VERY August 2024

VERY

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

部屋着に見えない【ニットパンツ】コーデ10選!アイテム選びのコツも

   

ラクで暖かいから「一度手を出したらほかのパンツが穿けなくなる!」という声も聞かれるほどのニットパンツ。デニムやかっちりパンツにはないリラックス感が出るのも魅力ですが、そのラフさゆえ部屋着のように見えてしまうことも……。そこで、おでかけや仕事にも行けるニットパンツコーデを紹介します。

脱部屋着、なニットパンツの選び方

ストレート&フレアシルエットは腰~太もものフィット感をチェック

腰回りがフィットするものが多いので、下着が当たってしまったり、自分の気になる部分があらわになることも。リブニットや厚手の生地を選ぶのがおすすめ。裾が短いとカジュアルに見えるので、地面スレスレくらいがきれい見えのポイントです。

 

裾ゴムタイプはジョグパンと同じ要領で太すぎないものを

穿き慣れたジョグパンツと同じシルエットの裾ゴムタイプは、いつものコーディネートの要領で取り入れられます。太いと家着感が出てしまうので、裾に向かって細身のデザインを選ぶと簡単にきれい見え。黒などのシックなカラーは仕事用パンツとしても活躍しそう。

 

一番簡単なのは「白黒グレー」でまとめること

 

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy company〉

黒ジレを羽織れば瞬時にきちんと見え
トップスがTシャツでも、ジレ一枚できちんとコーデに。ニットパンツがほどよいゆるさでむしろオシャレ。ニットパンツはハイクのもの。

 

撮影/金谷章平

×スニーカー&ロンTも黒白でまとめればラフすぎない
ショートブーツ感覚で裾をハイカットスニーカーにイン。足元の簡単テクでゆるいスタイルも脱部屋着に。ニットパンツはアンクレイヴのもの。

 

撮影/倉本侑磨〈Pygmy company〉

あえてクリーンな白のセットアップで着るとこなれた仕上がりに
スウェットの上下ではなくニットなところが通っぽい。ストレートシルエットのパンツがキレイめ感を後押ししてくれます。黒のレザー小物でリッチに盛ることが重要です。ニットパンツはアンクレイヴのもの。

 

撮影/花盛友里

白~グレーでニットの質感を使った優し気コーデが完成
あえて締め色の黒を使わず、白~ライトグレーでまとめると柔らかな印象に。ブラウスやバレエシューズで甘寄せしてさらにきれいめ感アップ。お腹まわりを締め付けないので妊婦さんにもおすすめ。ニットパンツはデミリーハーツロンハーマンのもの。

 

「きれいめ小物」でゆるさとのバランスを

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy company〉

クラッチ&ヒールはボーダーもおでかけ見え
ニットパンツにボーダーロンTの楽チンコーデも、キレイめ小物とモノトーンで仕事にも行けそうなスタイルに。ニットパンツはハイクのもの。

 

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

ヒールブーツにチェーンネックレスで簡単おでかけ仕様
さらに黒のピーコートで、きっちりしたコーデに。真面目パンツを合わせるより楽しげなオシャレになります。ニットパンツはエミ アトリエのもの。

 

「襟付き」アイテムと合わせたらゆるさが味方に!

 

撮影/金谷章平

ニットパンツにきちんと感を足してくれるトラッド系アイテム
ストライプシャツに紺ブレ、ローファーというトラッドテイストのアイテムをニットパンツで外すのが素敵。児童館でも快適な好感度スタイルです。ニットパンツはカレンソロジーのもの。

 

撮影/菊地泰久〈vale.〉

白シャツとパステルカラーでゆるさく柔らかく
ブラウスに真面目パンツだと隙のない感じですが、ニットパンツを合わせることでリラックスした雰囲気が出させます。ミントグリーンと白の淡トーンも優し気で素敵。ニットパンツはエブール フォー ロンハーマンのもの。

 

撮影/土山大輔〈TORON〉

オールカジュアルでも襟付きジャケットでラフすぎない
公園や自転車におすすめのスタイルは、シックなカラーでまとめるのが◎。カジュアルに着るときほど、ニットパンツのシルエットや素材感に注意。スラックスのように見える上質なものが一枚あると便利です。ニットパンツはハイクのもの。

 

撮影/金谷章平

ブラウスのレイヤードでカジュアルにさりげなく甘さを
ニットパンツ、スウェット、スニーカー、ブルゾンとカジュアルオンパレードでも、チラッと見えるブラウスや全体の淡いカラートーンのおかげで手の込んだ雰囲気に。ニットパンツはサードマガジンのもの。

 

合わせのアイテムや色を意識すれば、ニットパンツのゆるさがポイントになりむしろカジュアル上手に。公園に児童館に送迎に、真冬も外にいる時間の長いママたちに強くおすすめしたいボトムスです。

文/井上さや
※掲載のアイテムは、すでに販売が終了している場合がございます。予めご了承ください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

August 2024

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)