VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

運動会、遠足、ピクニックに最適!【サブバッグ&小物 】カタログ2023

夏休みが終わっても秋になったら運動会や遠足などアクティブ行事は目白押し!トートバッグやシートやタオルなど、面積が広く存在感のあるレジャーグッズは思い切ってカラフルを選ぶのがオシャレ。グリーンにも映えるので、いい写真を残したい人にもおすすめです。

まずはママスタイリスト&ママプレス愛用のカラフル小物をチェック

 

男女ともに使えるオレンジは、ママもオシャレに持てるカラー

撮影/西原秀岳〈TENT〉

オレンジとベージュがメインの組み合わせ。“男の子ママも可愛いものが持ちたい!”という気持ちを満たしてくれます。キルティングバッグとシューズバッグはビーミング  バイ ビームス、キャンバストートバッグはLesvacances d’lrina、メッシュバッグはビームスのもの。(BEAMSプレス 知識優花さん私物)

 

ニュアンスカラーとポップなカラフルの組み合わせも違和感なし

撮影/魚地武大〈TENT〉

ニュアンスカラーの浮き輪にカラフルな保冷バッグとクロスが絶妙にマッチ。PLAZAにはポップで可愛いアイテムが豊富に揃っています。保冷バッグはPLAZA、シート代わりの布はBEACHRIOT、浮き輪セットはPetites Pommesのもの。(スタイリスト 樋口かほりさん私物)

 

グレーベースの中にカラフルなリュックが映えます

撮影/魚地武大〈TENT〉

こどもビームスならオシャレなカラフル小物が見つかりそう。グレーアイテムに自然になじみポイントになる色使いのリュックと、持ち手のみブルーのレジャーバッグも◎。リュックはこどもビームス、トートはマトー バイ マールマール、レジャーバッグはbokumama、おくるみはボンポワンのもの。(スタイリスト 近藤和貴子さん私物)

 

ビーチブランドで発見。カラフルだけど優しげな配色が◎

撮影/魚地武大〈TENT〉

さすがビーチブランドなだけあって、砂浜に映える色合い。素材感も相まって、ナチュラルさのあるカラフルです。水色とピンクの組み合わせのプールバッグも優しげ。ビーチブランケットとバッグはLas Bayadas、プールバッグはTHE PARK SHOPのもの。(スタイリスト 岩田槙子さん私物)

 

グリーン使いでシックながら楽しげに盛り上げる

撮影/魚地武大〈TENT〉

ボーダーのハスタオルとグリーンのバッグの組み合わせが大人っぽい。バスタオルはプチバトー、バッグはアニヤ・ハインドマーチナショナル麻布マーケットのコラボ、浮き輪はコンゲススロイド、キャップはMini Rodiniのもの。(スタイリスト 丸林広奈さん私物)

 

ギンガムチェックは子供らしい柄とも相性良し

撮影/魚地武大〈TENT〉

ギンガムチェックは子どもの好きなフラミンゴ柄や花柄と組み合わせても不思議と違和感なく馴染む便利な柄。オレンジ系とブルー系でまとめた色合わせも◎。レジャーシートはフライングタイガー、浮き輪はアマゾン、フラミンゴ柄の水着は通販で購入。(スタイリスト 大野千歩さん私物)

 

アクティブシーンに欠かせないサブバッグ、タイプ別にまとめました

 

シンプルコーデを上品に盛れるギンガムチェック

撮影/西原秀岳〈TENT〉

ママたちが取り入れやすいギンガムチェック柄。右から、クードルセツコ サジテールトゥデイフルキャセリーニマリメッコバグーのもの。

 

素材感でオシャレさを出せるプリーツバッグ

撮影/西原秀岳〈TENT〉

サラッと持てる縦長タイプ。持つだけでオシャレな雰囲気の出るプリーツバッグに注目が集まっています。斜めがけできる長めショルダーも便利。右からビエロSEAP L E C OLASTFRAMEジョセフ アンド ステイシーのもの。

 

色・柄・素材感にキュン。アウトドアでも可愛げサブバッグ

撮影/西原秀岳〈TENT〉

サブバッグ=シンプルなイメージがありましたが、今年はそこを刷新。ピンクやラベンダーカラー、編み模様、花柄など、サブバッグで甘さを出すのもおすすめです。上から時計回りに、ピオヌンナルトポロジーシエンelueluザラBall &Chainメゾン ベンガルのもの。

 

パパが持ってもサマになるスポーティーデザイン

撮影/西原秀岳〈TENT〉

シャカシャカ素材やPVCなど、素材感で遊びます。水や汚れに強いところも嬉しい。上から時計回りに、マトー バイ マールマールニュートラルワークスYAECA WRITEハンターHAYボードビルSEAのもの。

 

レッスンバッグタイプもこんなに華やか

撮影/西原秀岳〈TENT〉

レッスンバッグをサブバッグとして使うママが増えてきた最近は、サイズや柄のバリエーションも豊富に。コンサバさんのカジュアルに寄り添うデザインが見つかりそうです。上段右から、マールマールビビスールフェイラー。中段右から、ア ヴァケーションボンポワン。下段右から、キャラメルツル バイ マリコオイカワのもの。

 

いかがでしたか?ベーシックカラーのシンプルグッズも素敵ですが、色や柄があるとやっぱり見ていて楽しいもの。楽しいアクティブ行事を、準備段階から盛り上げられそうです。

構成・文/井上さや

*掲載中の情報は過去誌面をもとに再構成したものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)