VERY STORE
VERY April 2020
VERY NAVY

VERY

April 2020

2020年3月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから」

現在発売中のVERY2019年12月号をもってVERYを卒業する“タキマキ”ことモデルの滝沢眞規子さん。卒業企画となった巻頭特集では、これまで多くのママ世代の憧れと共感を集めてきた私生活から、ファッション、モデルとしての思いなど、自身のすべてを、彼女らしさでいっぱいの魅力的なビジュアルとともに語っています。ここでは、2009年から始まった10年間の“奇跡”をご紹介します。

2019/11/VERY_1912_054-055.jpg
VERY2019年12月号より ©️倉本ゴリ〈Pygmy Company〉

タキマキと振り返る10年
「今までと、これから」

 専業主婦だった私が、突然モデルの仕事を始めて、あっという間の10年でした。まだ幼い子供たちが一緒に写っている(※記事下部に掲載)のが本当に懐かしいです(笑)。最初は自分がいつも着ている私服での撮影が多かったのですが、写真になるとなんだか素っ気なく写ってしまう、今でいうところの“映え”というのが当時はわからなくて、いつも自分でコーディネートしたものを、主人にチェックしてもらっていました。初登場のときは、リブニットにベストを着ているのですが、ベストは主人のアイデアでした。

 家族イベントの撮影もよくやりました。何気なくライターさんに話したことが、すべて再現企画になって、1から10まで準備しなくてはならないし、撮影日は季節が実際よりも2カ月早いので大変!VERYの再現はツライんです(笑)。クリスマス、夏休みの旅行、お正月に子供の誕生日会などなど……いろいろやりましたね。でもやりながら発見することもたくさんありました。

 2年目にブランド連載が始まり、本格的にモデル業をスタートしましたが、戸惑うことも多く、ぎこちなさもあり、自分の力のなさに嫌気がさしてしまうような時期もありました。自然に笑えるようになるまで3年かかりました。カバーをやらせていただくようになった7年目でも、表紙撮影の前は緊張して、前日は眠れないことが多くありました。

 自分がどんな心境のときでも、ハッピーで、笑顔でいなくてはいけないVERYモデルの難しさもありましたが、私を見て頑張ろうと思ってくれたり、「励まされています」という声を聞くと純粋に嬉しかったですね。誰かに影響を与えることができたとしたら、本当に幸せな仕事だったと思います。

 40歳を過ぎて、少し子育ても落ち着いた今、出かける場所も多岐にわたるようになりましたし、もうコンサバすぎてもつまらない。ファッションもライフスタイルもいろいろな経験をして、自分に似合うものがわかってくる年齢なので、これからはもっと自由にオシャレを楽しめるチャンスなのかなと思っています。同じような気持ちを抱いている読者の皆様と一緒に、来年の春からまた、「VERY NAVY」という新たなステージを進んでいけたらと思っていますので、楽しみにしていてください。

VERY2回目の撮影は、子供たちと。夏で暑いのに冬服を着せたうえ、まだ1歳だった次女は足元のアリに夢中。3人とも顔が上がった奇跡の一枚(笑)。 ©西崎博哉〈MOUSTACHE〉
ブランド連載がスタート。このときから“タキマキ”と愛称で呼ばれるようになりました。 ©設楽茂男
あどけない横顔の次女との写真は、機嫌の悪い中、普段あげないグミをあげて、ごまかしながら撮った1枚。 ©亀岡ののこ
クリスマスの再現は9月 で季節を先取りするので 準備が大変でした。 ©西崎博哉〈MOUSTACHE〉
24時間密着は、本当に朝から晩まで撮影で私もスタッフもグッタリでしたが、今見るといい思い出です。 ©西崎博哉〈MOUSTACHE〉
初表紙の号で初めて30ページの特集。この頃家族で餃子の王将にハマっていたのですが、撮影後は気持ち的にいい加減な格好では行けなくなりました(笑)。 左:©渡辺修身、右:©水野美隆〈zecca〉
黒いワンピースのカットは、初登場から3年目にして、初めて自分らしく心から笑えた1枚でした。 ©西崎博哉〈MOUSTACHE〉
お正月ハワイで肌を焼いてしまい、休み明けの仕事で怒られました…。これ以降、日焼けはしないと固く決心しました。 ©設楽茂男
「セクシー? そんな引き出 し私にない!」と思いましたが、いやらしくないママのセクシーが新鮮で写真も素敵でした。 ©ND CHOW
トレンチで座っているのは、朝から発熱してしまい、撮影中さらに悪化。でも中断は許されず〝この仕事は代わりがきかないんだ〟と、改めて緊張感を持ちました。結局この日の風邪はインフルエンザでした…。 ©酒井貴生〈aosora〉
初のスタイルブック『MY BASIC』を出版。
日帰りで石巻へ出張。実際に行かないとわからないことがあるので行ってよかったです。帰ってから子供たちともいろいろな話をする機会になりました。 ©遠藤優貴〈MOUSTACHE〉
表紙がスタートした10月号で主人と。2人の後ろ姿は見たことがなかったので、好きな写真です。 ©金谷章平
タイアップの撮影で、裸にジュエリーという状況で、〝自分とジュエリーだけの勝負〟。いつなんどきこういう撮影になっても大丈夫なように、体作りは常にしておかなくてはいけないと再認識しました。 ©長山一樹〈S-14〉
切り絵の絵本を出版するという新しいチャレンジもありました。 ©興村憲彦
© TISCH〈UM〉
特集の中で、読者の方のスタイリングをするスタイリストにも挑戦。いつもと違って楽しい撮影でした。 ©️来家祐介〈aosora〉
メンズモデルの方が入る撮影は、気が張るというか、調子が狂うというか、後ろから羽交い締めとか距離感も近いものが多いので、いつもの100倍くらい疲れました。 ©️渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉
絵心のない私……。簡単そうに見えて意外とむずかしいリサとガスパールの絵は、 正直大変でした。きびしいな~と思いながら頑張りました。 ©須藤敬一

取材・文/西尾慶子 コーディネート/渋澤しょうこ 編集/鈴木恵子

*VERY2019年12月号「滝沢眞規子さん卒業 ブレない軸をもつタキマキが教えてくれたこと」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

FEATURE

この記事もおすすめ