VERY December 2022

VERY

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【エルメスの名品ロングブーツ】VERY読者5人の“清水買い”ストーリー&コーデを拝見!

360度どこから見ても美しいストレートなシルエットに、アイコニックなバックルを施したエルメスのロングブーツ「ジャンピング」。年々上がり続ける価値に、いつか買うなら今!と購入するVERY世代が増えています。そんな〝一生物〟を今年らしく履く方法、SNAPさせてもらいました。

*掲載のアイテムはすべて私物につき、店舗へのお問い合わせはお控えください。

キレイめ読者は
王道だからこそ
〝更新系コンサバ〟で今っぽく!

クチュール感のあるワンピ見えの
黒ジレはブーツと統一感満点!

甘モノトーンで夫婦ご飯へ♡

産前〜産後と大活躍!

阿部佳織さん from TOKYO

0、2、3歳の娘の子育てでバタバタしがちな毎日に、履くだけで高揚感のあるジャンピング。レギンスにワンピ見えするように重ねたジレは、カットレースが美しく、足さばきのいいセシリー バンセンとマッキントッシュのコラボ。ブーツ同様、ずっと大事に着たい一着です。

〝いつか買う〟なら1日でも早くが鉄則
一生物黒ブーツの
清水買いストーリーを聞きました

阿部佳織さん 34歳・産婦人科医

三女妊娠中のレギンス
生活でその魅力に開眼!

レギンス一択生活だった三女妊娠中、落ち込みぎみなオシャレのモチベーションを上げたくなり、以前から欲しかったジャンピングの購入を決意。産後の今なお活躍しています。

ショーパンが新鮮なセットアップは
肌面積を程よくカバー

小川ゆりさん from TOKYO

第三子妊娠中で徐々に丸みのある体つきになってきた今、ストンと直線的な美しい筒型のジャンピングがしっくり! Cabanaのジャケットセットアップに合わせてカジュアルに履いても品をキープ、今年らしいミニ丈ボトムスと合わせると更新感が出る気がします。

〝いつか買う〟なら1日でも早くが鉄則
一生物黒ブーツの
清水買いストーリーを聞きました

小川ゆりさん 33歳・フリーPR

20代からの憧れは去年の
買い逃しを経て真夏に入手!

30代で自分のブランドを始めたことで〝一生物〟について考える機会が増え、去年ジャンピングを初試着。その後買い逃してしまい今年こそは!と夏のうちにマイサイズを入手。

バレエorショートブーツの
二択からバランス刷新!

王道でいて新鮮なロング

渡邊真衣さん from OSAKA

これまでバレエやショートブーツが圧倒的に多かった甘ブラウス×スキニーの足元ですが、ジャンピングを投入したら劇的に新鮮なバランスに! ワイドな落ち感のあるブラウスと白〜グレー配色で甘さを抑えめにまとめました。ブーツINの時は金具をフロントにするのがこだわり。

〝いつか買う〟なら1日でも早くが鉄則
一生物黒ブーツの
清水買いストーリーを聞きました

渡邊真衣さん 38歳・高槻市在住

ショート全盛の数年を経て
ロングのバランスが新鮮!

長いショートブーツ流行に飽きぎみだったこともあり、どうせいつか買うなら今買いたい!と購入を決意。久々の足元のバランスが新鮮で、履くと背筋が伸びる一足です。

白ブラウス代わりにメンズの
デニムシャツでラフに着こなしたい

たくさん歩くお出かけの日も活躍!

長谷川友里さん from TOKYO

今年は少しラフに着てみたくてデニムシャツを投入。夫から借りたエルメスのVカラーのデニムシャツは、インしてキレイめに着るのがお気に入りです。息子が小学校に入り屈む機会が減ったので、秋口からジャンピングスタメン!

〝いつか買う〟なら1日でも早くが鉄則
一生物黒ブーツの
清水買いストーリーを聞きました

長谷川友里さん 40歳・宇都宮市在住

一足目のショートに感動し
辿り着いた永遠の定番ロング

きっかけはショート丈のジャンピング。あまりの履きやすさに感動し、ロングブーツ復活の兆しもあったので、次は絶対にロングも!と翌年立て続けに購入しました。

淡めのワントーン重ね着スタイルに
黒の足元が効果的!

完璧な美しいストレートの筒

平井由利子さん from OSAKA

去年まで秋冬はモノトーンスタイルがほとんどでしたが、ジャンピングを取り入れたことでベージュや白の淡トーンでもカッコよく、モードになれるんだなと発見。10年後はパンツでブーツINの着こなしになると思うので、30代の今のうちにショートパンツ合わせを楽しみたいです。

〝いつか買う〟なら1日でも早くが鉄則
一生物黒ブーツの
清水買いストーリーを聞きました

平井由利子さん 34歳・大阪市在住

筒の長さも吟味した
一足はオシャレの原動力

身長が169㎝なので、筒が5㎝長い海外モデルと迷いながら3年ほど悩み、去年価格改定のタイミングで思い切ってお迎え。オシャレしたい!という意識を上げてくれる宝物に。

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉、木村 敦、中田陽子〈MAETTICO〉、久保嘉範 取材・文/北山えいみ、田中幸恵 編集/引田沙羅
*VERY2022年10月号「この秋「黒のジャンピング」をいちばんオシャレに履く方法」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*掲載のエルメス商品は私物につき、店舗へのお問い合わせはお控えください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

December 2022

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)