VERY August 2024

VERY

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

原田夏希さんがお手本『心に余白が持てる“甘口オシャレ”の作り方』私物も多数登場!

VERYモデルの原田夏希さんは撮影や打ち合わせでお会いするたびに、「大らかで気持ちがいい方!」と、その人柄に心を奪われるスタッフが続出中。育児に追われる毎日の中でも、考えるだけで楽しいファッションは心の支え。送迎と他の用事の行き来のしやすさを考えて、たどり着いたという原田さんの定番スタイルを拝見します。

疲れたとき、ふと目に入る甘さが心に沁みる♡

「甘コンサバおしゃれ」に
頼れば乗り切れちゃう!

「本物のジュエリーを適正価格で」
というオーナーの想いに賛同し
コラボさせて頂くことに

コラボの打ち合わせは、
ジュエリーが甘い分、装いは辛く。
媚びない甘さがベストバランス

眺めても身に着けても幸福感を
くれる甘モチーフジュエリー

JEWELILY TOKYOのジュエリー/すべて本人私物

JEWELILY TOKYO(@jewelilytokyo)のオーナー兼デザイナーであるノニーさんの「本物のジュエリーを適正価格で広めたい」という価値観に共感し、パールコレクションでコラボさせて頂きました。正統派な白の大粒アコヤパールは、ダークカラーの髪の隙間からチラリと見えたときの存在感が格別♡ コラボ前から元々ファンでハートなど甘いモチーフのジュエリーを集めてきました。カオスのジャケットは、シルエットが好きで、麻素材のものも愛用中。ほんのり肌見せと、甘めのジュエリーを組み合わせて、どこか芯の強さを感じさせるバランスで着ると仕事モードに切り替わります。
カオスのトップスとジャケット、JEWELILY TOKYOのジュエリー/すべて本人私物 パンツ¥11,550(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)

銀座三越のPOPUPは
店頭にも立ちました!

for Dairy

どこかへ行く予定がなくても、
コーデが甘いと、それだけで楽しい

なんでもない日でも、
褒められ率の高いデコラティブな
ブラウスでテンションUP

送迎合間に子どもも喜ぶカフェに立ち寄るのが楽しみ。白の甘ブラウスは、ジレとの相性も良く重宝しています。
フェテのブラウス/本人私物 パンツ¥43,450(ザ・リラクス)ピアス¥46,200(ブランイリス/ブランイリス トーキョー)サンダル¥119,900(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)バッグ/スタイリスト私物

上質なアイテム選びで、
大人に似合う甘さを追求

ヘアスタイリストshucoさんのブランドTRESSEのカチューシャは、留まりも良く、前髪が決まらないときに便利。明るいブラウンのカチューシャは髪色に馴染むので、太めカチューシャでもさりげなく着けられます。
TRESSEのカチューシャ、アレクサンドル ドゥ パリのカチューシャ/ともに本人私物

ツイードジャケットはユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店別注。こちらの別注はコンサバすぎない甘め服が見つかるのでよくチェックしています!
ユナイテッドアローズのジャケット/本人私物

アニマルモチーフの小物を探していて、見つけたウサギのバッグ。洗練されたチュール素材だから大人も使いやすいデザインです。
ラドローのバッグ/本人私物

for Special day

きちんとしたい日は
レディなバッグやシューズを堪能

久々のママ友ランチ。
とっておきの日は、バッグと
シューズに気合いを注入!

子連れのお出かけではなかなか着られない繊細なシースルーのブラウスは、ここぞという日のご褒美服。色っぽくなりすぎないように、ベージュと上質なレースを選び、品よく。トップスが軽やかなら、王道の黒パンツに黒小物合わせでも重たくならず、好バランス。
ラドローのトップス、ユニクロのインナー、デルヴォーのバッグ/すべて本人私物 パンツ¥35,200(yori)ピアス¥20,900(イリス 47/フーブス)靴¥59,400(ペリーコ/アマン)

母業も自分らしさも
両立させるエレガントさに夢中

持つたびに買ってよかったと思うデルヴォーのバッグ。母業にも使え、甘コーデの引き締め役にも。タンペートは開閉しやすくシーンレスに活躍。ブリヨンは、かしこまった席のときに。
デルヴォーのバッグ/ともに本人私物

〝感度の高さ〟が漂う
永遠のファッションアイコン

どんなコーデにも、今っぽさと品を与えてくれるシャネル。ラフな日にも程よくきちんと感を与えてくれるから、仕事やママ友とお茶のときにもよく持っています。
シャネルのバッグ/ともに本人私物

たまには背筋の伸びるヒールで
自分らしさを取り戻したい

以前VERYの『産後、甘いに目覚めた私がいます』企画で履いてから、久々に欲しくなってロンハーマンで購入。ZARAのブルーデニムにカジュアルに合わせるのがお気に入りです。
マノロブラニクのミュール/本人私物

撮影/谷田政史〈CaNN〉(モデル)、草間智博〈TENT〉(静物) スタイリング/石関靖子 ヘア・メーク/只友謙也〈P‒cott〉 モデル/原田夏希 取材・文/高橋夏果 編集/髙田彩葉
*VERY2023年4月号「今こそ、ママたちの心に余白を♡ Part2 3児の母で大忙しな原田夏希さんに、いつも心の余白がある理由」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*シャネルは私物につき、ブティックへのお問い合わせはお控えください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

August 2024

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)