VERY February 2023

VERY

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【アップルウォッチでできることって?】愛用ママ急増「時間を節約できる」オンオフ活用法とは?

エルメス仕様のデザインが話題となり、人気を博してから数年。最近では機能性に注目し、アップルウォッチを愛用しているママが急増中!仕事や家事を効率的に進めていくために、どう活用しているのかをお仕事ママ&子連れママ4人に教えてもらいました。

\これで1日20分は節約/
賢いママの次世代
アップルウォッチスナップ

【お仕事ママ】会議中の連絡や確認も手元で捌ける

働くママ代表

熊本 薫さん 東京都在住 長女13歳・長男3歳
ITベンチャーを経てスタートアップにジョイン。姉弟は10歳差のためスケジュールがバラバラ。時短と効率化重視で生活するワーママ。

ワンオペで取締役と
PTA役員を務める日々。会議中の連絡や
確認の嵐も手元で捌けます

2年前に使い始めた頃は「確かにあると便利かも」程度だったのですが、今では「これがなきゃ仕事ができない」と思うほど必要不可欠なものになっています。一番のメリットはメールやLINE、電話の確認が手元ですぐにできること。大事な会議中だと頻繁にスマホをチェックすることは難しいですが、アップルウォッチだと娘や保育園、シッターさんからの連絡をすぐに、周りに気づかれることなく確認できるので打ち合わせにも支障が出ませんし、安心して仕事に集中できます。

それに、アップルウォッチそのものがON・OFFの切り替えになっている部分もあって。自宅に帰ると外すのですが、戦隊ヒーローが使う変身アイテムのように、アップルウォッチを着けることで「さあ、今日もやるぞ!」と自分が戦闘モードに切り替わるんです(笑)。ワンオペで仕事と育児を両立させるのは大変ですが、家では子どもの気持ちに寄り添える優しいママでありたい。だからこそスイッチングできるアイテムを持って、気持ちのモードチェンジすることが重要だと感じています。ベルトはEPONASのレザーバンドを愛用中。カラーが豊富なので、気分に合わせて付け替えを楽しんでいます。

手元で逃さず着信を受けて
イヤホンで通話しながら移動

業務連絡はもちろん、スマホを持っている娘からの着信やLINEにも即座に反応できるので、娘には「いつでもママと連絡がとれる」という安心感を与えられていると感じています。

予定開始の数分前に通知がくるので
余裕を持って行動できます

スマホが手元になかったり、バッグの中に入れていたりして、通知に気がつかなかった…という心配がありません。マルチタスクの日々でも、会議やお迎えの遅刻がなくなりました。

【お仕事ママ】“音声入力”で隙間時間に頭の中を整理

平田亜美さん 大阪府在住 長男4歳・長女1歳
pilates studio027オーナー。今年4月オープンのスタジオで15名のインストラクターと共にレッスンを行う。

レッスンの合間に声で
TODOリストやメモを作成。流動的な
スケジュールの共有もスムーズ

アップルウォッチを使い始めたのは約4年前。ヨガインストラクター時代に、レッスン中に手元でBGMを変えられるのが便利!と思ったことがきっかけでした。2度の妊娠・出産を経て、ライフスタイルが変化すると共に使い方の幅も広がり、今や仕事と育児の相棒になっています。よく使う機能はJust Press Recordというボイスメモアプリで、レッスン中に気がついたことやスタジオ運営を行う中でのTODOや改善点など、思いついたことをその場で音声入力。話した内容がそのままメモ化されるので、忙しい毎日でも頭の中を整理でき、重宝しています。

ママとしてのTODOはリマインダー機能で管理。買物リストを作成しているので、時間に追われながらのスーパーでのお買物も、迷うことがなくスムーズです。そして日々の生活を円滑に進めるために重要なのが、タイムツリーを使った夫とのスケジュール共有。仕事柄スケジュールが変動的なので、子どもの習い事や行事、お互いの予定などを共有しています。タイミングが合えば夫婦で美味しいご飯を食べに行くことも。アップルウォッチで時間にゆとりが生まれました。

水分や汗で濡れても大丈夫な
ラバーバンドを愛用中

水に強くて安心なラバーバンドが活躍中。仕事はもちろん、アウトドア派な主人の影響で休日もよく外で過ごすので、ラバー製が安心。ウォッチ本体の防水機能も嬉しいです。

1日の目標値を設定して
日常生活でも運動量を意識

実は妊娠で20キロも太ったのですが(笑)、アクティビティリングに目標を入力し日常生活でも意識的に運動。毎日の目標を達成したら産後半年で体を戻すことができました!

時短Point

■ 振動アラーム
早起きしたい日に自分以外の家族を起こさず起床できる

15分SAVE
子どもが起きてぐずってタイムロス…を回避

■ スケジュール管理
スケジュールを手元ですぐに変更・修正できる

5分SAVE
手帳にあれこれ書き込む時間を短縮

■ 「LINE」「メッセージ」へ定型文で返信
「承知しました」などの定型文を素早く返せる

5分SAVE
シンプルな返信で済む連絡にすぐ対応できる

■ iPhoneを探す
アップルWATCHからスマホの音を鳴らせる

10分SAVE
スマホを探すタイムロスがなくなる

【子連れママ】授乳や睡眠時間など育児記録に大活躍

子連れママ代表

石黒結佳さん 横浜市在住 長女3歳・長男8カ月
2年前に、夫の駐在先だったロンドンから帰国。モノトーンやオールブラックなど、クールめなコーディネートが得意。

2人目が生まれるタイミングで
夫と揃って購入。子どもの育児記録に
大活躍しています

育児がより忙しくなるであろう2人目の出産をきっかけに購入しました。多忙な夫とは、アプリでスケジュールを共有しています。急な変更も手元にすぐ通知がくるので、後から気がついて焦ることがなくなりましたし、最新のスケジュールを共有することで、家族の予定が立てやすくなりました。スマホでの操作が必要だと、ついSNSも一緒にチェックしてしまい、スマホを触っている時間が長くなりがちでしたが、アップルウォッチを購入してからは無駄な時間を減らせた気がします。

それに、息子の授乳中や寝かしつけの途中でも、育児アプリに記録できるのが感動レベルの便利さ! 長女の時はまだスマホで操作をしていたので、その頃から知っていたらどんなに良かったか…と思います。毎日のスケジュールや写真、育児のデータがぎっしり詰まっているので、アップルウォッチそのものが、私の育児手帳のような感覚です。宝物というと大げさですが、これまでの思い出がたくさん残っていて、すごく愛着があります。一人で子どもを連れて電車移動をする際や、お買物中の会計でもタッチするだけなので大活躍。もたつくことが減ってストレスフリーになりました。

育児アプリの「ぴよログ」を愛用。
睡眠やミルク時間を即記録

授乳時間やミルクの量、排便、睡眠時間などをスマホ操作なしで記録できるのがとにかく便利。月齢が低い時には夜間授乳のタイミングを知らせるアラーム機能も役立ちました。

お気に入りのシルバーアクセに合う
チェーンバンドをチョイス

韓国のECサイトで購入したチェーンバンドは手持ちのアクセとも好相性。出がけにバタバタして他のアクセを忘れてしまっても、これさえ着けていればコーデの完成度がUPします。

【子連れママ】2児とのお出かけも両手が空くからスムーズ

小谷祐子さん 芦屋市在住 長男6歳・次男1歳
今春小学校へ入学した長男と、日々活動的になる次男。時間管理に追われながら男の子2人の育児に奮闘中!

息子2人とのお出かけで
両手が空くのは本当に助かります。
お会計や改札通過も楽々♪

元々は機能性に注目してというよりも、アクセサリー感覚で購入したアップルウォッチでしたが、使い始めてその便利さに驚きました。最初に実感したのは電車の改札口で、ベビーカーを押しながらワンタッチで電車に乗れることに感動! お稽古の送迎のために息子2人を連れて電車に乗る機会も多いのですが、スムーズになることでプチストレスが解消されました。これをきっかけに「アップルウォッチって主婦の味方では⁉」と、いろんな機能を試してみるように。クイックペイを使うようになってからは鞄の中から財布を探す手間が省けて、次男を抱っこしていても楽にお会計ができるようになりました。

また今春に長男が小学生になったことで、最近よく使うようになったのがタイマー機能。宿題も少しずつ難しくなってきているので、ダラダラと問題を解くことのないように、学習時間を決めてメリハリをつけたり、制限時間を設けて「○分でできるかな?」と盛り上げたりしています。子育てのステージが変わっていく中で便利さが増しているので、これからも私の支えになってくれると確信しています。

次男がぐずった時には写真を
見せると喜んでくれて効果抜群

カフェや電車の中など、次男の機嫌が怪しくなって困った!という場面では、自分の写真を見せるのが効果的。赤ちゃん時代の写真も嬉しいようで、自らスワイプして見ています。

スキマ時間での買物やお茶も
スムーズなお会計で慌てない

上の子のお稽古中は、お買物やママ友とのリラックスタイム。でも気がついたらお迎えの時間!ということも(笑)。財布を出す手間のないクイックペイに助けられています。

時短Point

■ 振動タイマー
アラームをセットし時間を決めて買物ができる

30分SAVE
子どもの習い事中の待ち時間などを有効活用

■ リマインダー機能
必要なアイテムのリストを手元で確認できる

20分SAVE
買い忘れによる二度手間を防止

■ 「LINE」「メッセージ」へ定型文で返信
夫へ「何時に帰ってくる?」など自分で設定した定型文を送信

10分SAVE
家事や自分時間の予定が立てやすくなる

■ 交通電子マネー
ハンズフリーでタッチして改札を通れる

5分SAVE
ICカードやスマホを探す動作が不要に

撮影/イ・ガンヒョン〈関東分〉、松本真也〈関西分〉 取材/伊藤綾香、金剛加奈絵 編集/本間万里子 撮影協力/HONEY BUNNY ashiya
*VERY2022年10月号「賢いママの次世代アップルウォッチスナップ」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

February 2023

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)