「サンダル×デニム」今どき正解バランスとは?

2019.06.06

デニムを制する者は夏を制する!単純なワンツーでもサマになるデニムは、まさに今からが本番。でも、定番だからこそ、ハッと目を引く洒落感を出すには、そこに新しさを加えていくことが必要です。
まずは、デニムと足元との最良バランスを知ることが必要不可欠。この夏の定番サンダルをベースに「サンダル×デニム」の正解バランスを考えました。

 

 

正解BALANCE:01

前後差丈デニム
  ×
スリッパサンダル

2019/06/VERY_201907_124.jpg

前後差のある裾が、足首の
抜け感作りにひと役

甲を覆うデザインは、フルレングスだとちょっと重たい。とはいえクロップドだとすっきりしすぎるスリッパは、アシンメトリーな裾がちょうどいいバランス。フリンジ付きスリッパシューズ¥24,000(ファビオ ルスコーニ/ファビオルスコーニ 六本木店)アシンメトリーヘムデニムパンツ¥7,800(Mila Owen)トップス¥13,000(イレーヴ/アングローバル)眼鏡¥33,000(ヴォン/ブルース)ピアス¥35,000(アナプノエ/プリマクレール・アタッシュプレス)ショルダーバッグ¥110,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)トートバッグ¥19,000(ATON/エイトン青山)

 

 

 

正解BALANCE:02

ワイドストレート
 ×
スポサン

2019/06/VERY_201907_125.jpg

デニムは太すぎず細すぎず、
が今年のキーワード!

ボリューミーなスポサンには、存在感のある足元に負けずに悪目立ちもさせないゆるワイドが好都合。ボルドー×濃紺デニムに、軽さを加えてくれる白をON。白ロゴテープサンダル¥14,000(STUDIOUS×SHAKA×beautiful people/ステュディオス ウィメンズ新宿店)デニムパンツ¥26,000(ナゴンスタンス)ボルドーノースリーブワンピース¥14,000(リムアーク/バロックジャパンリミテッド)イヤリング¥3,900(LAPUIS/ROSE BUD)バックパック¥39,000(エコー/エコー・ジャパン)

スリッパサンダル、スポサンのほか、今季の定番になりそうなアンクルストラップやヌーディサンダルをピックアップして、無理なくトレンド感を演出する合わせテクをご紹介中!詳しくは、VERY7月号でチェックしてくださいね。

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 スタイリング/出口奈津子 ヘア・メーク/川村友子 モデル/大桑マイミ 取材・文/森田晴菜 編集/太田彩子

*VERY2019年7月号「出番が増えるこれからの季節、できるオシャレをとことん見せます! 自分史上、いちばんオシャレなデニムスタイルを目指そう」より。
掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

PICK UP

  • 2019.12.06

    VERY2020年1月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.11.29

    【VERY厳選】出産祝い“賞味期限長め”のベビー服ブランド&…

  • 2019.12.06

    【30歳の記念買い】 今どきコンサバ名品“あのブランドのあの…

  • 2019.12.05

    ママ世代の“ローファー”コーデ7選

  • 2019.12.05

    実は着回せる!ママ世代の女っぷり“柄ワンピ”6選

  • 2019.12.06

    心にときめき、素肌にバタフライ

  • 2019.12.06

    冬の女っぽい♥に好都合な服みつけた!

  • 2019.12.06

    ママと選手の両立は?【神山まりあさん×パラトライアスロン・谷…

PICK UP

  • 2019.12.06

    VERY2020年1月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.11.29

    【VERY厳選】出産祝い“賞味期限長め”のベビー服ブランド&…

  • 2019.12.06

    【30歳の記念買い】 今どきコンサバ名品“あのブランドのあの…

  • 2019.12.05

    ママ世代の“ローファー”コーデ7選

  • 2019.12.05

    実は着回せる!ママ世代の女っぷり“柄ワンピ”6選

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE