VERY August 2024

VERY

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

キレイめママの『自分に似合うベージュ』の見つけ方!顔映りの良さがポイント

重ね着したり、華やかなアイテムで盛ったり、そんなテクニックに頼らないのに、つい目で追ってしまうようなセンスが光るママたち。今回は、VERY編集部でも話題の読者・永山里絵さんを取材しました。ミニマルな服でもサマ見えするコツは、“自分に似合うベージュ”アイテムでした。

重ね着も重ね付けも苦手。
体型や肌色に似合う
ミニマルな服でオシャレ、が理想!

永山里絵さん(30歳 主婦)

「洋服もジュエリーもメークもミニマルな中に女性らしさが滲み出るようなスタイルが理想。そのために追求するのは〝自分に似合う〟を見極めた、一枚でも様になるオシャレです。流行に振り回されず、自分の肌色や体型を一番美しく見せる服を選び抜くことが、女っぽいと言われる秘訣かもしれません。トレンドにももちろん心惹かれるけど、影響を受けやすいタイプと自覚しているので(笑)、あえてSNSのフォローも最小限に。それゆえハイブランドから普段着まで5年10年と活躍しているアイテムも珍しくありません。息子も8歳になり、今はヒールオシャレに心が踊っています」

ハイ&ロー問わず探し続けているのは
〝自分に似合うベージュ〟

S Max Maraのコートはあえてマキシ丈でクラシックに。

右から)ESTNATION、Acne Studios、Theory

30歳を前に、カジュアルでなく〝女っぽいベージュに挑戦したい!〟と自分に似合うベストなベージュ探しを始めたのが2年前。肌馴染みがよく、透明感が増したような顔映りにしてくれるのに、暖色で冬にもよく合うので、今季もヘビロテする予定。究極に似合うベージュ探しはまだ旅半ばですが(笑)、少し黄みがかったキャメル寄りのカラーが暫定のお気に入り。

Rie Nagayama

20歳で結婚した6歳年上の夫と8歳の息子、ミニチュアピンシャー1匹と暮らす専業ママ。毎朝4時半に起床し、家族が起きるまでの自分時間で行う筋トレが日課。@riie0701

撮影/アシザワシュウ〈S-14〉(人物)、坂田幸一(静物) ヘア・メーク/KIKKU〈Chrysanthemum〉 取材・文/木村幼奈 編集/引田沙羅
*VERY2024年1月号「【大特集】隙ありぐらいがグッとくる? 冬こそ気になるのは、ちょっとゆるめの色っぽママ Part1 「頑張らないのに色っぽいママたち」がやっていたこと」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*掲載のエルメス製品は私物につき、店舗へのお問い合わせはご遠慮ください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

August 2024

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)