毎日着られそうな「Shizuna’s お買い取りリスト」VERY STORE 10月号

2019.09.06

「何着るか」を考えることすら億劫だった夏が終わって、やっとオシャレが楽しめる季節がやってきました! 最新のトレンドをいち早く自分のものにするのもいいけれど、実はベーシックなものこそ更新が必要な時季。みんなが持ってる、毎日着るようなものこそ、「今っぽさ」で着こなしに差がつきます。志津奈さん的「今年買うべきベーシック」を揃えました。

No_01:
N.O.R.C by the lineの
ロングオーバーサイズ トレンチコート
¥18,500

2019/08/VERYSTORE10_eye.jpg

二度見するほどのお値打ち感だけどサイズにもこだわり抜いたトレンチ
絶妙な色味で即オーダーしたという志津奈さん。サイズ感が絶妙な展開で、今回は「1.5」が登場! 身長159㎝の彼女もこのサイズをお買い取り。長すぎず短すぎない完璧な丈に感激です。色バリで黒もあり。コート¥18,500(ノーク バイ ザ ライン/ノーク)ニット¥28,000(スローン)デニム¥29,000(ハイク/ボウルズ)ピアス¥25,000右手リング¥30,000左手リング(人差し指)¥150,000(薬指)¥28,000(すべてエナソルーナ/エナソルーナ神宮前本店)サングラス¥36,000(ローワーケース/ブリンク・ベース)バッグ¥37,000(ヴァジック/コード)スニーカーはスタイリスト私物

No_02:
N.O.R.Cの
ヴィンテージサテン プリーツマキシスカート
¥8,900

2019/09/VERYSTORE10_01.jpg

みんな大好き、揺れるプリーツは今年らしいブラウンにチェンジ!
ウエストゴムでほんのりアシンメトリーになっているプリーツは歩くたびに揺れて女っぽい印象になること間違いなし。スカート¥8,900(ノーク)ニット¥21,000(ハウント/ハウント代官山〈ゲストリスト〉)ピアス¥12,500ネックレス¥58,000(ともにエナソルーナ/エナソルーナ神宮前本店)バッグ¥53,000(ア ヴァケーション/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S•C店)ブーツ¥62,000(ネブローニ/フラッパーズ)

No_03:
N.O.R.Cの
ギャザーネック ブラウス
¥9,900

2019/09/VERYSTORE10_03.jpg

ふわっとしたブラウスは
Tシャツに飽きた秋一番に恋しくなる

さっと一枚着ればサマになるフロントギャザーのデザインブラウスは、背中のV開きで抜け感が出て、甘すぎずハンサムな印象に着られます。志津奈さんはこの秋トレンドのブラウンと相性がいいブルーと、一枚で秋っぽくなれるキャメルをセレクトしました!ブラウス¥9,900〈ノーク〉デニム¥16,000〈ノーク バイ ザ ライン〉(ともにノーク)サングラス¥62,000(マイキータ/ブリンク・ベース)

No_04:
N.O.R.Cの
ヒョウ柄シャーリング ワンピース
¥15,000

2019/09/VERYSTORE10_04.jpg

細かすぎるヒョウ柄なので
アニマル初心者でも挑戦できる!

さらっと落ち感のある優しい素材感と、揺れる袖と裾は着るだけで品のある女性らしさアピールができる一枚です。コーディネートいらずなので慌ただしい朝に助かる、頼れるアイテムになりそう! 今シーズンはロングブーツが復活しているので、このワンピとコーディネートして今年らしく着こなすのが志津奈さんのおすすめ。ワンピース¥15,000(ノーク)イヤリング¥19,000(ジュエッテ)ブーツ¥30,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)バッグはスタイリスト私物

No_05:
N.O.R.C by the lineの
ツイルストレッチ チュニック丈シャツ
¥9,900

2019/09/VERYSTORE10_05.jpg

ワンピ気分で着られる進化系シャツは
丈感と色でブラッシュアップ!

