ア シャワー/アストラット 新宿店)
モデルからスタイリストまで大人気だったレザーパンツ。ハードになりすぎないゆるめだけどキレイなシルエット。

首元のさりげないロゴが
小さいながらも印象をぐっと引き締め

Tシャツ¥9,500(THIRD MAGAZINE)カーディガン¥45,000(ドレステリア/ドレステリア 銀座店)パンツ¥19,000(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町)サングラス¥36,000(アイヴァン/アイヴァン PR)バッグ¥42,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)
ブランドスタート時より大ヒットのロゴTシャツは、今季ロゴを控えめにして進化。やや長め丈も使いやすい。

秀逸なパンツシルエットに指名集中!
お仕事~学校まで幅広く活躍の予感

プルオーバー¥22,000パンツ¥33,000(ともにTHIRD MAGAZINE×mikomori/THIRD MAGAZINE)ピアス¥32,000(イリス47/デ・プレ)スカーフ¥20,000(アネー/ドレステリア 銀座店)ショルダーバッグ¥45,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)フラットシューズ¥52,000(ペリーコ/アマン)
安西こずえさんが手がけるブランドmikomoriとのコラボ。シーンを選ばないきちんと感と美しいシルエットが◎。

03:カジュアルなのにどこか
女っぽいから幅広い派閥から支持
THE NEW HOUSE

スタイリスト新居由梨氏による2016年スタートのブランド。単なるカジュアルに留まらない、袖を通すとわかる計算された女っぽさには定評があり、カジュアル上級者はもちろん、ミニマルスタイルに苦手意識のあるコンサバ派からも支持を集める稀有な存在。

 

着心地と絶妙なオシャレ感が叶う
カシミア混のコットンニットシリーズ

ネイビーリブニット¥39,000(ザ・ニューハウス/アーク インク)パンツ¥19,000(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町)ピアス¥8,800(ソコ/アクアガール渋谷)ショルダーバッグ¥20,800(YAHKI/ショールーム セッション)パンプス¥44,000(ネブローニ/フラッパーズ)
冬の人気シリーズでもあるコットンカシミアシリーズ。素材の良さと縫い目のないデザインで着心地抜群。

程よいゆるさとハイライズで
誰もが美脚になれる究極のスキニー

ハイウエストデニム¥36,000(ザ・ニューハウス/アーク インク)タートルニット¥34,000(チノ/モールド)メガネ¥35,000(アヤメ)ショルダーバッグ[2way]¥22,000(マイ/1LDK apartments.)ローファー¥22,000(ドクターマーチン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)
発売以来ブランドのアイコンデニムとなった〝TNH 3RD JEAN〟。程よいゆとりを残したスキニーレッグで美脚に。

かぶるだけで絵になる、を叶える
どこか女っぽいボーダーカットソー

合わせのレザーパンツも展示会での大人気アイテム。カジュアルなボーダーの着地点を、女らしく仕上げることにひと役。トップス同様にカブり率も高め。カットソー¥19,000エコレザーパンツ¥39,000(ともにザ・ニューハウス/アーク インク)バッグ¥33,000(アエタ/alpha PR)
人気のストライプトムボーイシリーズの新色。カジュアルな太ボーダーもボリューム袖とサイズ感で女らしく。

撮影/福水紀夫(人物)、清藤直樹(静物) スタイリング/坂野陽子〈f-me〉 ヘア・メーク/川村友子 モデル/神山まりあ 取材・文/井田理恵 編集/引田沙羅

*VERY2019年11月号「タイプが違うみんなの指名が集中したのは? チームVERYの“オシャレ派閥”またぎ名品」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

FEATURE

この記事もおすすめ