FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

キレイめママほど『ブランドデニム』に投資中!“モード見え”がポイント

ブームとなったあのカットオフデニムの登場から、デニムもハイブランド熱が上昇。シーズンレスで、靴やバッグほど一過性のトレンドに縛られることなく、ひとクセデザインで普段着の完成度をグッと引き上げてくれるブランドデニムは投資の価値十分。キレイめ派さんのブランドデニムを調査しました!

キレイめ派ほど普段着デニムは
ハイブランドに投資派、
増えてます!

CELINE

穿いていると必ず誉められる
脚長効果抜群の優秀デニム

鈴木麻友さん(30歳・長男3歳)

20代はファストブランドのデニムを穿くことも多かったのですが、30歳を機に長く使えるデニムに投資。ウエストのサイドのゴールドプレートがポイントのセリーヌのデニムはとにかく脚が長くスタイルアップして見えるからスニーカーでも安心。買って以来ランチや買物などシーンを問わずに活躍していて、これからも育てていくのが楽しみです。

LOEWE

個性的なデザインがカジュアルを
オシャレに格上げしてくれます

村上沙織さん
(38歳・長女14歳、長男10歳、次男2歳)

サッカーのお迎えや公園など、デニムは子育て真っ只中のママにとって強い味方。ロエベのデニムは濃淡のセパレートに、切りっぱなしの裾、クロップド丈と、個性的な要素たっぷりでデニム好きとしてはスルーできませんでした(笑)。ボーダーやパーカなど、カジュアルなトップスに合わせるだけで手の込んだオシャレに見える、まさに頼れる一本です。

Maison Margiela

穿くだけで自信が持てる
ワードローブの要です

福永淑恵さん(33歳・長女3歳、長男0歳)

海外スナップや滝沢眞規子さんの私服で気になっていたカットオフデニム。大胆に入ったスリットに躊躇していましたが、思い切って購入して大正解。着慣れた甘めニットもこのデニムのおかげで新鮮に見えます。今の時期は甘めのトップスを合わせていますが、夏になったら白Tやタンクを合わせてミニマルに楽しむ予定。

miu miu

ウエストデザインのおかげで
苦手意識のあったデニムを克服!

西尾里砂さん(31歳・長女4歳)

この春久しぶりにデニムにチャレンジしたく探していたところ、キュッと絞ったようなウエストデザインとポケットの白ロゴに一目惚れ。デニムなのに程よく甘く、デニムの概念を崩してくれた一着でした。ウエストデザインを生かすため、トップスはINしてジャケットも短か丈が鉄則。足元もヒールで女っぽさを満喫します。

Maison Margiela

甘トップスをモードに
振ってくれる旬デニムの虜

村上沙織さん

3年前に購入したスリット入りデニムは大好きな甘盛りブラウスをモードに見せてくれる便利アイテム。甘辛ミックスに欠かせません。あえて裾はカットせず、靴に合わせて折って調整。ゆるっと感を楽しんでいます。女っぽさとモード感を両立できるのはハイブランドならでは!

Maison Margiela

エッジの効いたウエスト
デザインに一目惚れでした

齊藤美沙紀さん(31歳・長男8歳)

キレイめが好きなので、デニムも細身のものが中心でしたが、このウエストのフロントデザインと、美しいワイドシルエットに感動し、試着後即決。甘ブラウスには洒落感を、シンプルニットにはひと技効かせた感を出してくれる万能な存在。2シーズン前に買って以来大活躍中です。

撮影/久保嘉範、相澤琢磨 スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/福川雅顕 取材・文/田中幸恵 編集/引田沙羅
*VERY2023年3月号「「ブランドデニム」で映えるカジュアル」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*掲載のエルメス商品は私物につき、店舗へのお問い合わせはお控えください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

June 2024

June 2024

2024年5月7日発売

980円(税込)

【VERY NaVY 2024年6月号】5月7日発売!

2024年5月7日発売

1060円(税込)