VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【コスパ通】“ZARA好きライター”わかなはU¥15,000でオシャレを更新!

「高い=オシャレ」でも「安かろう悪かろう」でもなく納得感ある価格を見極めるセンスこそが問われる時代。コスパ服を上手に取り入れてオシャレ鮮度を上げるのが上手なVERYライター木村幼奈さんは、U¥15,000がコスパの適正価格。リアルに愛用しているブランドやアイテムを教えてもらいました!

\〝適正価格ハンター・わかな〟は/

税抜U¥15,000で
賢くオシャレを更新!

編:VERY webでZARA連載も担当するコスパ通の幼奈(わかな)さん。仕事柄、色々なブランドをチェックしているけれど適正価格はどう見極めている?

幼:来年は着られないかな、と思ったらお金はかけないのがMYルール。シンプル服が多いので鮮度アップのためシーズン毎に今っぽくなったり、オシャレしてる感が出る服は買い足していますが、『更新感』が目的の買物は割り切ってコスパを重視。中途半端なものを買うくらいなら無理に買わなくてもいいと思っています。2万円だったら「じゃあ、諦めよう」と見送ることが多いので、税抜で上限¥15,000が私にとって納得できるコスパの適正価格かな。素材の良さに信頼がある高価格帯なブランドでも中にはお手頃なベーシック名品が見つかることも。ビオトープのデニム(a)、サクラのタンクトップ(g)、オーラリーの靴下(h)、ベースレンジのTシャツ(n)はその良い例。視野を広げてリサーチすることも大事にしています。

【a】Levi's×BIOTOP

【g】SACRA

出番多めなベーシックオシャレは
「ちょっと頑張る!」

タンクトップ¥16,500(サクラ/インターリブ)

【h】AURALEE

左からローゲージソックス¥3,630 ハイゲージソックス各¥2,750(すべてオーラリー)

【n】Baserange

また、コスパが高いECブランド(b・d・i・m・o)や韓国EC(e・l)に背中を押してもらうことも。大胆なデザインも「この値段だったらトライしてみようかな」とオシャレに対するフットワークを軽くしてくれる存在。ワンシーズン楽しめれば十分!と思って買ったGUのスウェット(j)やCENEのアクセ(f)が、結果的に使い勝手が良くてスタメンとして大活躍しています。また、「この日だけはヒールが履きたい」という気持ちを満たしてくれるZARAのシューズ(c)など、お金をかけなくても妥協なくオシャレを楽しめるのがコスパ服の醍醐味! もっと使いこなしていきたいですよね。

【b】eLLa

自分らしくない服は
安くても買わない!

【d】BASEMENT

【i】ELFRANK

【m】jemma.atelier

【o】BLANC

インスタで出会う
ECブランドも活用!

【e】LAURENHI

夏のワンピもU¥15,000!

【l】Cookie com

【j】GU

来年は着ない服には
お金はかけません!

【f】CENE

家事や旅行中も着けっぱなしOK

【f】CENE

【c】ZARA

【k】PETIT BATEAU

定番白黒Tもコスパで買い足し

Profile

木村幼奈(きむらわかな)さん/VERYライター。誌面はもちろんインスタLIVE出演もこなす小学生姉妹のママ。

撮影/杉本大希(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/廣瀬浩介 取材・文/増田奈津子 編集/太田彩子
*VERY2023年5月号「オシャレの更新感は、コスパ服に助けてもらお♡ Part1 〝適正価格ハンター・わかな〟は税抜U¥15,000で賢くオシャレを更新!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)