VERY December 2020
VERY NAVY

VERY

December 2020

2020年11月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

着ぶくれしないテクニックがあった!「全身白コーデ」4選

「清潔感がある」「オシャレ上級者っぽい」と、いつだってママたちの支持率が高い、白のワントーンコーデ。膨張色ゆえに着痩せ目線的には難易度が高めでは…?と思いきや、ちょっとした工夫で、ちゃんと着痩せが叶うんです!本誌でもコンサバと知られ、着痩せ目線の選びには定評のあるライター宇野が、すっきり見える白のワントーンコーデをピックアップします。

 

1/

あえての上下ゆるっとで目くらましを狙う!

2019/11/white2.jpg

「トップスもボトムもゆるっとしたシルエットを選べば、全身の華奢さが際立ちます。カジュアルなボディバッグで軽快さを出すのもポイント」

ニット¥27,000(ドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木ヒルズ店)パンツ¥8,800(Mila Owen/Mila Owen ルミネ新宿2店)スニーカー¥30,000(エコー/エコー・ジャパン)ピアス¥3,300バングル¥4,200ボディバッグ¥8,500(すべてバンヤードストーム/エレメントール)※撮影/須藤敬一

2/

白デニムはグッとロールアップして足元に抜け感を

2019/11/white3.jpg

「温かみのあるニットには、すっきりした白デニムが好バランス。上下で素材を変えることで、のっぺりして見えません」

ニット¥57,000(イン/ブランドニュース)パンツ¥19,000(ザ シンゾーン/Shinzone LUMINE YURAKUCHO)ブーツ¥29,000(マリサ レイ/タトラス&ストラダ エスト青山店)バッグ¥83,000(ラドロー/ロンハーマン)イヤーカフ¥11,000(ハイク/ボウルズ)※撮影/曽根将樹<PEACE MONKEY> モデル/神山まりあ

3/

カジュアル派はスポーティ素材を選ぶのもアリ

2019/11/white1.jpg

「珍しいマットなシャカシャカ素材は、ニットよりは着ぶくれしにくいので、それだけで着やせ効果が。バッグはポシェットにして軽さをプラス。白コーデのバッグは小さめがルールです!」

トップス¥14,000パンツ¥15,000[12月中旬発売予定](ともにエミ アトリエ/エミ ニュウマン新宿店)バッグ¥47,000(MODERN WEAVING/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)靴¥12,000[参考商品](コンバース/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)帽子¥10,000(ラ メゾン ド リリス/L’AVENTURE Martinique)ピアス¥42,000(MARIHA/ショールーム セッション)リング¥93,000(KAORU/KAORU伊勢丹新宿本店)※撮影/佐藤航嗣<UM> モデル/東原亜希

4/

ボア、ニット、デニムの素材ミックスが鍵

2019/11/white4.jpg

「異素材を合わせることでコーディネートが単調にならず、全身にもメリハリがついて着やせ効果が」

フーディ¥20,000(パタゴニア/パタゴニア日本支社 カスタマーサービス)ニット¥1,490※一部店舗のみ販売(GU)パンツ¥20,800(SERGE de blue/ショールーム セッション)バッグ¥101,000(ザンチェッティ/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)ニット帽¥19,000(Theory luxe/リンク・セオリー・ジャパン)サングラス¥28,000(アイヴァン/アイヴァン PR)リング¥18,000(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)靴¥59,000(MARTINIANO/エスケーパーズ)※撮影/佐藤航嗣<UM> モデル/東原亜希

文/宇野安紀子

 

※商品は2019年VERY10月号及び11月号掲載のもののため、販売終了している場合もあります。

FEATURE

この記事もおすすめ