さらっと落ち感のある優しい素材感と、揺れる袖と裾は着るだけで品のある女性らしさアピールができる一枚です。コーディネートいらずなので慌ただしい朝に助かる、頼れるアイテムになりそう! 今シーズンはロングブーツが復活しているので、このワンピとコーディネートして今年らしく着こなすのが志津奈さんのおすすめ。ワンピース¥15,000(ノーク)イヤリング¥19,000(ジュエッテ)ブーツ¥30,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)バッグはスタイリスト私物

No_06:
PIPPICHICの
コーデュロイ フラットシューズ
¥34,000

2019/09/VERYSTORE10_06.jpg

何にでも合わせやすい
ネイビー寄りの藍色で別注!

ペタンコ率が高くなるにつれて女らしさも低くなったなあ、なんて感じてしまう人でも、「PIPPICHIC」のペタンコなら
ビジュー付き、履くだけで女度も上がるデザイン。ポインテッドトウだからフラットでもパンプス感覚で履けます。デニ
ムやチノなどカジュアルな素材のパンツとの相性も抜群!シューズ¥34,000(ピッピシック/ベイジュ)ニット¥25,000(スローン)ピアス¥8,556リング¥10,000(ともにアビステ)その他はスタイリスト私物

No_07:
styling/の
ショートマウンテン パーカ
¥39,000

2019/09/VERYSTORE10_07.jpg

今欲しい〝コート前アウター〟は
素材カジュアル、シルエット甘口

メンズライクな印象のカジュアルなデザインも後ろはふんわりシルエットで女性らしく。今年トレンドのショート丈は自転車派にもありがたい。後ろ下がりなのでピップまわりもカバー。ブルゾン¥39,000(ケイシラハタ/スタイリング/)ニット¥44,000デニム¥22,000(ともにハイク/ボウルズ)バッグ¥10,000(エイトン/エイトン青山)スニーカーはスタイリスト私物

No_08:
ELENDEEKの
ライナー付きコート
¥48,000

2019/09/VERYSTORE10_08.jpg

展示会で大人気の完売予想コートは半年着られる!
フード付きのカジュアルなデザインのミドル丈コート。黒ならくだけすぎずシャープに着こなせます。長すぎない丈感だからスカートとも好相性。寒い時期でもライナーがあるから乗り切れそうです。コート¥48,000(ELENDEEK)ニット¥29,000(スローン)スカート¥48,000(ルーム エイト ブラック/オットデザイン)ピアス¥7,195(アビステ)バッグ¥43,000(トフ アンド ロードストーン/ティーアンドエル) ブーツはスタイリスト私物

No_09:
PLSTの
ヴィンテージ 2WAYブラウス
¥9,900

2019/09/VERYSTORE10_09.jpg

トレンドのシャツワンピは羽織りものとして2WAYで着る
今シーズン注目のアイテムはコスパ重視で挑戦しても。初秋の羽織りものとして前を開けて着たり、もちろんワンピースとしても活躍。ゆるっとしたデザインだから肌寒くなったら中に着込めちゃうのもありがたいところ。カーキ、ダークネイビー、ベージュの3色で販売します。ワンピース¥9,990(プラステ)スカーフ¥
11,000(マニプリ/フラッパーズ)リング¥13,750(アビステ)バッグ¥29,500(アディナ ミューズ/ADINA MUSE SHIBUYA)ブーツはスタイリスト私物

No_09:
Curensologyの
ギャザーネック ブラウス
¥18,000

2019/09/VERYSTORE10_10.jpg

ふんわりシルエットで体型カバーと清潔感のいいとこ取り
アウトして着て清々しさと女っぽさが保てるのはネック周りに入ったたくさんのギャザーのおかげ。産後、体型が戻り切れない時のお助けトップスとしても。デニムにもきちんとシーンにも合う万能な一枚です。学校用にネイビーもオーダー。白よりシャープな印象になります。ブラウス¥18,000(カレンソロジー/カレンソロジー 二子玉川)パンツ¥39,000(エイトン/エイトン青山)ピアス¥6,028(アビステ)バッグはスタイリスト私物

撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉 モデル/牧野紗弥 スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/菊池かずみ 取材・文/高橋志津奈 デザイン/髙橋桂子 編集/井上智明

PICK UP

  • 2019.09.18

    【おうちで薬膳】鮭ときのこの豆乳クリーム煮(夏の疲労回復レシ…

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

PICK UP

  • 2019.09.18

    【おうちで薬膳】鮭ときのこの豆乳クリーム煮(夏の疲労回復レシ…

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE