学校行事にも使える「ブラウス見えTシャツ」6選

2019.08.19

送り迎えや通勤、ランチ会、保護者会と、夏もきちんとシーンって意外と多いもの。大人気の裾フリルをはじめ、Tシャツ素材にブラウスみたいな着映えディテールをプラスした、いいとこ取りの“ブラウス見えTシャツ”に注目を。学校で浮かないきちんと感と親しみやすさを両立させてくれます。

 

 

Type①

コンフォートな素材感はそのままに
アシンメトリーなタックで着映え力UP

2019/08/p118-00.jpg

「さりげないオシャレ」が鍵の学校スタイル。Tシャツにほどよく華やかさを加えた塩梅がちょうど頼りに。タックTシャツ¥20,000(エンフォルド)パンツ¥29,000(Theory/リンク・セオリー・ジャパン)メガネ¥33,000(アイヴァン/アイヴァン PR)ネックレス¥70,000(トーカティブ)ショルダーバッグ¥68,000(マンサー・ガブリエル/イーストランド)

 

 

Type②

2019/08/VERY_201908_118.1.jpg

アシンメトリーになった裾部分が一枚で華やかさを演出。顔が明るくなる白の力も助けに。プリーツトップス¥12,800(エレンディーク)

 

 

Type③

2019/08/VERY_201908_118.4.jpg

甘派のママが頼るブランドの体感ブラウスは光沢素材がよそ行き感満点。フロントフリルトップス¥19,000(YOKO CHAN)

 

 

Type④

2019/08/VERY_201908_118.2.jpg

甘めなバルーン袖は、辛口テーパードパンツと好相性。Tシャツの延長線上で楽しめるノンストレスな一枚。トップス¥17,000(ebure)

 

 

Type⑤

2019/08/VERY_201908_118.3.jpg

体感ブラウス×学校カラーの代表ネイビー。敵なしの最強コンビで学校行事のパートナーに。ペプラムトップス¥11,000(yori)

 

 

Type⑥

2019/08/VERY_201908_118.5.jpg

甘派のママの鉄板モチーフ、リボンがウエストに。腰高効果もアリ。トップス¥13,000(CLAUDIA Li/THIRD MAGAZINE)

撮影/YUJI TAKEUCH〈I BALLPARK(〉人物)、Kevin Chan(静物) スタイリング/石関靖子 ヘア・メーク/川村友子 モデル/東原亜希 取材・文/井田理恵 編集/引田沙羅

*VERY2019年8月号「30°超えの日の“きちんと”は二者択一 “Tシャツ”VS.“シャツ” お出かけに着るならどっち?」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

PICK UP

  • 2019.09.18

    【おうちで薬膳】鮭ときのこの豆乳クリーム煮(夏の疲労回復レシ…

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

PICK UP

  • 2019.09.18

    【おうちで薬膳】鮭ときのこの豆乳クリーム煮(夏の疲労回復レシ…

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE